宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇の作品情報・感想・評価・動画配信

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇2018年製作の映画)

上映日:2018年11月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇」に投稿された感想・評価

なんだかんだで6回目。残すところあと1回。
今回は割と面白かったと思う。
やっぱりヤマトはおじさんが渋くてかっこいい。
土方艦長の山南に対する言葉とか。言葉に重みがあるよね。前回の加藤の行動からの今回の土方の言葉、それを受けての藤堂艦長の行動があるわけで。
山南もかっこいいよねー、アンドロメダと銀河が並ぶシーンめっちゃ良かった。
銀河が防御・サポート艦っていう設定も面白かった。
藤堂早紀艦長かわいいですね。ただただ効率優先の合理主義者かと思いきや・・・のくだりはかっこいい。
ただアンドロメダ級戦艦がぽんぽん出てきて艦隊もAI制御で指揮官1人って言うのは味気ないねぇ。
この辺は最近の傾向に対するアンチテーゼ的な感じなのだろうか。
次で最後、公開は3月、待ち遠しいね。
カラーリングを変えただけ!

最初アンドロメダ1隻で泣きそれが+4隻で狂喜乱舞やったのに感動を返してくれ……
数増えたし戦闘機並の無茶苦茶機動力で有象無象感強くなっちゃって泣いてる
いや、絵的にかっこいいんですけどね!(設定的にはちょっと…)

要するに!アンドロメダ!みたいな!旗艦クラスの!看板はる!クラスの!艦は!オンリーワンで!どっしりと!後ろで!構えてて欲しい!

一応スラスター増設とか内容全てにSF的説明つけてはいるのでギリギリ許容ですが2199みたいにふむふむなるほどって感じの設定がよかったかなぁ
anguish

anguishの感想・評価

2.5
評判が悪いのが解りました。2199で築き上げたものをメチャクチャに。これはこれで悪くはないのだけれど、ヤマトの名前で作って欲しくないかな。話が複雑で解りずらく、すっきりしない。ヤマトはもっと単純な話だと思う。「悪魔の選択」も彼はその選択は選ばないと思う…って言うか肯定は破滅。ここ一番の見せ場である波動砲とワープ使いすぎ。ここまで来ると旧映画では無かったテレサの恋はなさそうですね。

「山南!死んで取れる責任など無いぞ、山南。生きろ…生きて恥を掛け、どんな屈辱に塗れても生き抜くんだ!人間は弱い、間違える、それがどうした。俺達は機械じゃない!機械は恥を知らない、恥をかくのも間違えるのも全部人間の特権なんだ!」


土方竜の声が変わっていた。分かっていたけど悲しい、本当に好きな声優でした。
完全リメイク新作テレビシリーズ続編の劇場公開版。

旧ヤマトの「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト2」のリメイクとなっている。

第6章では19〜22話を収録。

さらばは鑑賞済みでヤマト2は観ていないので詳細な改変箇所はわからないが、相変わらずリメイクがうまい。
しかし、5章まではすごく楽しく見ていたのだが、ここからなんだか不安な展開に…。


宇宙戦争シリーズものに平和を求めるのが間違っているのかもしれないが、正直、ヤマトのクルー達には幸せになって欲しい。

さらばの結末を知っているからこそ、リメイクという新たな可能性を楽しみにしていたのだが、この6章はなんだか旧作より残酷な展開が目立つ。
なんだか死亡フラグが立ちまくり、要らない新展開(どれも悲惨なものばかり)で見ていて辛い。

つらいよ!!

旧作より展開を複雑にした割には構成や演出が下手で、わかりにくくてストーリーにのめり込めないし、どんどんどんどん悲惨な展開になっていくから見たい気持ちが削がれていく…。

深夜1時にTSUTAYAまで30分歩いて借りてきたんだから、良い結末であってくれぇ〜泣
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
シリーズを通じて、愈々盛り上がってきた感じ。
キャラそれぞれの漢気が熱いです。
女性キャラも熱いです。

昭和ヤマトシリーズへのオマージュも沢山あり、見どころたっぷりでした。
PIXY

PIXYの感想・評価

3.7
ヤマト型の二番艦は銀河なんだ・・・。
アンドロメダと山南艦長がかっこ良かった。銀河の乗員が女性ばかりの理由にはドン引き。古代と雪のこの展開は何度目かな蚊帳の外の話になってる。
たまお

たまおの感想・評価

3.8
2202完結に向けて6章7章を一気に鑑賞。
まず6章ですが…いやもうちょっとついていけないほど展開が早く説明がないw 旧作にない設定やらドラマが多く、腹落ちする前に次のネタが飛び込んでくる感じに戸惑いました。映像は迫力あって良かったです。
そして何より一番の衝撃は、エンディングテーマをを山ちゃんが歌っていたこ! この方、古代君とデスラー総統の両方を演じている、いわばヤマト声優さんですよねw
Ideon

Ideonの感想・評価

3.5
加藤の裏切りにより、白色彗星帝国の引力に捕らわれ沈んだヤマト。地球の命運は尽きたかに見えたが、地球の時間断層では新造艦の銀河が建造されていた。消息不明のヤマトを取り戻す為、アンドロメダと銀河は最後の闘いに臨む…というお話。
スポンサーの意向か、ヤマトそっくりの新造艦が登場し、女性艦長が指揮を執るに至っては、別のアニメかと思われたが、アンドロメダの山南艦長の決死の突撃など見どころも多く、面白く見られる。山南が生還し、山崎がヤマトに搭乗しなかったのは続編への伏線だろうか、旧作劇場版とはかなり違った方向に物語は進んでいる。
相変わらずとっ散らかっている。もう少しさっぱりしたほうが見易いだろうと毎回思うが、こういう作風か。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
19話〜22話まで。
ヤマト級2番艦「銀河」登場!
ズォーダー大帝の秘密も明らかに!

アンドロメダ級戦艦のインフレ状態と《森雪》にまたまた訪れた受難に苦笑w

19話は 土方艦長役「石塚運昇」さんの遺作です。
が、その後の土方艦長に違和感がないって、声優さんは凄いな。

次はいよいよ最終章。
>|

似ている作品