シンプル・プランの作品情報・感想・評価

「シンプル・プラン」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
雪の降る田舎町で墜落機を発見。墜落機の中には死体と大金が…

日常がどんどん狂っていき…

金が絡むと怖いね…

シンプルプラン…全然シンプルじゃない…

これも、
『デュー・デート』のように

パートナーが
“オツムの足りない”やつだった場合、

どれほど、
足を引っ張られ、道連れにされるか、
って
話だな。

少なくとも前半は。

こっちは
コメディじゃなくて、
シリアスだけども。



こんな言い方、
とても批判的だけど、

人は結局は
“自分と同じレベルの者同士集まる”もの。

居場所をまちがえると
理解してもらえず、
理解できず、
一緒に何かを成すなんて
絵に描いた餅のよう。


………
って
そんな話じゃ無いね、これ。


一番の足手まといだと思ってた兄貴が、
1番まともだったという結論に。

ルーの録音を取る時の
主人公さえ騙す演技には
知性すら感じたし、

土壇場では
誠実に弟側に立ち、
ルーから命を守るとは。

そして、
罪悪感をキチンと感じる心があった。


正直、ルー夫婦があんな風になって、
自分はホッとしたりしてました。
(だって足手まといなんだもん)




ラストに関しては
不満が残る。
この終わり方は、
なんとなく、盛り上がらなかった。


通し番号をメモされたお金を使う確率は
10分の1だ。

たしかに
ビクビクしながら使うのは嫌だけども、
何かしら
マネーロンダリング方法はあったのでは。


「嫁の報告が嘘で
本当はちゃんとFBIの人間で、
でも、
嫁の嘘を信じた主人公が
持参した銃で撃ってしまった。」
ってゆーラストでもいいなぁ🙄


とにかく、
ラストの回顧にしても
主人公や嫁はあまり人を殺したことに関しては
罪悪感を持ってなく、
失ったお金に対する想いだけのような気がする。

彼は欲のために人を殺したんだし、
「お金は使えなかった」だけじゃ
破滅度が低いので、
もっと
ショッキングな何かを用意して欲しかった。


「お金を燃やす主人公を
妻が後ろから殺して、
お金持って逃げる」
でもいいなぁ🙄
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.5
幸せってなんなのだろうか。お金なのかつつましいながらも平凡な生活を送れる暮らしなのか?とにかく振って湧いたお金が人々を狂わしてしまう映画。
ある田舎町で墜落機を発見した主人公達(3人)
その機体の中にはなんと大金が!!
お金を分けよう…と企む3人(´^∀^`)ウヒヒ…

そんな悪巧みを考えてしまったために、沢山の人が死にます。。

お金に目がくらむってこういう事ですね。怖い。
non

nonの感想・評価

3.8
雪山に墜落した飛行機の中に大金があった
お金を拾っても揉めまくる
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
平凡で幸せな生活をしていた男たちと家族が、ひょんなことで手に入れた金で人生を狂わせていく様子を静かに丁寧に描いた作品。そして結局、失うばかりで何も得ずに終わる。。地味な話ではあるのに、脚本がしっかりしてて観てて飽きない。ビリーボブソーントンの兄貴が実は1番常識人で、最後は辛かった。。ブリジットフォンダ演じる奥さん、相変わらず綺麗やねんけど、考えることが1番えげつなかった。

このレビューはネタバレを含みます

軽い気持ちで身始めたら割と重めの映画だった〜〜!

冒頭の、"愛する妻と子供さえいれば幸せ"という父の言葉(うろ覚え)が、まるまる本編を通して覆らされてる。

兄…😭

FBIがニセモノだと推理した嫁頭切れる…名探偵…

終盤、紙幣番号を追跡すれば残りを使った犯人が分かる、という事で、お金を全て燃やす主人公。無情にも暖炉で灰になっていく紙幣。ああ…こんなものの為に…と苦い気持ちに。燃やせるんなら最初から燃やしてればまだ引き返せたのに〜と思ったり(それじゃお話変わっちゃうな〜)。(でも思い返せばみんな乗り気になってたな)

誠実で優しいけど、実はとても強欲な一面を持っていた主人公(嫁も)。大金が舞い降りてきた特殊な状況で、自分の心の中の悪魔に負けてしまった。

完全犯罪を成功させたのに、決して幸せにはなれないグレーエンド…

「見つけなければ良かった」

悪いことしたら逃げられても幸せにはなれないんだぞ☆って教訓がズシリと。

録画だったんですけど、EDの後のタイトルバックでわちゃわちゃしてる最初の頃の三人が写って、ウッ…守られなかった…この笑顔…と切なくなった。
四beats

四beatsの感想・評価

5.0
すごく複雑に構成されている、それだけに理解に苦しむだろう!以上
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.7.26 BS

赤と白の主題的イメージは全てを燃やす炎によって昇華され、ファーストカットのカラスの視線はラストカットの空き家の闇へと収束する。真っ赤な装飾しか付いてない正月のクリスマスツリーも、返り討ちにあってショットガンで吹っ飛んでいく人体も、不吉で野蛮で超最高です!
maya

mayaの感想・評価

4.0
雪景色の白にトラック、血、炎など赤が入ってくる。シンプル。額の傷は終幕近くでもう一度。
>|