さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちの作品情報・感想・評価

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち1978年製作の映画)

製作国:

上映時間:151分

ジャンル:

3.6

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」に投稿された感想・評価

宇宙戦艦ヤマトを検索したら山ほどあるので驚いた。初めて観たとき嗚咽をもらしたなあ~これで終わっとけばよかったのに。古代じゃなくて加藤さんが好きだったなあ!
JF

JFの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

何度観たことかm(_ _)mまた観ちゃいました。

1978年のアニメ映画。レベル高し。個人的にはヤマト映画の中でナンバーワン。他作品はテレビからのツギハギが激しかったり、メロドラマが入りすぎていて…。本作はその辺りのバランスがとても良い。151分、みっちり観せられるだけの物語。

佐渡先生、ユキ、山本、加藤…。みんな死んでいきます。その中でも真田さんと斉藤(涙)。あの爆弾仕掛けシーンは永遠の0を超えます。最後に古代進。この映画の真骨頂である自己犠牲の嵐に涙が止まらなかったことがあります。

さて、大人になった私からみれば故沖田艦長の言葉は怖いことに気づく。特攻礼賛的な。
hikonatsu

hikonatsuの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

この映画で音楽に目覚めた。
最後の突入シーンのBGMは今聴いても泣ける。
plaski

plaskiの感想・評価

3.5
千葉栄町東映にて。
テレビのオリジナルシリーズは見ていなかった。劇場版の一作目も見ていない。しかし、この頃学校のクラスメイト中で話題となっていたり、社会的にもブームになっていた。そしてこの新作にして最期となる宇宙戦艦ヤマトを見なければならない衝動にかられ観に行った。私にとってアニメの映画といえば、東映まんがまつりか、ゴジラ映画の付録的なイメージしかなかったので、一本の映画としてアニメを見るのはこれが初めてだった。もうこれは一本の超大作映画を見たような迫力で大満足。しかし、これで最期だったはずのヤマトはその後、何度も最期を迎えることとなる…
誠治

誠治の感想・評価

5.0
この間はなんだ?!
白色彗星の登場の正面カット、パイプオルガンに合わせたカット割だが荘厳過ぎて増長に感じない。
ラストのヤマトの特攻も遠く暗い闇の中に溶け込み、暫くしてからの爆発。
この間も素晴らしい。
今の時代では絶対出来ない作り方だろうな。
安彦がコンテ切ってるなんて知らなかった。
金田、湖川など、その後の人気作画監督たちが挙って参加しているのも新しい発見だった。
とにかく涙なしでは観られない作品であるのは変わりない。
ジュリーの歌が最近カラオケでお気に入り。
kazuki

kazukiの感想・評価

3.7
沖田艦長をはじめとする乗組員たちが感動的。
古代くんと森さんのラスト!!とても好きです!!!!
beplum

beplumの感想・評価

3.8
『2199』からの『2202』でヤマトにハマって今ちょうどシリーズをやってるので原典を見てみた。
発進に至る銅像前酒盛りとか発進のカット割とか2202の発進編でもほとんど同じカット割でやってておおーこれかーと思った。
雪の、俺が求める最高の女全部載せヒロイン感+仕事多すぎがややしんどかったが、時を経てブラッシュアップされたことを思えばかわいいものである。
山崎貴のスペースバトルシップの終盤の展開がほぼこれを踏襲しているため、あーこれ知ってるぞーと10年越しでネタバレされた気分。
旧アニメはまったく見てないのでキャラの愛着を育ててたリアタイファンは絶対泣いたろうなと思った。
白色彗星のテーマは重厚で好き。まさかのデスラーにはびっくりした。
2013年11月26日
ファミリー劇場HDにて鑑賞。
宇宙戦艦ヤマト劇場版第二作。
白色彗星帝国との戦いを描いた作品。
前作で死んだと思われていたデスラー登場やエンドロール後のファンへのメッセージ等のサービス演出。
題名通りにこの作品で完結するはずだったせいか、主要なキャラクター達の戦死に名セリフといった展開に当時のファンは、劇場で涙したんでしょうね。
毎回のお約束ですが、ヤマトの驚異的な修復能力には驚かされましたよ。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2008/1/11鑑賞(鑑賞メーターより転載)
30年くらい前にこんなサイトがあれば、文句なしに満点(かそれ以上)つけていただろう。もはやストーリーの出来とかそういうことをあげつらうことなく、自分もぼろぼろになったヤマトの一員になって最後の戦いへ...と行くべきなのだろうが、どうしても細かいところが気になってしまうあたり自分が本当に嫌で仕方がない(笑)。何十年も歴史に残る名作ではなく、あの時代に一番輝きあの時代を象徴した記念碑みたいな映画。
tohtan

tohtanの感想・評価

3.9
大学生の頃、昔からヤマトのファンで早朝から梅田東映に並びました。ストーリー展開よりもヤマトが重要であった単純な青年やったんです。スケールも大きくなりスピード感ある空中戦や地上戦、艦船が入り乱れての艦隊戦も迫力ありました。好きな作品です。