母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。の作品情報・感想・評価・動画配信

「母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

3.8
母親の子供への愛情というものが本当に無償で、尊いものと感じずにはいられない。母親に寄り添ってあげた主人公の気持ちもとても伝わってくる。
自分は、同じ状況になった時に、この主人公と同じ様に母親から受けた愛を返せるだろうか? と感じた。
見終わった後の素朴な清涼感はこのストーリーだけではなく、映画としての演出もとても良かったからと思います。
みあ

みあの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最初のお葬式のシーンからもう泣きそうになった。本当にいい映画。泣ける。脱ぐのも安田顕らしくて良い。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.8
漫画家の宮川サトシさんの実話です。
死がいつか誰にでも訪れる事だけに感情移入しちゃいます。
最初から最後まで泣きっぱなしでした。
はっち

はっちの感想・評価

3.2
身内を亡くした事がまだないからこういう事なんだろうなと考えさせられた。
ここまで自分の為に尽くしてくれてお母さんは幸せだっただろうな。兄もお父さんもみんながお母さんを愛していた。
お母さんがいなくなって無気力になってしまったお父さん、何も出来なかった事を悔やむ兄。甘えん坊の次男目線だけどそれぞれの立場での想いは違うんだろうな。
それにしても次男が病気になった時に未来の事を考えて行動していたお母さん…母ってすごいな…。
azkyon

azkyonの感想・評価

3.0
安田顕だから見た。
彼はどうしても一回は脱ぎたいらしい(^.^)

キャストは芸達者揃いだけど、今ひとつ入り込めなかったなぁ。
何故かなぁ。

カレーは自分の家の彼が一番美味いには賛成!
mashako

mashakoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

倍賞美津子さん。回顧パートのおそらく30代の母親役、おそれいりました。後ろ姿お若い!私は安田顕を変態フィルターで観てしまうので、いろんなシーンで、やるなよ・・・やるなよ・・・とドキドキしながら観てました。今回は、ほぼ彼の変態部分が発動されていなかったので安心しました。終盤の海辺のシーン。お母さんが空の上から見守る画で、涙がほろりと。
精子凍結保存されていて良かったですね。
チィ

チィの感想・評価

3.2
母と過ごしていく思い出の1つ1つが愛で溢れ、甘えん坊で末っ子の僕の優しさと愛に包み込まれている。私はどうしてもそんなタイプじゃなくて、兄の本音を垣間見た瞬間に、押し殺して受け入れるフリをする彼の視点からみた物語をみたいと思った。
ふー

ふーの感想・評価

4.5
仄々とした雰囲気の中にもしっかりと重たいテーマがあり、とても泣けました。死について考えさせられる作品です。
あや

あやの感想・評価

3.5
私は死ぬ時、ピンピンコロリがいいかなって思ってたけど

宣告を受け、家族と充分な時間を過ごして、死の準備をして逝けるのは、幸せなことなのかもしれない。

やはり死ぬシーンは、泣けた。

お兄ちゃんが意外によい
前を見なくてもいい、向きを変えろ!

カレーの話で笑い転げてから、痙攣しちゃう倍賞美津子の演技力、すごい。

合成はいらなかったな
ザン

ザンの感想・評価

3.8
少年時代のエピソードに母親の頼もしさを感じるが、発病してからの息子の関わり方は多少気味悪いところもある。男とは誰しもがある程度はマザコンなのだろうがな。
>|