チチを撮りにの作品情報・感想・評価・動画配信

「チチを撮りに」に投稿された感想・評価

まつこ

まつこの感想・評価

4.0
大好き。何回も観たくなって、姉妹や別れた父の腹違いの男の子の儚さとと母の強さと最後に笑い泣きしてしまう。わたし的名作。
BIGPINK

BIGPINKの感想・評価

1.5
女を作って出て行った父が もうすぐ死ぬから写真を撮って来てくれと 二人の娘を行かせた それ見てザマーミロと言いたいと…最後の方は 諸々泣けた で 最後が 鮪 かよ
TEN

TENの感想・評価

3.8
葉月(20歳)と呼春(17歳)の姉妹と母の3人暮らし
幼い頃に父親は女をつくり出ていった
葉月と呼春は、母親にもうすぐ父親が死ぬから会いに行って、写真を撮ってきてと言われる
カメラとお見舞いの果物かごを持たされて田舎までお見舞いに行くはずが・・・行っている途中に亡くなったと知らせを受け、お葬式に行くことになった
あまり記憶にない父親、行ってみると小学生の異母弟がいた

姉妹と弟の関係にほっこり☺️
姉妹の母親にしっかり育ててもらったという誇り
母親にとっては自慢の娘たち
しっかり、親子愛が感じられた

火葬場での写真や万引きするものがなかなか良かった
タバコやマグロも伏線をはってありいい感じに繋がっていた
地味にストーリーが進みながらも、ところどころ笑えるシーンあり、感動シーンありで中野監督作品がまた観たくなってきた
なんだかとてもいい感じ

美女がでてこない
ヒロインらしいヒロインもいない

でも、いい女
カズキ

カズキの感想・評価

3.5
久々に涙が頬を伝った。
似た境遇と羨ましいと思う家族の関係
くぅ…

中野量太さんの作品が好きなんだと思う。
中野監督の初期作であり、女性、もしくは子供から見た父親の作品が非常に多い印象。

描写一つ一つを丁寧に回収していき、総じて、親の事を『お父ちゃん』『お母ちゃん』呼びは徹底している。

最後のマグロまで!!とはなったが、それもまたあり、あの家族が家族になった瞬間であった。
hyk0722

hyk0722の感想・評価

3.0
マグロ

チチ?乳?父??
冒頭で一瞬わからなくなる

日常の切り取り
特別、特異な非現実的な状況は何もない

滝藤さんの演技がずば抜けちゃってる

締めのワンシーンは
あれじゃないといかんかった??
ゆず

ゆずの感想・評価

3.7
短くて何かが起きるわけでもないが好きな作品。
ゆっくりと家族について考えさせられる。
同監督の「湯を沸かすほどの熱い愛」や是枝監督の「海街diary」を思い出した。

すっかり忘れていたが、私自身千尋くんと似た立場であるので、少しずつ考えなければいけないなと感じた。
んきょ

んきょの感想・評価

4.1
わたしもお母さんが「あなたたち娘がいてくれて本当によかった」って言ってくれたこと

仲悪い時期も長かったどいつもお姉ちゃんが頼もしくて優しかったこと

思い出した

名刺のシーン泣けたしすごく良かった
まこと

まことの感想・評価

3.5
捨てられた立場でも血のつながりだけが導く見えないなにかがある

中野量太監督が今までもそしてこれからもずっと我々観客に伝え続けていきたいこと

それはたとえショートフィルムでも十分に伝わります
>|