西遊記 女人国の戦いの作品情報・感想・評価・動画配信

「西遊記 女人国の戦い」に投稿された感想・評価

Monmon

Monmonの感想・評価

3.5
他のコメディじみたものよりも
こっちの方がずっと好き。。。

孫悟空もずる賢いようなボケが垣間見れてよい♡
valancy

valancyの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

西遊記 女兒國 (2018)
読み「にょにんこく」
白話小説『西遊記』 原作
・広東語

*彦星と織姫
*God Is A Woman / ariana grande
*The Greatest Love Of All /George Benson

以下、鑑賞中メモ
the monkey kings3
古書 紙 男は毒
女王 国師(こくすい?)
西梁(さいりょう)の女人国
出家の身 厳しい戒律 菜食主義 早起き 女性との交流は持たない
天竺から経典を持ち帰る 苦しむ人々を救う
一冊しかない手記

・ずっと前に、いつ見たか忘れたが、ずーっと前に(感じる)見た中国映画で気になってたこと:中国語(?)でも「はい」は『はい』の発音。

子母河(しぼが):女人国が生まれた場所
青と赤のザリガニ
破児洞(はじどう)
枝で写経
苦海:一度出ると一生岸に上がれない
手についた歯形

※本シリーズは本作(つまり、3)から視聴

監督:ソイ・チェン
脚本:エルヴィス・マン
撮影:リチャード・ブラック
編集:ヤウ・チーワイ
美術:チョ・ファソン
音楽:小林 雄 / 演奏・東京フィルハーモニー交響楽団
ツッコミどころたくさんあるけど、しっかりとしたアクション&CGの壮大なスケールは見事。娯楽映画としての西遊記
やっぱ孫悟空いいな

三蔵法師と悟空の友情というか師弟愛というか、西遊記のそれが大好き
大木

大木の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

皇帝と三蔵、身近に国士様と悟空という愛情を持って接してくれる存在がいる2人が「愛とはなんですか?」「分かりません」と話し合っているの、最後まで見てから思い返すと切なく感じる。
破児洞で師弟愛も愛だと示されたのは嬉しかったけど、勝手に堕胎させるのは暴力性がありすぎる……。
国士様を妖怪だと思い込んで見ていたので、終盤の展開には驚いた。
つよ

つよの感想・評価

3.0
悟空たちの冒険。
男が毒物とされる女しかいない国の美女と遭遇。捕まって脱出を図る。
妊娠する水。
コミカル・シリアス・スペクタルの塩梅が絶妙な人気シリーズ第3弾。
前作に比べ京劇テイストな演出が薄まった一方でVFX駆使した壮大なアドベンチャーに仕上がっててとにかく楽しかった。
久々に見たリン・チーリンが美しすぎ。 
もう44歳なんですね。 マジか !
いくつも中国ドラマを観てきたからわかる中国ぽさの良さ。何も知らずに観たら安っぽいようにも思うけど、中国作品のファンタジーってそんなとこ気にしてないからって思える。

超有名な西遊記。アーロン・クォック(孫悟空)とウィリアム・フォン(三蔵法師)が出てたので観た。吹き替えです。
女人国の女王に今引っ張りだこのチャオ・リーイン、川の神にEXILE AKIRAの奥様リン・チーリン。どちらもとても美しい。
特に川の神はもう震えるほど美しくて、結末に関係するので言わないけどホント泣けるくらい。

ストーリーの展開の仕方も評価ほど悪くない。心情を大事に描いてていいなと思った。途中、お互いの袖を引き合うだけのカットで進めるところは秀逸だった。

どうしても三蔵法師は夏目雅子の面影を追いたくなる。あの美しさは神仏の域。三蔵法師を女性が演じたところに耽美な魅力があった。今思ってもかなり良い配役だったなぁ。

観終えて調べたらシリーズ3作目だった笑
まぁ全然コレだけで観れるけど、ラストは続き作る気だったなと思わせる終わり方だった。

声優の石田彰が猪八戒を演ってるんだけど、「タイタニック」ではジャックを演ってるんだよね。声優さんて幅広いなぁと改めて感心した。
5/7に金ローで石田彰吹き替え版の「タイタニック」を放送するので是非観てください(勝手宣伝)。
舞台衣装がとっても綺麗。最後の方ジョジョ一巻の祭壇みたいなとこ出てきてずっとジョジョのこと考えてた。
Ultraxx

Ultraxxの感想・評価

-
私はこの作品を批評することが出来ない。何故なら中盤まるまる意識が飛んでいたからだ。
>|

あなたにおすすめの記事