ファーゴの作品情報・感想・評価

「ファーゴ」に投稿された感想・評価

ブシェミが好きなのでなんとか観れた
独特のテンポ 俺には合わなかった
映画のポスターはめっちゃ好き
Veda

Vedaの感想・評価

3.8
物足りないくらいがちょうどよい。楽していいこと決してない。

白と赤の対比がとてもきれいだった。テンポもよくて、恐ろしいほど飽きずに観れた。
Futa

Futaの感想・評価

2.5
計画ボロボロじゃねえか
まぁでも実際こんなもんなのかもしらんね。

実話テロップまで演出っていうの面白いね。
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.5
最初に実際にあった事件といいつつフィクション。タチの悪い嘘かも知れないがそれをやってしまう奇抜さが好き。単純な事件になるはずがどんどん歯車が狂っていく。
8

8の感想・評価

3.7
ドラマ版「FARGO」、「スリービルボード」、「オザークへようこそ」などを経てこの作品にたどり着きました。

まずはじめに「THIS IS A TRUE STORY」という罠。そんなのアリなのか...笑
しかしこの演出が作品全体に独特の空気感を与えているような気がします。

フランシスマクドーマンドの表情豊かで貫禄のある演技が観ていておもしろいです。マージ署長の家庭の中と、外の世界の差が天国と地獄のよう。

血が出る映画はそんなに苦手じゃないつもりでしたが、後半のあのシーンはさすがにきつかったです...ストーリーがよく出来ていておもしろい映画ですが、スプラッター苦手な方は注意してください。
ぶるー

ぶるーの感想・評価

3.6
日常に起きる殺人ってこんな感じなのかなぁって思わさせられた。実話ベースであるわけだし。
意味は違うけど、賽は投げられたって感じなんだろうか。もはや誰にも物語を止めれない。
なんとも淡々とポケーッとした音楽の中、特に美人もイケメンもいない(変な顔はいる)今となってはそこまで特異でもないストーリーなんだけれど、なんとなく先行きが気になって目が離せない。役者さんがとても上手だからかな〜。

実はいわゆるふつうの生活や幸せを淡々と描くための映画なのかもしれない。
すんごい朝早いけど朝食を旦那が作ってくれたりとか、昼食を旦那と食べたり。ドライブスルーでハンバーガーを食べたり。寒い中同僚があったかい飲み物を用意してくれたり。昔の友人とひょんなことから久しぶりに会ったり。(これもまた幸せを見出すキッカケになるけれど)妊娠していたり。旦那とただ寝たり。テレビを見たり。
そこをずれてしまっているから犯人のテレビは映らないのかな?
日常の何気ない幸せを噛みしめる機会をあたえてくれている気がする。
MR8

MR8の感想・評価

3.3
セックに状況をなぞりながら縮み緩みを繰り返す緊張が高揚感を小突き、さりげないレイアウトもばっちり効いていて関心しきりのまま訪れるラストショットにもまた唸らされた。軽妙で巧みだがあくまで淡々とした筋書きにお客を引き込み魅せる手腕に完敗。
ヒロ

ヒロの感想・評価

5.0
誰も意図せず物語は悪いほうへ悪いほうへと転がっていく
犯罪上こういうことはきっと多いはず

キャラクターの描き分けと配置が絶妙
誰も得しない悲劇!
ピーター・ストーメアの役どころは
後のノーカントリーを十分予感させる


監督:ジョエル・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
主演:フランシス・マクドーマンド
気になった出演者:ウィリアム・H・メイシー

日本公開 2010年12月18日

このレビューはネタバレを含みます

マクドーマンド特集なのかやり始めたら引き際分からなくなったよ特集なのか早稲田松竹でスリービルボードと同時公開してて気になったため鑑賞。
ただおもったほどはまらなかったな…。
傑作なのかと思いきや登場人物が皆馬鹿だしでもマクドーマンドもそんっなに優れてる感じじゃないし…。(周りがバカすぎるからそう思うんか?)

人ってなんて滑稽なのか…って感じはわかるけど一々バカすぎてちょっと引いてしまう…。
ただこれが実話だっていうから怖いな!!!!!!って思ったら実話なの嘘なの笑ったwww
なんかあの車屋の人もなんでそんなにお金に困ってるのか共感できる内容ならもっと感情移入できたのではないかなあ…。
変な顔って言われまくったりマクドーマンド食べ過ぎだったり変な男に言い寄られたりするのは面白かったけど。
ながお

ながおの感想・評価

3.0
真っ白な雪の上に、ぽつんと車があり、血が染み込んでいるのが印象的だった(表紙説)
>|