アジャストメントの作品情報・感想・評価

「アジャストメント」に投稿された感想・評価

Mihoko

Mihokoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

人は決められた運命を歩んでおり、その運命の通りに生きていくよう調整されているという設定の物語。マット・デイモンが演じる主人公デヴィッド・ノリスはスラム育ちから政治家になった期待の若手議員。そんなノリスがある時1人の女性と出会う。彼の上院議員選挙敗北が濃厚になったタイミングで出会い、彼女との出会いによってノリスは皆の心を奪うような敗北宣言スピーチをすることができた。この彼女こそ運命の人だと思うのだけど決められた運命の上では彼女が運命の人ではないらしい。
現実ではありえない設定だが映画自体は現実離れしているわけではなく、こんな世界が裏であるのかも?と思うような作りだった。でも自分の未来が決められているのであればそれは実に面白くない世界だと思った。運命が決められているのであれば努力する必要もなければ何をすることにも気力がなくなりそうだ。監視員に『彼女と別れなければ彼女の夢は絶たれ、ただのバレエ教室の先生で終わってしまう』と言われたノリスが彼女のもとから去ってしまったことからノリスがいかに彼女に対して本気なのかがわかって、そして運命を知らされることの辛さが伝わってきた。ラストのシーンで、ノリスが脳を破壊されることを覚悟したときの演技は良かった。
この先どうなるかなんてやはり知らない方が希望を持って生きていけるし、アジャストメントできないことが運命の価値なんだと思った。
面白かった。
エミリーブラントが可愛いからか、、マットデイモンの気持ちが分かる気がした。
ラスト納得いかねー。説得力ねー。でもエミリー・ブラント可愛かったわ。
運命調整局が人類に関与する説明に妙に納得させられる。ただこの二人を結びつかせたくない理由には納得しづらい。エミリー・ブラントのダンスがけっこう良かった。
不可思議な事だけど、信じてしまう自分。嫌いじゃないストーリーでした。
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.5
運面調整局ね。

あるかもね。運命とか。
裏で「神」が関与してるw
けどぢゃないのね。
役所みたいな怪しい組織w

[NF_SF]
るなこ

るなこの感想・評価

3.0
このジャケットデザイン系どれもボーンシリーズみたいで分かりづらいね!
マット・デイモン×SFですきの掛け合わせ!細かいところ忘れちゃったけど、パラレルワールドものだったか、未来からきた的なやつだったか…運命に打ち勝つ!とかこういう設定のは永遠に見ていられる🤤
b

bの感想・評価

3.6
運命とは誰かに定められ管理されているものという全く逆の発想で、それを知ってパニクるマットが可愛い。
一目惚れをした相手を何年も思い続けるのは可能なのかわからないけど、運命に抗い続ける二人を思わず応援したくなる。どこでもドアな非現実さが良い
つぁぁ

つぁぁの感想・評価

3.0
運命が予め決められていて
別のルートに行こうとすると
調整局が修正しにくる

って発想はすごいいけど

その見せ方が下手で内容が入ってこない

主人公だけじゃなくて、第三者の運命を運命の書に照らし合わせながら実感させるとか、客観目線が欲しかったな
ダ

ダの感想・評価

-
ぼんやりとしか覚えてないが面白かった気がする、今度見直したい
>|