ザ・ビートルズの世界革命の作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズの世界革命2017年製作の映画)

How the Beatles Changed the World

製作国:

上映時間:109分

3.6

「ザ・ビートルズの世界革命」に投稿された感想・評価

ささみ

ささみの感想・評価

3.8
私が生まれた頃には解散していたビートルズ。
そのビートルズの歌が今でも愛される理由は、やはり彼らが音楽に向けた愛がとても大きかったからだと思う。

コンサート映像は衝撃だった…日本でもそんな感じかってちょっとショックだった
Eimi

Eimiの感想・評価

3.5
世界観といい、歴史と言い、魅力的なものばかりのビートルズ。
どうやってできたのか、どんな気持ちだったのか、すごく多角的に捉えているドキュメンタリー作品!
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.7
話題のWHOのオッサンの発言で
唯一信用できると太鼓判押せんのは
“元の世界に戻る事はない“ってコト
今や世界は完全に変わってしまった
ロックやインターネット 震災
リーマン危機など比較にもならない
大戦後 最大の変化が訪れている
必要とされてきた応対や能力は
一切の価値を失い 全く新しい価値観が求められ
待ち望んだ五輪さえ 世界中の人々が集う事は
もはや到底 現実的ではなくなった
世界は これまでのように”密接“にはならないだろう
国と国 人と人とが 適切な距離を保ちながら
安全と警戒の境界線を 経済活動より優先する気がしてならない

そんな未来と直面し 自分達がこれからどう変わるべきか
その答えもまた 偉大なバンドの影に求めたい

勇敢 傲慢 実力 そんな逸話以上に
ビートルズの最大の強みとなったのは
実のところ その問題解決能力の高さにあると思う
彼らの行動や思想に 批判的なものに対し
冷静に自分達の論理と能力を証明するコト
同時にレコーディングや契約の遵守や 地道な努力を積み重ね
失敗に対し 謝罪も早く 自己の変革にも優れていて
安易なやり方に固執せず 常に改善してゆく勤勉さ
インタビュアーの意図や 世界情勢への理解
変わってゆく 社会へのいち早い対応は
過去の焼き増しではなく オリジナリティそのもの
そして60年代という夢の終わりにキッパリと
その偉大な足跡に幕を下ろす潔さもまた
青春の終わりに ”もう若くはないさ“と
長髪を切り落とす そんな成長と門出を思わせた

以前の常識が通用しない世界を生きるのに
いかに過去の自分や慣習を捨ててゆくか
それは 何もコロナの有無だけでなく
人が前に進む為 繰り返し続ける禅問答なのかもしれないな
変われぬ者は 永遠に同じ場所に留まり続けるしかないのだろう
ビートルズ関するドキュメンタリー作品は数多く観てきたが、どれもこれも、どのようにして彼らが20世紀を代表する音楽グループになったかというサクセスストーリーが大半で、このように彼らを素材して、同時代の社会の動きをトレースした作品は少なかった。邦題はいささか大袈裟だが、原題は「How the Beatles Changed the World (ビートルズは如何にして世界を変えたか)」で、このタイトルにも現れているように、主に社会的側面からビートルズにアプローチしたドキュメンタリーとなっている。そのためか、彼らの楽曲は、あまり流れないので、そのあたりの不満を嘆きレビューアーもいるが、これはそもそもそういう意図でつくられたものではないのだ。

それだけに、事実に対する取材はかなりされており、このドキュメンタリー作品で知ったエピソードも多い。例えば、ジョン・レノンがオノ・ヨーコと知り合ったきっかけだが、2人はロンドンの「インディカ・ギャラリー」で初めて出会ったのだが、作品の中では、そもそもこのギャラリーに最初に足を運んでいたのはポール・マッカートニーであり、彼に誘われてジョン・レノンも行くようになったというのだ。つまり間接的にジョンとヨーコの出会いのきっかけをポールがつくっていたことになる。その他にも、ジョンとポールの関係にも深く踏み込んだ部分もあり、マニアとしてはなかなか興味深い内容となっている。他のビートルズ関係のドキュメンタリーとはひと味違う、硬派な作品だ。
ser

serの感想・評価

3.5
時代背景を絡めてビートルズの歴史を追っていく形なので勉強になる
説明がメインで曲はあまり流れない💂🏻‍♂️

All You Need Is Loveの衛星放送の逸話は何度聞いても感動。愛こそ全てだ。
なぜビートルズが支持されたのかがわかる映像。

60年代の時代背景やカルチャーと照らし合わせていてとてもいい🇬🇧
nnk

nnkの感想・評価

4.0
19-I-2020
The Beatles covered it all
tomoka

tomokaの感想・評価

-
ビートルズの偉業の数々とその時代背景についてのドキュメンタリー
もっと長くても観るから、他のバンドやミュージシャンも絡めて60年代を解説する映画誰かつくってください!
Masaya

Masayaの感想・評価

3.7
ビートルズとポップカルチャー、カウンターカルチャーとの繋がり、そして当時の政治、社会状況との関わりを彼らのアルバムと共に大まかな流れで知ることのできる作品。
K

Kの感想・評価

3.0
ビートルズと60年代の勉強映画(曲全然聴けない) ビートルズがいない世界は今と全く違う世界!

似ている作品