バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫2017年製作の映画)

Baahubali2-The Conclusion

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:167分

4.4

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、王位継承争いに敗れた従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王の座を奪い取り、さらにバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも奪おうとする…。父バーフバリはなぜ殺されたのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? 自らが伝説の王バーフバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、王位継承争いに敗れた従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王の座を奪い取り、さらにバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも奪おうとする…。父バーフバリはなぜ殺されたのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? 自らが伝説の王バーフバリの子であることを知った若き勇者シヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして、暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫」に投稿された感想・評価

こうが

こうがの感想・評価

5.0
やっぱり最高
何度見てもバーフバリ最高
強いなぁ
カッタッパが殺めてしまうシーンは何度見ても痺れる。
ぎんが

ぎんがの感想・評価

4.1
大分前に観賞したけど記録忘れてた
本編も最高だったけどカットされたシーンが追加されてよりゴージャスでパワーアップしてて
デーヴァセーナ美しいわ…!
なんであのシーンカットしたんだってくらい素晴らしいシーンばかり。
これは完全版でみてほしい
バーフバリジャイホー!ってなる
ぜひ映画館で楽しんでほしい作品
ray

rayの感想・評価

4.5
1度バーフバリを観ているのにまた劇場で観てもすごいおもしろかった〜!完全版最高だった。
YukoMiyata

YukoMiyataの感想・評価

4.2
圧倒的スペクタクル!シリーズ1の内容がどんどん詳らかになる。ストーリーそのものは単純だが、戦闘シーン、台詞、挿入歌などしっかり作られている。加えて独特のアイデアが満載!一方、CGは大幅に改善もまだまだちゃちぃ笑
エンターテイメントとしての完成度は相当高い。最後まで主演の顔がかっこよく見えなかったけど笑
2(王の凱旋)の完全版。流行に乗り遅れて1(伝説誕生)を劇場で見損ねたが、2だけでも非常に見やすかった。1は『スター・ウォーズ』でいう旧3部作前半、2は新3部作(先代バーフバリの回想)→旧3部作後半といった流れか。

『マハーバーラタ』を彷彿させるインドの古代王国の王位継承争いを描く英雄叙事詩的作品で、CGIを豊富に使ったヒーローアクション映画のノリとインド映画的踊り&音楽が融合し、おとぎ話のようなデカい世界観を紡ぐ。長くて濃ゆ~~い超豪華鮮烈大娯楽作品。冒頭スポンサーや協力・協賛企業の表示が長く文化の違いを感じた。

王族やその側近が荒ぶる巨象を抑え石壁を叩き割り大木を引っこ抜く、まったく現実離れした超パワーを発揮し、ド派手に「魅せる」アクションを披露するのが特色になっているが、これはカースト的な考え方による、まさに戦闘民族サイヤ人のごとき、生得的なポテンシャルの違いである。

バラモン(聖職者、僧)は別格として「生まれながらに戦士として戦闘能力が段違いなので、支配者階級である」というのはクシャトリヤ(王族、武人)がその座に居座る理由であるが、劇中では、それを誇張的に明快に表現しているのだ。

ところが終盤、主人公バーフバリ側は、一般兵にもそのカリスマ性によって王族特有のパワーが幾らか付与されていくことになる(樹木のしなりを活かした人間発射台による城攻めなど)。王がドチャクソ強いのはカースト的に当たり前で、カーストを超えて民を導いてエンパワーしてこそ真のヒーロー、真の王というのがテーマ。その桁外れの理想的偉大さがゆえに、古代が舞台だというのに「女の意志を無視するな」「セクハラ野郎は首を斬れ」みたいなメッセージがポーンと放り込まれても違和感なく楽しめる、現代の寓話であると言えよう。
ほとんどの映画館で上映終了してて
わざわざ三ノ宮まで行ってきた

3時間長いけどずっと見どころ
JASMINE

JASMINEの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

リバイバル上映してたので、映画館で鑑賞👀🎥
1と比べて戦闘シーンが多かったな⚔
父バーフバリがとても偉大で、やることなすこと全てが神すぎて👳🏽‍♂️✨
妻を守る姿も、そして最後までかっこよすぎた😭
なのに最後が酷すぎて…
ここでだいぶチーンってなりました😓
シヴァガミもカッタッパもなんで信用できなかったのか、見てて悔しかったー❗️笑
息子が王を奪還したけれど、民のことをとても思っていた父バーフバリに王になってほしかった👑❗️
ま、悪い奴は消えて平和を取り戻したって事でそこは良かった☺️
インドの神をちゃんと知ってたらもっと面白いんだろうな🇮🇳
この映画でインドの神話に興味出たから、ちょっと勉強してからまたもう一回見てみよ🤗
ユウヤ

ユウヤの感想・評価

3.5
いやー、笑った。十三人の刺客の牛のシーンがいかにショボいかわかる。
y

yの感想・評価

3.7
3時間があっという間で、体が前のめりになって見てた。くらい、見所しかなくておもしろかった!アマレンドラバーフバリさんの色気な!!!
前編見なくても話はわかるからとりあえず見てこい!って言われたけど、冒頭に流れるあらすじを見ても私は時系列が理解できなくて、最後の方になって、ああこういうことか!ってようやくなった。人に勧めるなら、私は前編を見てから見たほうがいいよって言う。まぁ時系列が理解できなくてもとりあえず勢いはすごい。インド熱いって感じ。
2回目の鑑賞

この映画の熱がすごかった。

カッタッパの精神の揺らぎが心に染みた
>|