ラーメンヘッズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラーメンヘッズ」に投稿された感想・評価

kuwa

kuwaの感想・評価

3.0
2歳半の息子のブームはアイアンマンとアンパンマン!
その為最近はなんでも「マン」を付けたがります。

ラーメンは「ラーメンマン!」
バナナは「バナナマン!」と

ここまではいいのですが最近…


「ピーマンマン!!」


息子よ、ピーマンはマン付けなくても良くないか…?


とみ田マンの全乗せトッピングマンでつけ麺マンを食べたい欲求でマンマンと…
いや違うか、そこは悶々とする作品でした。

















未だに信じられない。バカ殿の新作がもう観れないなんて
だっふんだ!!!!!!!!!!!
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.3
2017年 日本映画。人気ラーメン店 中華そば 富田を中心に人気ラーメン店の店主やラーメン作りを追ったドキュメンタリー。富田のラーメンへの強い拘りと各名店紹介が充実している。
saccharin

saccharinの感想・評価

3.8
映画っていうかほぼTBSのドキュメンタリー。
3,4年連続日本一になってるラーメン屋の富田さんについて。
やっぱ職人のこだわりは見てて面白いですよね。
さすがに朝6時に本店行って並ぶ気合いは無いんで近所の支店で食べてきましたけど勿論メッチャおいしかったです🍜
他の出てきたラーメン屋も食べ歩きするのが楽しみ🥢
本気の邦画より見応えあった。
ただナレーターがやる気なさすぎの棒読みすぎでまあまあムカつく。絶対素人だよね?ギャラもらってないよね?

ワシが男塾塾長江田島平八である!
あ

あの感想・評価

3.0
とみ田のドキュメンタリーだね

でも本当にラーメンが好きなんだな
私服のセンスはもやばい

ナレーションで松戸をディスり過ぎ笑

一度は店で食べて見たい!
kuroki

kurokiの感想・評価

3.4
松戸市協賛の感じがやばい
久々にとみ田喰いたい
築地の井上が懐かしくてしょうがない。クソうまかったからな
kmiyamoto

kmiyamotoの感想・評価

3.0
映画としてどう、ということはないけど
ラーメン好きとしては面白い。
関東の有名店は、人が多いだけあって異常な行列…そこまでの価値があるのか?と疑問に思うこともしばしば
千里

千里の感想・評価

3.8
知人に薦められていたが公開当時は劇場スルー。そして現在AmazonPrime会員特典にて無料で観れたので観賞。単なるラーメン屋のドキュメンタリーと言えばそうなのだけど、ラーメンにかける熱い想いや拘り、信念なんかが非常に良く伝わってくる良い映画だった。

日本一のラーメン屋「とみ田」を中心に見せつつ、いくつかの名店も紹介してくれる。本作終盤で、とみ田の10周年記念として、とみ田の他に日本トップクラスのラーメン屋である「飯田商店」と「Japanese Soba Noodles 蔦」の店主3人が合同でラーメンを作る企画には胸が熱くなった。

個人的には途中で紹介される古くからやってる「ラーメン 福寿」というお店がとても気になった。名人と呼ばれる店主さんは、時代のニーズに沿った現在の流行のラーメンの在り方も否定せず、その上でうちのラーメンは働く為に空腹を満たすことが原点だとしっかり信念を持ってらっしゃってとても素敵。「とみ田」は勿論、「ラーメン 福寿」にも行ってみたくなった。
ラーメンを作る店主、ラーメンをすするお客様を不思議と永遠に見ていられるドキュメンタリー
どこかのタイミングで一時停止押すと思います。ラーメンを食いに行くために。
上から3つ選んだみたいな人気店の店主3人で限定作ってるときのナレーション

「男たちは はしゃいでいた」





某有名店、店主のコメントより
「ラーメンなんていうのはさ
どこがどうとかおたくはどうのとか言ってもさ
そんなのはお客さんによって違うから。
医者と同じですよ
自分が合えばいいし合わなければヤブ医者なんていうのと。
みんな美味い美味いと言うけど
俺には合わないっていうのは
それは好きずきだよ
だからどこがどうのとかそんなのはどうでもいいんだよ」
>|