普通じゃないの作品情報・感想・評価・動画配信

「普通じゃない」に投稿された感想・評価

Hikari

Hikariの感想・評価

3.6
可愛い〜泣
終始全員何してんの?って感じなのにとにかく可愛い。癒された。
竜平

竜平の感想・評価

3.2
しがない清掃員の男がひょんなことから巻き起こす誘拐事件。やがて始まる正反対な性格の男女による逃避行。ユアン・マクレガーとキャメロン・ディアス共演のファンタジック系ラブロマンス。
ダニー・ボイルのハリウッドデビュー作とのことで、どことなく香る初々しさ、どことなくね。彼のひとつ前の作品『トレイスポッティング』と比べると「クセ」や「アク」みたいなものは少なめで、良くもわるくもなんだかスッキリしてる印象。今作の最大の特徴は上映開始からすぐ現れるファンタジー色。個人的には前情報をとくに入れずに見て初っ端から「なるほどー、そっち方向ねー」ってなった次第。ボイル作品にはこのファンタジー色が毎度ちょっぴり入るイメージだけど、今作のそれは濃いめ。というわけでここらへん好みの分かれるところかな。主役二人のそれぞれの性格だったり、そこで生まれてくる関係性だったりを軸にしてのやり取りや恋模様はシンプルにおもしろい。今作ではこのドタバタコメディにも似た様相がいいスパイスになってる。ただ、ファンタジックな設定とラブロマンスとしての旨味がそこまで混ざり合ってないというか、いや、もはや混ぜ合わせる気がないようなイメージ。言うなれば「力技」な感じ。後のダニー・ボイル作品にもたまにあるそれが今作では上手く作用してないように感じるし、終盤も意味がよくわからないってのが正直なところ。ただ今作のニュアンスというのは『スラムドッグ・ミリオネア』あたりにも活かされてるのかな、そーゆー流れや歴史を汲むとまた違う楽しみ方ができるのかな。
まぁ、そもそも恋ってそんな定義付けるようなもんでもないのか。そう思えばこの「よくわからない」感じも理に叶ってるのかな、なんてね。何はともあれ、軽めに楽しめる佳作。結局のとこ恋って愛ってなんなのよ。
Keiseihhh

Keiseihhhの感想・評価

3.3
ダニー・ボイルがトレインスポッティングの成功を受けてハリウッドで制作したラブロマンス。彼は「私なりのラブストーリーを作ったつもりだった」と言っているが、やはり当時の彼の嗜好、趣味そして性質にモチーフが合わなかったと思われる。主人公が銃撃を受けて、札束の入っているアタッシュケースごと、札束ごと吹っ飛ぶシーンやガソリンスタンドの店員に、お金が一時的に手に入ったからと言って「君は奴隷じゃない。君らしく生きろ」とカッコつけるシーンなど印象的な場面は多い。だがやはり制作スタッフの気質がハリウッドと一先ず合わなかったという感は拭えない。ダニー・ボイルのデビュー作「シャロウ・グレイブ」に戻った感もあり。彼が皆に楽しまれるエンターテイメントに気付くには後年の「イエスタデイ」まで待たなければならなかった。よってポイントはやや厳しめの3.3。にしてもダニー。オリンピック開会式でヤク中の青年がトイレを泳いでいるシーンを使っちゃダメよ笑
オープニングカッコいい。天使の世界は白いらしい。好きやで。キャメロンの画で、マリリンとケネディの間に子がいて〜って語りするの、そういうの好きやで。
Hani

Haniの感想・評価

3.4
ユアン・マクレガーxキャメロン・ディアスっていうだけで評価が甘くなった映画。すごく印象に残ってるわけじゃないけどわりと楽しめた。
ザ・90年代な映画。この頃はユアン・マクレガーよく見かけたね。観賞後ほんのり幸せを感じるこういう映画、嫌いじゃない😋💭
jun

junの感想・評価

3.8
記録

たまにファンタジー作るよね、ダニーさん!!

これは主演2人のキュートさが凄い!!
色々と普通じゃないけど!!
ハマったなぁ、シュールなとこ、カオスなとこ、とにかく普通じゃなかった笑
kaz

kazの感想・評価

3.6
ダニボ監督っぽくない気もするけど、なかなか良い塩梅のロマコメだと思う。音楽センスもさすがだし。
個人的にはカラオケのシーンが一番好きだったナ〜。🎤
キャメロンディアスもうちょい年行った方がかわいい説
よくわからへんかった
>|