B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018の作品情報・感想・評価

B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-20182018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

4.4

「B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

4.5
楽しかったー((o(´∀`)o))
びっくりするほどの大画面でB'zを堪能できた。

前期はエキシビジョンに行ったので見ていたんだけど、後期分は初めて。
でも何度見てもファンは楽しい!
レコーディングで何本ものギターとアンプを試しているシーンとか、稲葉さんの1人ハモリとか、見応えあったなー。
映画館向けのメッセージも見れてとても得した気分。

さあ、次は豊田スタジアム!
その次はハワイ!
まだまだ30周年のB'zを楽しむよー♪

ってこれは映画レビューじゃないね(*´∇`*)
Abby

Abbyの感想・評価

-
『SAFETY LOVE』の件は笑えますね。「二十一から五十一にしたら?」

それにしてもこの二人の関係は本当不思議な関係。仲が良いのはもちろんだけど、それ以上の何かを感じます。言葉に出来ないけど(。>д<)

ただただ羨ましい関係なのは確か。三十年も一緒に物作りしてたらこうなるのかな〜。

前半のレコーディング映像はファンにはたまりません( ´∀`)

後半の稲葉の故郷と松本の産まれ故郷でのライブは笑える。特に松本に喋らせようとする稲葉可愛い(///ω///)♪

今からライブが楽しみ!後、三週間後\(^^)/

この作品、次に出すシングルかアルバムに初回特典にしてくれないかな?BON JOVIみたいに(/▽\)♪

お二人とも。これからも素晴らしい曲とライブをヨロシクm(__)mです(*≧∀≦*)
JOVI

JOVIの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

あくまで、ファン向けの作品。
先日発売された映像作品の特典映像だったら褒める内容。たった50席しかないシアターで毎日上映!って唄っても地方から密行するモノはそんな簡単に予定組める訳がない。迷ってるウチに案の定、前期後期あっと言う前にソールドアウト。アホとしか言えない。と呆れて諦めてた頃にリレー形式での上映。エキシビション開催のタイミングに合わせてやれば、グッズも絡めて売り上げを伸ばせることも出来たのに。。。
B'zの音楽は素晴らしいが、マネージメントの嗅覚の無さ及びマーケティングのセンスの無さは仕方ないのか?

あ、コレあくまでもマネージメントのやり方に対しての評価ね。作品は3.5くらい。
今日はなんて日だぁ‼︎
感動の一本目。

ファンの方なら大満足でしょう!
’17年、2人の音楽活動を追ったドキュメンタリー!
面白いし楽しい、やっぱり凱旋ライブは特別で良いね〜
こんなの観ちゃうと、またライブに行きたくなる〜🎶
音楽好きならファンじゃなくても楽しめる、はず 声明のイントロのシーンは流石に多いが
ボリュームは凄まじい
同じリフを沢山のギターで弾き比べしてるシーンは最高だった
完全にB’zファン向け。しかもかなりコアな人たち。

ファンなのでいっぱい語ります。

もう本当に素晴らしいですよ、まさしくbehindを見た感じ。中でもとりわけ自分が好きだったシーンは、松本さんがギターを弾き比べてたところ。その時に56年のゴールドトップのレスポールを弾いてたのは震えた。あのギターが本当にかっこいいんです。長く見なかったからもう使わないのかと思ってたよー。あとELEVENの時の音が一番好きって言ってたのも印象的。自分も松本サウンドといえばELEVENだし、松本ギターといえばあのキャナリーイエロー。それが合致してたのが1ファンとしては大きな喜び。

稲葉さんもカッコいいです本当に。小6くらいの頃からB’zにハマって、そこからずーっと今に至るまで憧れの人。なれるもんならなりたいわ。てかレコーディングの時の声量えぐいよ。本当にビビったよ。あとファッションも変わらずおしゃれね。ロンハーマンのあのパーカーください。津山ライブで着てたデニムシャツもください。稲葉さんは自分にとってファッションリーダー。あ、あとDINOSAURのPVで着てたダブルライダースもください。

