宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星篇<最終章>の作品情報・感想・評価・動画配信

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星篇<最終章>」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

大好きなアナライザーが。。。本当に本当に良い子だった。
悲しすぎる( ノД`)…

このレビューはネタバレを含みます

「あらゆる予想を覆し、真実の"ラスト"へ」というキャッチコピーは、確かに当たっていた。

まさかこんな強引な力技でガトランティスに立ち向かうとは。ラストシーンは更に強引の遥か上を行く無茶ぶりな展開。確かに「復活篇」もあるし、そこで登場するとは言え「あの人」を出すとはね…。「聖闘士星矢」の「セブンセンシズ」や「神聖衣」以上の荒技。

結局、ガトランティスを強く作りすぎたんだと思う。いろんな意味でガミラスを、デスラー総統を「超える」敵を作ろうとした結果こうなった。「北斗の拳」でいうとカイオウ。ラオウを超える強さを持つ敵キャラのはずなんだけど、みんなが真っ先に思い浮かぶ敵ではない。「ドラゴンボール」も最強の敵は魔人ブウだけど、真っ先に思い浮かぶ敵は魔人ブウでなくフリーザかベジータだと思う。

作品のメッセージ自体は良かっただけに、残念な終わり方だと思った。これなら「復活篇」の続きを描いた方が良かった気がする。

小林誠、満足か

2199のような全編通してハーーーーーーーーーーッッ(死)とはならなかったのは残念です
見応えあるし話は壮大だしちゃんとヤマトファンのツボもおさえてておもしろかったけどね!

昔に戻って見映え重視、派手重視+それを崩さない設定をつけたのが今回の2202だそうですが2199のような現実味のある設定重視の方が好きだったかな…

続編の2205のほうは期待しております
らじご

らじごの感想・評価

3.0
前シリーズの二の舞にならず、どうやって次作に継なげていくのかが個人的に見ものでした。
(確実に完結編までリメイクするよきっと!)
結果、そうきたかって感じ。
(色々付箋貼ってたもんねー上手く利用したよ)
胸張って次作へ!ってか守はどうすんの?
WAT

WATの感想・評価

2.8
えーと、、、最後の30分(ぐらい?)が、ただのユニコーンガンダムでした💔(謎)
個人的には、こんな「真実のラスト」いらんw(^◇^;)
個人的には失敗作。旧作愛から忠実に作り込んだ原作に対してこちらは作り手のエゴ丸出し観念世界無駄なセリフを量産。戦争をせざるをえない的正当化の理屈づけはいつも不毛。福井作品はいつもそう。理不尽を理不尽として飲み込めず人間世界を上から見てしまう。だからいつも箱が出てくるんだよね
anguish

anguishの感想・評価

2.0
どんだけ主人公たちを苦しめるの。
話に変化球、作り込みすぎてわちゃわちゃになってますな、第18話の「悪魔の選択」が結果オーライなのも気に入らないし、最後の戦いも普通に戦ってほしかった、まさかエピローグをまるまる一話とは。

「でもねぇぜ…自分の為にしか生きられねぇ奴の方がよっぽど悲しいってもんでぇ、なぁ。みんな本当は大切な何かを見つける為に生きてるでぃ、それを失くすぐれぇなら死んだ方がマシだって思える何か…しょうがねぇよな見つけちまったんだから」
完全リメイク新作テレビシリーズ続編の劇場公開版。

旧ヤマトの「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト2」のリメイクとなっている。

第7章では22〜26話を収録。

てっきり25話で終わりかと思ったので続きがある事に驚いた。
なるほど。


リメイクシリーズは2199のおもしろさに驚き、2202も5章まではかなり楽しんで観ていたのだが、6章にきて改変・追加した設定やストーリーをまとめきれていない印象だった。

そもそも旧作のさらばも、無印でヤマトが旅路で得たものを全て無かった事にするようなラストに裏切りを感じて好きじゃなかったのだが、2202も同じだった。

スターシャとの約束をまったく守ってないし、そのかわりになるものを何も得られずに最後まできてしまった。
挙げ句の果てには、それが人間とでもいうような言い訳がましくて説明臭いセリフのオンパレードで、なんだかなぁ…。


わたしが観たかったのはこんな続編じゃない。
2199のスタッフによる続編を観たかったとしか言えない…。
クオリティは良し❗
ストーリーは微妙⁉️
全体的な総括として見終わった後、記憶に残らない作品でした⁉️

あと最終話はいらないと思いました❕
temmacho

temmachoの感想・評価

2.5
こりゃイカン。
シリーズ途中から嫌な予感はしてたんですが…

ひとこと「大雑把」
演出も脚本も結末も。

そして来年、続編やるんですってね。
もういいんじゃないですか?
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品