サヨナラまでの30分の作品情報・感想・評価・動画配信

「サヨナラまでの30分」に投稿された感想・評価

takari

takariの感想・評価

3.8
特別大きな展開はなかった。王道を貫いた感じ。
バンドものが好きなら観て損はないと思います。
しかし北村匠海歌上手いな。
まゆ

まゆの感想・評価

3.8
面白かった。
最初入れ替わる二人楽しそうだったけど、だんだんと切なくなってくる。
最後良かった!
mapin

mapinの感想・評価

3.8
猫を聴いてからこんなに歌が上手いのかと驚いた北村くん。それから北村くんが出てるドラマとか見だした今日この頃。

ストーリーは切ないけど生きた証、これからそれを背負って生きていく決意を感じた。最後のフェスのシーンだったり途中北村くんがピアノ弾きながら歌うとこ良かったなぁー。
とりあえず北村くんも真剣佑も歌上手いねーてこと。
nanako

nanakoの感想・評価

3.4
最後の「代わって」に、「それはずるい」って思ってしまう映画でした。
red

redの感想・評価

2.8
カセットテープに残された記録(=記憶)が死者を蘇らせたという設定は新しいし、小道具としてのカセットプレーヤーも効果的だった。磁気テープには上書きされても記録が残ってるというくだりは?だったけどファンタジーとしては許容範囲内。
とにかく、主演二人が実際に歌えていたのがバンドをテーマにした作品として説得力あって良かった。

入れ替わるにはカセットテープをまわす
けれどカセットテープを回すことで、
今までの記録が上書きされてしまう。

けれどカセットテープは、上書きされても記録は消えず、複層的に深みを増していくものであり、
それは人の心と同じなのではないか。


みんなの心の中にいるアキは消えることなく、むしろ強固な鍵となり、みんなの心の扉を開いていく感じ(?)


また序盤のから終盤に向けて、曲の中にそうた視点が感じられ、最後はもう2人の曲なる感じも、
アキは消えたんじゃないことを表してる気がした。



とりあえず顔面偏差値高すぎて、もう3回見た
「東京喰種 トーキョーグール」の萩原健太郎監督作品。「ちはやふる」の新田真剣佑、バンド「DISH//」ても活躍する「君の膵臓をたべたい」の北村匠海主演映画。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』以来のヒットですがな。北村匠海は歌上手いね。当たり前か*\(^o^)/*

バンド「ECHOLL」がメジャーデビューを目前に解散してから1年後、メンバーたちの前に突然見知らぬ大学生の颯太が現れた。バンド再結成をメンバーに迫る颯太の中身は、なんと1年前に死んだボーカルのアキだった。颯太が偶然拾ったカセットテープを再生する30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わり、1つの体を共有していく。人づきあいが苦手な颯太もアキや仲間たちと音楽を奏でる楽しさを知り、次第に打ち解けていくがアキの恋人カナだけはバンドに戻ってくることはなかった。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとするが、アキと颯太の入れ替われる時間はだんだん短くなっていく
花

花の感想・評価

4.1
切ない話だけど、みんな演技が上手だし歌もすごい良かった!!!
べりす

べりすの感想・評価

3.2
イケメンだから成立してる話ーww

バンドもの好きだから見たかった。
想像を超える展開はなかったけど、なんか切なかったな。
亡くなってしまったメンバーを想う気持ちはそもそも計り知れないし、家族でも恋人でもなくても、メンバーってそれをときに上回る存在だと思うから。

だからこそ切なかったなぁ。
lovyn

lovynの感想・評価

2.7
カセットテープを再生したら30分だけ昔の持ち主と心が入れ替わるファンタジー青春バンド物語。
良くも悪くも主演の2人が絵になるの観れるけどそれ以上でも以下でもない感じ。
バンドの成り上がり系ではなかったけど劇中の曲で良いのがあったよね!
>|