WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックスの作品情報・感想・評価・動画配信

「WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス」に投稿された感想・評価

風太郎

風太郎の感想・評価

3.0
血塗れ残酷映画でお馴染みの西村善廣監督による「衝撃のバイオレンス・アクション・ムービー!!(とパケ裏に書いてある)」

そうそう西村監督と言えばお弁当作って、ラーメン屋や蕎麦屋で麺を啜り、休日にはかっぱ橋でお買い物…。

って全然違う!!

思ってたのと全然違う!!
そりゃ~評価も低いわ!!

主人公の藤田恵名さんのアクションが酷い!!もっとちゃんと動ける人を使って下さい!!
そして全然喋んない!!喋ったらメチャクチャ棒読みだし…。(でもお食事シーンは好きです。)

内容は反オリンピック映画って事なのかな?日本文化紹介映画なのかな?だとしたら売れないアイドルとの件はいるのかな?全てが中途半端だった…。

ただ世界観や無駄なお食事シーンなど全体的には好みの映画でした。

あと花影香音さんと三元雅芸さんが出てたので、それだけで合格点です!!

でも絶対に人にはお薦め出来ない映画です!!
らいと

らいとの感想・評価

3.0
日本のカルチャーを外国人向けに紹介するような内容でなんか変な映画でした。

冒頭はつまらないと思ってたけども不思議とだんだん面白くなってくる。
奇をてらっていて、なんかちょっと気持ち悪い感じが個人的に刺さった。

こけし役の鳥居みゆきさんかわいい。
アマプラ見放題終了間近。

ストーリーは微妙だけど画が強くてみれた。こけしとサランラップの人が面白い。
KH

KHの感想・評価

1.4

このレビューはネタバレを含みます

ラーメンの食べ方指図されたくねぇ

私のお墓の前で戦わないでください。
リストカットは日本発祥ってこれもう日本下げムービーに見えた。
りあ

りあの感想・評価

3.0
スプラッターの間にキカのクッキング。
最初の数分我慢できれば、ツッコミどころ満載だけどだんだん面白くなる。ここのレビューで面白いって見て何言ってんの?って思ったけど面白かった。あとサランラップ推し。意味分かんないけど慣れたです。
こけし3人組も味があってイイ。
基本的にローアングル。
ナニコレと思ったけど、蠱毒の監督って見てなるほどってなった。雑なのか丁寧なのか分かんないけど癖になるです。他の作品に俄然興味がわきました。
藤田恵名ちゃんの歌が素敵。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

1.5
〖シャチェス映画祭2019〗
シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019で上映された作品で、不思議な作品すぎて止めた作品でした😱💧

2022年1,398本目(▲135)
2TOM

2TOMの感想・評価

1.2
2022年 : 142作目/劇場鑑賞:8作
※2022/6/4(土)
※Amazon Prime

開始数分で”挫折”が頭によぎる本作。何を伝えたいのか、描きたいのか理解できないまま低クオリティのエロ&グロを見せられる。これは苦行です。ラストに映画界で唯一であろう”ラップバトル”が見れたので、ようやく+0.2点。ガチでオススメできません。

このレビューはネタバレを含みます

劇伴はダサいし三元雅芸の使い方がそれでいい訳がないし。

イメージクリップの羅列では粗筋以上の物語も人物像も浮かび上がってこず感情移入なんざ出来ないし。

それ以前に、友達を救えなかった事と命令に服従する事に因果がないから主人公の怒りの感情の爆発はお門違い、完全にお口ポカーンフェスだし。

なにより主演の娘さんが格好良くも可愛くも撮れておらずただただ悲惨の一言。

こけし様の造形だけは映像としても楽しく奇妙、抜群のアイデアだと思いますし。

また、そば、ラーメンを不味そうに撮る事に関しては「ワイルド・スピード ジェットブレイク」にも負けず劣らず、皮肉にも作中で中指をおっ立てて見せたハリウッド級と言えますよね、と。
ある寺に鎮座する
攘夷思想👊の権化の思し召しを
実現するべく暗躍する女🌀・・・


なんでギター!!
持つとすれば
三味線とかじゃないの!?🤣🤣

いやーふざけた作品だなー。
こういう社会風刺と見せかけて
ただただふざける映画🌀。笑

全然関係ない外国人向け風の
日本の食文化紹介🍣が
延々と続いたり
とにかく節操が無くて
しんどいけど、
このやんちゃっぷりは
認めてあげたい!✨

2022.5.18
おもしろかった。
シンプルにサクッと観れるB級以下映画。(褒め言葉)
細かいツッコミは野暮なエンターテインメント。
まぁ マジメな人は怒るだろうな。
こーゆーノリやジョークを受け入れないのは個人の自由だが、必要以上に批判する人ってアタマが悪いんだろーなと思ってる。
アマプラではジャンルがホラーになっているが当然ホラー映画ではありません。
>|

あなたにおすすめの記事