劇場版ひらがな男子-序-の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版ひらがな男子-序-」に投稿された感想・評価

nam

namの感想・評価

2.5
「番組発!バカリズム脚本の応援上映アニメ」

当時日本テレビ系の深夜にやっていた「アイキャラ」という番組(後に結婚するバカリズムさん夢眠ねむさん共演)の企画から生まれた「ひらがな男子」というひらがな50音の擬人化キャラによるアニメ企画の映画化作品。

バカリズムさんのファンなので脚本作品という事で気にはなってましたが応援上映(共演上映)というスタイルの敷居も高くスルーしてましたがようやくの鑑賞。

キンプリなど流行っていた応援上映のスタイルをやってみた!という感じの深夜番組の企画ですなクオリティで、MMDという3Dモデルのキャラクターを動かす映像で背景などはかなり簡素、尺も60分弱とコンパクトでほぼ実験的な作品でした。

いわゆる応援上映の一方的に応援でなく、本作では共演上映と銘打っているので、劇中のキャラ達がまるでデッドプールのようにこっちを第4の壁を越えて話しかけてくる。

観客は「しむらうしろー」的な感覚で声をかけれるのですが劇場で、かつ声を出して盛り上がれる状況じゃないとちゃんと楽しめないというハードルの高さはあると思います。
当時の感想観てもパラパラとした客入りで、番組発の企画だから、そこまで簡単にファンは獲得できなかったんだなという手厳しさは感じますね。

とはいえ展開のネタバレしてみせたり、上映時間短いから早くして的ないじりなどメタ的な笑いや、そもそもひらがなを擬人化するのもバカリズムさんの単独などでのネタの1つでもあるので楽しめるエッセンスはありつつも、要素としては弱めなので全体的には中途半端に。

あくまで番組の企画の延長で応援上映アニメ作ってみましたな作品です。

ただ梶裕貴さん、藤原啓治さん、緒方恵美さん、下野紘さんなど声優陣やキャラデザはなかなかよいので広がらないのがもったいなかったこんてんつではありました。地上波の力をもってもここまでなので、コンテンツや流行りを作るのは簡単ではないと痛感します。
kakuko

kakukoの感想・評価

3.0
家で1人で観る作品じゃない、みんなと応援しながら見る作品だった。
登場人物にゆかりのある頭文字を言っていくところとか、キャラの掛け合いにバカリズム様のコントの雰囲気を感じて良い。
「ひ」は本当に男子なのか、歪んでしまいそうになる程美人なんですけど。
「※おうえんしたい ひらがなを さけんで」はウケた。
「ぬ」で世界を覆い尽くすみたいなこと言うの天の介以外で初めて観た。
衛星

衛星の感想・評価

3.8
意外に面白かったけどバトル~エンディングが雑に感じた(雑なのをギャグにしようとしてるけどう~ん)。
MMDみたいだなと思ったら本当にMMDだった。モーションキャプチャー?でわりと繊細な動きが表現されており、舞台的な視点でミュージカルをやるのが楽しい。テンポも良い。終盤のMMDっぽさは安っぽく見えて残念。
ひらがな以外の文字はないのかとか設定的な粗は面白いのでまったく気にならない。
「ち」と「ひ」が好きです。
アイキャラという深夜のテレビ番組から生まれたイケメンキャラをアニメ映画化した作品。


アイキャラのメインパーソナリティのバカリズムががっつり脚本に入ってますね。


もともとキャラの魅力を広めるための広報映画なのでクオリティはお察しだが、目指せとうらぶと言わんばかりに発生上映とか歌とか今風の工夫がされてて良いですね。
S

Sの感想・評価

2.7
EDで思わず爆笑しちゃった…あんなくだらないネタなのにこんなに笑うからバカリズムはずるい…バカリズム脚本だし舞台版が少し前にちょっと話題になってたから舞台版の予習を兼ねて映画版見たけど本当にくだらなすぎて最後…最後…

視聴者参加型というかこっちとあっちの掛け合いで永遠に続いていく共演上映っていう、キンプリとかで人気の応援上映とは似てるけどまた違った謎システム搭載されてた。
好きな駅が 東京の駅ばかり
「あ」なら青森か秋田か愛知に住め!

このレビューはネタバレを含みます

前半はわりとキッツ・・・と思いながら見てたけど、たっつん出てきたあたりから怒涛の笑いパートでツッコミどころ多すぎてケラケラ笑ってた!しんど!
てかもうほんと、たっつんお笑いキャラすぎんか、、、?
あとぬの扱い方・・・
てかえ!?エンディング!?まさかの!!!笑笑笑いや確かに言われてみれば元祖ひらがな男子かもだけれども笑
もう何を見てるのか分からない・・・という謎感情になり・・・
ば『うるせぇ~!』が、ぽやぽやキャラでいたのにギャップすぎて激萌えしたし、こ、ね、のお二人の声癒しすぎて幸せだったな・・・(数秒間の出来事)
kaya

kayaの感想・評価

3.6
アイキャラ発祥のひらがな男子。
ベボベのこいちゃん目当てで見始めた番組だったけど、どんどん企画が大きくなっていって、本当に映画になってしまって...それだけで感動。
イケメンキャラがメインのアニメ映画とか応援上演とか初めてがいっぱいだったけれど、バカリズム節が痛快で面白かった!
第二段もあればいいなと思ってる。
尽田

尽田の感想・評価

2.5
アイキャラ発のひらがな擬人化アニメ。
元の番組はキャラクターの外見すら決まってない時に1度見ただけ。
一つの映画作品として成立させるぞと言うよりは自分達が楽しいのを作りましたという感じ。
応援(共演?)ありきなのが少し面倒臭いなと思った。
お金の使い道を間違えている。
堀口悠紀子のキャラデザを3Dに落とし込めてたのは良かった。
yuyuyu

yuyuyuの感想・評価

4.0
映画公開最終日に見に行ったらガラガラで、応援上映だけど誰もひとことも応援せず終わった…けど!みんな各々楽しんでる感じは伝わった!
アプリをやってたから馴染みのあるキャラソンを聴けて嬉しかったし、アプリにはないストーリーも良かった!
ただ推しの「ば」の出番が少なくて…仕方ないけど。それでも下野さんは可愛かった…!「あ」と「う」もめちゃくちゃ可愛かった。
まさかすぎるラストにびっくり。挿入歌が何故かマンウィズなのもびっくり。
ツッコミどころは多いと思うけど、ファンとしてとても楽しかった!!
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品