イップ・マン外伝 マスターZの作品情報・感想・評価・動画配信

「イップ・マン外伝 マスターZ」に投稿された感想・評価

俊敏さの中に、ドニー・イェンにはないダイナミックさを持つマックス・チャンの詠春拳も見応えがある。一度は捨てたはずの武術を取り戻したティンチによるラストバトルは胸が熱くなる。
ニコ兄

ニコ兄の感想・評価

3.5
ストーリー:
割愛

感想:
王道的なストーリーの香港映画。
時系列的にはイップマンに敗れた後のはなしであり、オープニングでも簡単に紹介があるのでイップマンや香港アクション映画好きな方は機会があったら見て欲しい。
the外伝

完結編にはでてくるのかなー??
出てくれたら嬉しいけど。

日本版は是非、徳山秀典で!!
『イップ・マン 継承』でイップ・マン相手に激闘を繰り広げたチョン・ティンチを主人公にした、『イップ・マン』シリーズの番外編。武術界を去った彼が、ヘロイン密売に手を染める組織の幹部に立ち向かう。メガホンを取るのは『ドランク・モンキー/酔拳』などのユエン・ウーピン。『ドラゴン×マッハ!』のマックス・チャンとトニー・ジャー、『ブッシュウィック -武装都市-』などのデイヴ・バウティスタらが出演する。
1960年代の香港。詠春拳の正統をめぐる戦いでイップ・マンに破れたチョン・ティンチ(マックス・チャン)は武道家を辞め、小さな食料品店を営みながら息子フォンと一緒に暮らしていた。ある日ティンチは、犯罪組織の幹部キット(ケビン・チェン)の手下に追われていたナイトクラブの歌手ジュリア(リウ・イエン)らを救う。手下を打ちのめしたティンチは、キットの怒りを買う。住居を兼ねた店に火炎瓶を投げ込まれてフォンが火傷を負わされ、さらに父子は殺し屋(トニー・ジャー)に襲われる。
2021.10.13 3.6
タニ

タニの感想・評価

4.0
2021年40 本目。イップマン外伝。この手のカンフー映画は本当に話がわかりやすくいいですね。悪い奴がはっきりしてるから、疑問を感じる部分がないです。アクションも全部本人達がやってんだろな感があり、WWE好きとしてはバティスタボム出たのも興奮しました。「シャン・チー」がマーベルカンフー!というマーベルっぽさモリモリの良さありましたが、やっぱ純カンフーの良さも大事。「イップ・マン完結」のガラス張り合いシーンもよかったけど、本作のミシェル・ヨーとコップグルグルのシーンは最高でした。カンフー見たくなった時、懐かしのジャッキー映画を見る手段しかなくなるのは悲しいのでどんどん新作カンフー映画は作ってくれ~!
クレミ

クレミの感想・評価

3.6
3作目でイップマンに敗北し、引退した最強PTA・チョンティンチーのスピンオフ。
イギリスからの抑圧、ベタベタの勧善懲悪、わけわからんタイミングで出てくるスペシャルゲスト、イップマンシリーズお馴染み展開炸裂!

主人公を助けてくれる周りのキャラクターが魅力的。だからこそ命を落としてしまうのが惜しい…。イップマンに敗れてから詠春拳を封印していたチョンティンチーが、最後には自分の正義のために再び詠春拳の腕を振るう!イップマン師匠と同じ型も見ることができて嬉しい。改めて、詠春拳は「守る拳」なのだと実感。いぶし銀な師匠と比べ、荒々しくもパワフルなティンチーのアクションもなかなか良いです。

今回のスペシャルバトルはトニー・ジャー先輩。最初から最後まで謎の役どころかつ、バトルのタイミングも謎というイップマンシリーズらしいバトル。ラスボスはMCUのドラックスでお馴染み、デイヴ・バウティスタ。

3作目でも大好きだったティンチーのその後が見れて良かった。シリーズファンは必見の1本。
Clipに入れてたけど、観始めたら激しい既視感に襲われ・・・やっぱり観てたわー。
いよいよもってボケてきたぜ😅

お話は THE 王道。
映像全体に漂う弱めのセピアトーンがステキ。夜景がキレイ。

トニジャ兄貴、ミシェル・ヨー姐さんも出てたのね。

ティンチーと姐さんとのウイスキーグラス押し付け合いはスゴイんだけど笑える〜😆

姐さん、弟キットのしつけに苦労しまくり。

そうそう、デイヴ・バウティスタも出てた出てた!

主人公チョン・ティンチーを演じるマックス・チャンのアクションはすばらしくキレッキレだけど、ミシェル・ヨー姐さんも変わらずスンゲーわ。そりゃあ「シャン・チー」でもバリバリですわー。

ラストバトルにおけるまさかのプロレス技:フランケンシュタイナーの美しさ。相手がバウティスタだけに。
でもそれ、詠春拳じゃないデショ😆

横暴で腐敗した権力にこそ正義の鉄槌を。

トニジャ兄貴、いいとこ持ってくぜ!

「7歩以上離れていれば銃が勝つ」
バットマンのおもちゃ。
冒頭のシーンは良い伏線。

ドニー・イェン師匠の「イップ・マン」シリーズからのスピンオフ作品。当作単体でも楽しめるが、お時間あれば「イップ・マン 継承」をご覧の上、当作をお楽しみください。
外伝と言う事でイップマン師匠は回想シーンでちょこっと出るだけ。
でもイップマン3に出てきたイケメンパパが主役のお話。

マフィアや麻薬王との戦いと今回も勧善懲悪のわかりやすいストーリー。
詠春拳を封印していたチョン・ティンチが最後に詠春拳で戦うシーンはカッコよかったです。
ヒロインも美人で魅力的。
イップ・マンのスピンオフ作品との事でしたが、美男美女に勧善懲悪のカンフーアクション映画とは、こんなん面白く無い訳なかったですわ。

まぁ強いて言えば、カンフーvsプロレスではチョット無理があったかと思うのと、ミッシェル・ヨー演じるクワンの弟がパッとしなかった事ですかね

思えばミッシェル・ヨーのアクションを見たのもポリスストーリー3以来だった気がしますが、動きは素晴らしかったです

さて、明日は本編の完結4作目を楽しむとします

2021年9月30日 198作目
スターチャンネル1 字幕 録画
イップマンの同門のチョンティンチのお話だったが、ガーディアンズが好きな俺からしたらもう完全にドラックスがいるという感想しか持てなかった。緑じゃなくても全然ドラックスだ。
話の構成はイップマンとほぼおんなじなんだがやっぱこういうのが良いねオイラは。
後半の覚醒というか本来の姿に戻っていく流れがめちゃくちゃカッコいい。
>|

あなたにおすすめの記事