もう少し欲をいえば、もっと昔のシーンとかもちょっとでいいから触れてほしかった。初々しいデビューから始まって、人気絶頂のSURVIVEとかLOOSEのトゲトゲしい感じから、安定期のTHE CIRCLE、MONSTERを横目に見つつ、今に至るまでのB’zをさらっとでも俯瞰できれば、ファンにとっては至高だと思う。

あとライブ映像流すなら、途中で曲切る編集はいかがなものかと。どうせファンの人しか見ないんだし、ファンなら1曲でいいからフルが聴きたいはず。まぁ編集が難しいか…
マニアには堪らないんでしょうね。付き合いで観に行きましたが、少しづつハマり始めています。
B'z 30TH YEAR EXHIBITION “SCENES” 1988-2018のシアターにて公開された作品ですが、殆どの方が観る事が出来ず、B'zのお二人が何とかして全国の皆さんにお届け出来ないかと考えた結果、前期と後期を一本化して映画館にて上映する事になりました。

私は幸運にも、EXHIBITIONの開催中に前期と後期の両方観る事が出来ましたが、当然劇場でも観たいですよね♪

B'zファンだからどうしても良い評価しか出来ないけれど、30年もトップを走り続けながらも進化をするB'zのお二人に尊敬の念を抱いてしまうのは仕方のない事です(^^)

音楽に対する姿勢も素晴らしいですが、常に今まで出逢えて良かったなと全ての人に感謝する姿勢、そして何よりファンを第一に考えてくれている事… なかなか出来ないと思います。

本当にB'zに出逢えて良かったなと思います。
ナノカ

ナノカの感想・評価

4.8
もう最高でした。鳥肌が止まらなかった。
地元愛、メンバーとの会話、レコーディングなど全て最高です。
s

sの感想・評価

-
もう稲葉さんかっこよすぎだよ、惚れちゃうよ。!!必殺日置人も、で頭の稲葉さんのパンツがキョーレツだよ!笑
あんなんどこで見つけるんだよ!
パッツパツ!でも似合ってしまうから不思議だよ!!

この歳であの若さ!そのバイタリティは、どこで維持しているのか。子供に戻って、高音すぎて、奇声ともとれる歌声が妙に耳に馴染んでる。そうそう、コレ。みたいな。
前にテレビのSONGSかでやってたけど、あの体にしても、毎日ランニングは欠かさないって言ってた。ライブの時でも、かなりの距離を走るのが日課で、だからあの締まった体と体力と若さなのだなあって、子供ながらに 姿勢がかっこいいなあと思ったものです。

松本さんに関しては、初めてちゃんと顔を長時間(ほぼサングラスではあったが)間近で見ることができたけど(黒田レベルでサングラスを欠かさない)、どっからどう見ても、全盛期のパトラッシュ。
笑いを取りにいくパトラッシュ。裏方ではあんなに喋って笑い取ろうとするのに、MCでは控えめなパトラッシュ。照れ屋さんなパトラッシュ。黒田パトラッシュ。でも滑らかなギター捌きは音楽素人からみても、海外でも称賛されてるだけあってやっぱり偉大な人なんだろうなあ。と思ったりして。

何より、2人とサポート、スタッフさんたちとの和やかな会話と笑いと長年の連れ添っててもお互い敬語なところとか、(編集にもよるのかな) 始終 互いを尊重し合っている感じが、和気あいあいムードが長年2人でやってこれた理由なのかな。

ともかく、見る前と見た後では、彼らのことが以前より大好きになっていたし、ライブ行ってみたいなあと思っちゃった。稲葉さんの全力な表現は動きも表情も、トークのキレも、ストイックで素晴らしいなあ。

ひとつ気になったのが、
稲葉さんもドラマーも、パトラッシュも、各々ステージ上はキレッキレなのに、観客側に回った途端 急に青臭い。笑
全然イメージと違う。とてつもなくダサい。稲葉さんのようなウルトラソウルが全くいない。ドラマーも筋肉隆々なのに、皆古渕黒田みたいのばかりだ。なんだかそこが寂しかった。いや、実は、若い心がそのままのフレッシュマンが集うユートピアだったのかもしれない。

とにかく、コナン時代にB‘zに触れてきた世代からすると、卒アルを開くような、古く眠ってた何かを掘り起こした時の感動が、湧きあがります。

音楽っていいね。舞台裏っていいね。
>|