スウィート・ヘルの作品情報・感想・評価

スウィート・ヘル2017年製作の映画)

Sweet Virginia

上映日:2018年01月16日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

アラスカの小さな町。浮気をしている夫の殺害を、殺し屋エルウッドに依頼したリラ。だがエルウッドは他に2人の男を巻き添えに殺してしまい、静かな町に不穏な動揺が広がってゆく。そんなことを、愛人のサムとの関係に夢中な未亡人のバーナデットは、全然気にしていない。モーテル“スウィート・バージニア”の経営者サムは、ロデオの元チャンピオンだ。殺し屋にモーテルの一室を貸していることには、気づいていない。一方、エル…

アラスカの小さな町。浮気をしている夫の殺害を、殺し屋エルウッドに依頼したリラ。だがエルウッドは他に2人の男を巻き添えに殺してしまい、静かな町に不穏な動揺が広がってゆく。そんなことを、愛人のサムとの関係に夢中な未亡人のバーナデットは、全然気にしていない。モーテル“スウィート・バージニア”の経営者サムは、ロデオの元チャンピオンだ。殺し屋にモーテルの一室を貸していることには、気づいていない。一方、エルウッドはリラが金を払うまでモーテルから出て行く気はない。だがリラは、死んだ夫は遺した金よりも借金の方が多いことを知り、途方に暮れていた。狂った歯車。やがて事態は、血塗られたバイオレンスへと加速してゆく。

「スウィート・ヘル」に投稿された感想・評価

Mami

Mamiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

完全にジョン・バーンサル目当てで観た。命を吹き込むという言い回しがあるが、この人の場合同時に憎めなさも吹き込んでいるのだと思う。この人が演じる役はいつもリアルで、よっぽど悪いやつでない限りなんだか好きになってしまう。そしていつもながら素晴らしいそのジョン・バーンサルの相手役、クリストファー・アボットがまたすごい。全然知らない人だったがすごい。言い表しようのない底知れなさ不気味さをたたえた男を恐ろしく演じている。
正直言って最後の対決に至るまでのテンションの高め方は素晴らしいと思ったものの、どうもエンディングがよくわからなかった。あの人があの人を撃つのはわかる。だがその後彼が晴れ晴れとしているのがわからない。その後挿入されるロデオシーンが転倒から助け起こされるところなのは殺人によってどん底に落ちた後で救済されたということを象徴しているのかもしれないが救済は描かれていないからだ。あるいはこれは男らしさについての映画なのかもしれない。部屋にバーベルが置いてあることからもあの体格からもサムが身体を鍛え続けていることは明らかである。だが彼は特に体格がいいわけでもないモーテルの迷惑な客にも負けてしまう。ロデオ時代に得た障害のせいだ。そして男らしさを奪われたように感じる。それを取り戻すための行いが殺人であり、だから最後のシーンの彼が幸せそうなのだと解釈した方がしっくりくる。だとしたらずいぶんダークな映画だ。
ai

aiの感想・評価

3.0
静かな山間の街に垂れ込める雲。表向きは平穏な生活に潜む不安と恐怖。それと戦うために他人を傷付けることを選んだ人、慰めを求める人…。しんみりとした、大人の映画だった。
アラスカの田舎町で起こる事件と、それにまつわる人々の顛末を描くお話。
常時不穏なテンションで話が進み、激しいアクションはないものの、観客は常々、イヤーな気分にさせられる。

目を引くのは殺し屋のキャラ。人殺しを生業にしているのに、どこか抜けていてイカれているところがグッド。

また、ある意味では、主人公が過去を取り戻す話でもある。もっとも、それは見てからのお楽しみだが。
観に行って損をするタイプの映画ではないので、時間が合えば是非。