もんちゃんの作品情報・感想・評価

『もんちゃん』に投稿された感想・評価

ママを無くした幼い兄妹がパパと引っ越しの準備・・・


なんでこんな暗い映画を見てしまったんだろう...😓
持ち前のガッツと明るさで乗り越えて欲しいのに、最後が一番悲しげ。

バニラアイスにお好み焼きソース、美味いんかい...😓😓

2022.8.31
ポチ

ポチの感想・評価

3.4
母が居ないことで、父も必死だし家庭がバタバタしてるのもよくわかる( ・᷄ὢ・᷅ )
上手くいかない事が辛くて叫びたくなる気持ち……わかります✩.*˚

でも、大人が大変なのだから子供だって感じている事はある。。。

ラストのもんちゃんの叫びは、胸が苦しくなりました(´Д`)💦
そんな息子を強く抱きしめる父も良かったぁ……

短いけれど、しっかり感情が伝わる作品でした✨
hikumahika

hikumahikaの感想・評価

3.0


しまった。この作品は素直に亡き母を想う父子の心情を感じながら観ればよかったのか。

うっかりミステリー要素がありそうな気になって、実はもんちゃんはお母さんなのではないかと疑りながら観てしまった。

ごめんなさい。
でもしみじみとしたいい作品でしたよ。
カッパ

カッパの感想・評価

4.0
30分じゃないみたい ママーーっていう叫びが辛い
始まりと終わりのもんちゃんの表情が印象的
しょう

しょうの感想・評価

3.5
日本人が感じる懐かしさや現実味が詰まっていた

そしてそれを子供を中心として描く事で自分自身の忘れかけていた幼心を呼び戻してくれたような気がする

もし自分が子どもだったらこの時どう感じてどう行動するのだろうかと見ながらつい考えてしまう作品でもあった

母のいない世界、突然母を失った気持ち、体験はした事ないけど何故が喪失感が強く感じられ、モヤモヤと悲しさが押し寄せて来る。

そんな息子を育てる父の気持ちというのはどうだろう

妻がやってきたことを全て自分がやることとなり、妻が亡くなってこそ気づく妻の偉大さには心が痛む

そんな父と息子がどう接していかなければいけないのか

短編ながら日本人の心を掴む秀作だった
魚子

魚子の感想・評価

-
日本人ならだれもが共感するノスタルジーを、この短時間に詰め込められたことに感動した。もんちゃんがまま!まま!って叫ぶところ切なすぎて見てらんない。パパ役の眞島さんさいっっこう
yuki

yukiの感想・評価

3.7
引っ越しを控えたもんちゃんと、妹と、父の3人家族。そして母親の不在。死というものを理解しているかしていないのか、化粧台の前でママに語り掛けては引き出しの中の匂いを嗅ぐ。チューブからひねり出すように、母への想いを似顔絵に表現する。眞島秀和が育児に翻弄され、忙殺されることによって哀しみを抑え込んでいる父親を好演していた。
松竹試写室にて

文化庁の若手映画作家育成プロジェクト・ndjc2017により制作された30 分の短篇映画。

亡くなったママの遺品を段ボール一つにまとめるようにパパ正人(眞島秀和)に言われるもんちゃん(大和田賢)。

子どもの純粋な感情って大人の感情を揺さぶる。とても純粋で真っ直ぐなその思いに胸がギュッとなる。とても切ないけどとても暖かい気持ちになった不思議な作品。泣きました。ホントいい作品でした。

会員登録すれば無料で観られます
↓↓↓
https://ashitanoshow.tv/movie/2020-02-04/
hana

hanaの感想・評価

4.8
短編なのに中身がぎゅっと詰まった素敵な映画でした。それぞれの感情の揺れ動く様が秀逸。見終わった後に切ない感じと爽快感のあるなんとも不思議な感情が芽生えました。一見の価値あり!
やりたいことだった

最初の夕日の照明すごくいい

子供の目線が上手い
>|

あなたにおすすめの記事