ダーケスト・ウォーターの作品情報・感想・評価

ダーケスト・ウォーター2017年製作の映画)

The Lodgers

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:94分

あらすじ

両親を亡くした双子のレイチェルとエドワードは、先祖代々から保有している古い屋敷で暮らしている。二人は、この屋敷に伝わる3つの掟を守って過ごしてきた。「0時になる前に眠りにつかなければならない」「よそ者を家に入れてはならない」「姉弟は離れてはならない」。引きこもりの弟エドワードはその掟を厳格に守っているが、姉レイチェルは常々この屋敷から逃げ出したいと思っていた。そんな中、レイチェルは食料を調達しに…

両親を亡くした双子のレイチェルとエドワードは、先祖代々から保有している古い屋敷で暮らしている。二人は、この屋敷に伝わる3つの掟を守って過ごしてきた。「0時になる前に眠りにつかなければならない」「よそ者を家に入れてはならない」「姉弟は離れてはならない」。引きこもりの弟エドワードはその掟を厳格に守っているが、姉レイチェルは常々この屋敷から逃げ出したいと思っていた。そんな中、レイチェルは食料を調達しに町へ出た時、退役軍人のショーンに出会い恋心を抱いてしまう。掟を破りショーンとの駆け落ちを企てるレイチェルだったが、エドワードは屋敷の中の不穏な存在が日々大きくなっていることに気付いていた…。

「ダーケスト・ウォーター」に投稿された感想・評価

世界観は良いが退屈。でも嫌いじゃない。
ホラーとロマンスと鬱が三権分立しつつ、ところどころ絡み合う感じの映画。

シェイプ・オブ・ウォーターと比べられてしまうのはやむなし。
水ってとこは勿論、ヒロインの○○を描いているという珍しいポイントが運悪く被っちゃったね。
それにしても家自体は良さそうだったのに、飯も不味そう風呂の湯も汚れてそうWi-Fiも繋がらなさそうで、私は絶対暮らしたくないな〜。

ヒロイン、中条あやみに似た系統の美人なのがとても良い。
中条あやみはイギリス系とのハーフだったはずだから当然か。
弟の鬱病メイクも良かった。普段の顔見てみたい。
元軍人くんは大谷翔平を思い起こさせた。大谷ブームって今どうなったんだ?終わった?おわり
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
両親を亡くした双子は、先祖代々から保有している屋敷で暮らしていた。屋敷には3つの掟があったが、弟は厳格に守りつつ、姉は常々逃げ出したいと思っていた。アイルランドのホラー作。ホラーらしい雰囲気、ダークな世界観は味があり、屋敷や掟と設定が斬新。徐々に屋敷の真実が明らかになっていくのだが、徐々に展開の盛り上がりを見せるのも良い。ゴシック・ホラー色、雰囲気はよく出ているが、単純なホラーとしての恐ろしさは少なく、ドラマ要素が多い物語。要の一つともなる水の演出は見応えあります。
ヨイ

ヨイの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ショーンが不憫過ぎて自分が身代わりで死んでやるよって思った。
キナ

キナの感想・評価

2.5
双子の姉弟の美しさとゴシックな雰囲気満載の映像で観ていられるけど、なんの感情も動かないまま終わってしまった。

屋敷に縛られる理由や掟の意図がふんわりしているので、いや普通に引っ越せばいいのでは?などと無粋なことをついつい考えてしまう。
代々引き継がれる家系の秘密はなかなか狂ってて好き。
罪とか罰とか抽象的なものでなく、もっと掘り下げて詳しく話して欲しかった。
現存する屋敷の話だそうで、もしこの家系の話が実際にあっことだとしたらかなり胸熱だな…

恋の発展や双子の絆からくる切なさや深みがなく、シナリオ通りに起こる出来事をただ眺めている時間にしかならなかったのが残念。設定の緩さが隠しきれない感じ。
そして中途半端に放っておかれるショーンの姉(妹?)の今後がとても心配。
カリコレ2018、一発目。

古い屋敷で暮らす訳ありげな双子の雰囲気あるビジュアル、掟の異常性、床の底から沸いてくる奴らの気持ち悪さなど画の面構えが良い!
ホラーは画の面構えさえ良ければ許せてしまう所があるのでこいつはカリコレ一発目にして当たりを引いた感じ!

屋敷で暮らす双子、代々受け継がれる掟、毎夜零時に現れるナニカ。
という3つのキーワードを幹にして全体的に派手さには欠けるものの絵面が素晴らしく見応えあるアイリッシュ・ゴシック・ホラーに仕上がってる。

どことなくシャマランやデル・トロ的なお伽噺味も少し漂ったりして怖さと言うよりは哀愁を感じさせる。
のん

のんの感想・評価

2.5

1920年代アイルランドの農村の、大きな邸宅に住む双子のレイチェルとエドワード。
彼らは掟を守って幽霊たちと暮らしていた…。



ゴシック・ホラーが好きなので雰囲気味わえたし、暗い色調も好み。幽霊屋敷として有名らしいLoftus Hallというアイルランドの古い館をモデルにした(のか実際にロケ地にしたのかはわかりません。話は別物です)舞台も、ヒロインも美しい。

ただ、ロマンスが足りなかったなぁ。
一族の重い秘密が背景にあるからか、この世とあの世の間雰囲気の表現なのかわからないけど、切実な愛や逃れたい気持ちの表出が乏しいので。怖さも悲しさも感じられなかったのは残念。
個人的には元アイルランド独立兵士のショーンとレイチェルのロマンスをもっと濃くして切なくして欲しかった。

水中のシーンはちょっとシェイプオブウォーター感。

※この館にまつわる伝説とは違います。
現存する館についての幽霊譚は「ロフタスホールの伝説」で検索すれば出てきます。
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.5
カリコレ2018「戦慄のホラー」だって言うから観ましたよ。オープニング「November Criminals」観たあと蕎麦食べて連投しましたよ。

とても面白かったところと、物足りなさの共存!

興味深かったのは映像表現ですよ!ネタバレしちゃうからここでは書きませんが、ダークなシェイプオブウォーターのジャパンホラーテイストみたいな。
物足りなさを言い方変えれば、「世にも奇妙な物語」だとしたらものすごく出来のいい作品ですよ、これ。ただ、単独で立たせてお金取るんだからねー。登場人物の背景描写を足して120分にするってアイディアもあったんじゃないかと。
ショーンでしたっけ、切ないってば!!
アサト

アサトの感想・評価

2.4
ビル・ミルナーとシャルロット・ベガ目当て。本国公開時から気になってた作品。サンキュー・カリコレ。フォーエバー・カリコレ。

ジャンルとしてはゴシックホラーになるのかな?でもそんなに怖くない。
「うんうん。…うん?」←終始こうなる
良くも悪くも少女小説めいてる印象。メイン3人のビジュアルがドンピシャだし余計に。
でも雰囲気は好きなだけになあ、ちょっと勿体無い。
水中のシーンとか、薄明るい場面なんかは綺麗だった。
怖そうな雰囲気、奥深そうなストーリー。でも何を見たんだろうって感じでした。