サーホーの作品情報・感想・評価・動画配信

『サーホー』に投稿された感想・評価

mmmmm

mmmmmの感想・評価

-
そもそも顔が濃すぎて登場人物の認識が困難だったのと、ながら見してしまったが為にぶっ飛びすぎたストーリーについていけずテンションが保てなかった為一旦保留します。

半分くらい観たけどもう一度ブラックボックスのどんでん返しからやり直し。

高級車のCMのようなのがちょいちょい挟まれたり字幕がないとこあるのも気になる…。

今の気分じゃないんだな。
きうい

きういの感想・評価

3.2
二転三転どころが十回転くらいしとる。
プラバース君お着替えシーンが多いので大変良かった。
でもNetflixは英語ゼリフの字幕をサボらないでください。
masacco

masaccoの感想・評価

-
「バーフバリ」主演プラバースの長大なPV。「M.I.」「ワイルドスピード」「マッドマックス」「300」などてらいなく引用したド派手なアクションシーン、唐突に挟み込まれるダンスシーン、“実は〇〇でした〜”っていう展開が繰り返され、「サーホー(万歳)!」って思うしかない。
2022.1117
監督スジート
出演プラバース
  シュラッダー.カプール
  マンディラ.ベディ
  ニール.ニティン.ムケーシュ
  ジャッキー.シュロフ
  Chunky Pandey
架空犯罪都市ワージーの 経済と裏社会を 牛耳る ロイ.グループ首領 ナランタク.ロイは エネルギー事業を 展開する為 20年ぶりに ムンバイに帰郷するが そこで前首領プルドヴィラージの息子 デーヴラージに 暗殺され ロイ.グループの資産が 積まれた船も爆破される。
デーヴラージは 理事会を招集して 新首領の座を狙うが ロイの側近 イブラヒムは 抗争を避けて 秘密裏に育てられた ロイの隠し子 ヴィシュワクの存在を 公表する⁉️
犯罪都市ワージーに到着した ヴィシュワクは ロイ.グループの継承と 父親殺しの 犯人捜しを宣言し 同時にロイの遺産 2兆ルピーの鍵となる"ブラックボックス"の存在を 公表し 法律顧問のカルキを 保管場所であるムルバイに派遣するが.....


エンターテイメント大盛り インド映画‼️

今作は ダンスシーン、バトルアクションがやや控えめで その代わりストーリーで 二転三転の どんでん返しで 見応えがある🤗


多かったのが 高級車破壊、ビル破壊で お金の掛け方が 凄いわ‼️

分かりづらいのが 登場人物が多いし インド人の顔の区別が 難しい😭


詰め込み過ぎて お腹いっぱい作品❗️

Netflix

2022年 340本目❗️
芳ばしかった!イッツ・ショータイム

《黒箱》"It's showtime."
目に見えることが真実とは限らない、規模の大きな映画を見る醍醐味!肝心のアクションも予想の斜め上をいくスケールのデカさとバカさ=常識ムシで存分にバカやってる。作品の延長線上とかではなく、いきなりガッツリMV始まるの何事かと笑ってしまった。パワープレイにスピードもあるブラバースのスター性とインド映画らしい(?)頭のおかしさがスゴい。
Xavier

Xavierの感想・評価

3.8
今回のプラバースも切れきれです…
大都市ワージー。
ここでは幾つもの犯罪組織が街を支配している。ある日、それらの組織のトップに君臨するロイが交通事故に見せかけて殺される。組織のメンバーであり実力者の1人であるデウラージが後継者の座を狙うが、ロイの息子も新たなボスとして名乗りを上げる。それぞれの思惑が交差するなか、ムンバイでは3億ドル相当の大規模な窃盗事件が発生する。
IB潜入捜査官のアショークは相棒の女性警察官アムリター等と共に、事件を捜査する…
ザックリ言うとストーリーはこんな感じ
まぁ、相変わらずプラバースの無双ぶりが凄い。幾度ととなく訪れるピンチを物ともしないしね。
作品の前半は"ブラックボックス"と呼ばれる3億ドル以上な物の争奪戦が主な話
だけど、アクションも控えめだしストーリー展開もそんな面白さは感じないので
"これって面白くなるのかなぁ?"って思っていたら、"えっ…!"って展開が待っていました。
そして、そこからは"えっ!"の連続が…
予想だに出来ないストーリー展開とは聞いていたけど、ホントびっくりの連続。
伏線が解りづらいのが原因なんだけど、それを"力技で押しきりました"って感じ
それにしても、160分弱の作品を最後まで飽きさせずにみせるんだから、凄いよね。
プラバースが今度は大泥棒を追うエリート捜査官に!

バーフバリで一躍有名になったプラバースのアクション巨編!

プラバースがヤバすぎるどんでん返しの中心で相変わらずインド映画の超展開は160分ダレさせない

オーソドックスなインドミナスアクションだからそこまで記憶に残るかって言ったら微妙だけどジェットコースター映画だから見て損なし
大豆

大豆の感想・評価

3.0
サスペンスで登場人物の立場が二転三転するのが話のメインなんだけど、今何してるのかがだんだんわからなくなってくる
プラバースはセクシーでカッコいいからその分ストーリーの残念さが際立つ

バーフバリみたいな大袈裟なアクションなんだけど、この映画は現代が舞台のサスペンスだからアクションシーンだけ浮いてていまいち
歌とダンスのシーンも唐突に挿入されるから、このイメージビデオみたいなの何…?となる

あと英語のセリフにも字幕つけてくれNetflix
題:今日、ヤバい映画に会った
製作:2019年、インド
監督:スジート
出演:プラバース

インド映画。
製作費35億ルピー!ピンとこないが、だいたい1.8円/ルピーなので63億円くらい。

世界観はちょっと『HiGH&LOW』っぽい。
バトルシーンは『300/スリーハンドレッド』っぽかったり、
『アベンジャーズ』みたいなシーケンスもある。

しかし、どれも何年も前に、既に観た作品だ。
グラフィックはテレビゲーム並みのクオリティで、アクションシーンも迫力無し!

しかもクソ長い!170分って!
倍速で観てもツラかった…
しかし、これもヨーガの修行と思えばやさしいもの!?

インド映画ワクチン接種済みで抗体のある人は、
ぜひお試しを!

にしても、マジでツマらんかったw
じろう

じろうの感想・評価

4.5
ストーリーはシンプルだけど、登場人物の多さや関係性のせいで複雑化している印象。
似たような容姿の人物が多くて「あれ? この人誰だっけ?」がよく起こる。
アクションシーンやセリフがかっこよく、男性キャラに不満なし。
女性キャラについては演技が少し……ちょっと、少し……うん。
残念ポイントを凌駕する派手な演出は気持ちいい。
パワーショベル(グラップル)とバイクのチェイス、結束バンドの活用法、びっくりして死亡、この3つのシーンだけでも見る価値があると思う。



個人記録2022
映画 47(5027分)
アニメ11(197話、4284分)
ドラマ4(33話、1431分)
>|

あなたにおすすめの記事