チチを撮りにの作品情報・感想・評価

「チチを撮りに」に投稿された感想・評価

重くなくサラッと観れる父との別れ。
監督 そういう話 好きなのかなぁ?
ここた

ここたの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

素朴な
ジーンとくるあたたかい映画

「チチ触るな」
「あ、マグロ」

印象的な言葉を
ものすごく大切に使う監督さんだと思った。
「湯を沸かすほどの熱い愛」を見て
追ってきました。
りつん

りつんの感想・評価

2.5
日本映画の良さがでてる。
どこで写真撮るのかなーって思ってたけど、ちゃんと撮れてた。
最後のマグロにびっくり(笑)
コウタ

コウタの感想・評価

3.5
後に「湯を沸かすほどの熱い愛」を撮る中野監督の作品。
低予算だと思えるが、ストーリーがしっかりとしていて、長閑な田舎風景の中で、心情を強く表現した作品。
良い監督であれば予算などは関係なく、ステキな作品を撮れる。そう感じた。
内容が重い。けれど場面の切り替わりが良く、そこまで負担にならずに観入れる。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.0
テーマは重めだけど、終始カラッと仕上がっている。74分という時間や大胆なオチからして実験的な一本なのかな?
中野量太監督の描く〝おかあちゃん〟は本当に魅力的!
tk

tkの感想・評価

3.8
卒業論文執筆のために観賞、
姉妹のぎこちなさというか慣れてないんだろうなという部分を除けばとっても良き!◎
登場人物全員に感情移入できます
よく出来てる。
どこかで見た風景な雰囲気が良い。
案の定お隣の町だった。
「湯を沸かすほどの熱い愛」が素晴らしく良かったので、中野量太監督作品を探してたどり着く。
特にどんでん返しがある訳でもなく、ストーリーは淡々と進むけど、なんかいい。
pappo

pappoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最初は姉妹役のぎこちない演技に、あれ、ハズレたかな? と思ったんだけど、そんなことはなくて、とてもステキな作品だった。
姉よりも妹のほうが実は人の気持ちをよく分かっていて、優しいってのはホントにそう思う。
妹が初めて姉に反抗するシーンが泣けて泣けてホントにいいシーンだった。妹の言葉を聞いて姉が初めて母親の深い思いに気づいてハッとするところがリアルで、ホントにそうだよねーって思った。
お母さんも優しくて、強くて、伏線も綺麗に回収されてというより、そういう回収するための伏線というより、キャラクターや人間関係に根ざした伏線になっていて、優しい映画だったなー。家族愛を感じた作品だった。
azkyon

azkyonの感想・評価

3.8
両親の離婚によって離れ離れになった父親のお見舞いのはずがお葬式になってしまった姉妹。
そこには腹違いの弟がいたり、人のいい叔父がいたり、遺産放棄を望む義叔母がいたりと、悲しみよりも複雑な大人の世界を垣間見てしまうのだ。

そんな環境の中に置かれている腹違いの弟に優しさを見せた姉妹は、お母ちゃんにいい子に育てられたわ。
火葬場で最後の万引きをしちゃうけどね^ - ^
>|