スターダストの作品情報・感想・評価・動画配信

「スターダスト」に投稿された感想・評価

チャーリー・コックス目当て。
またも純朴な青年役。
若き日の父親役がベン・バーンズだったのが俺得。

マシュー・ヴォーンとニール・ゲイマンが組んで作ったおとぎ話。
豪華キャストで金かけてるけど、いまいち楽しくなかった。
ロバート・デ・ニーロの女装が全部持っていったわw

ロン毛のマーク・ストロングや金髪のヘンリー・カヴィルなど珍しいものは見れるけど。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.5
空飛ぶ海賊キャプテン・シェイクスピアを演じたデ・ニーロがかわいくて最高!


今はもうない静岡ピカデリーにて。
2007.11/4 (90)通算1042
マシュー・ヴォーンの長編2作目は王道ファンタジーだった。ニール・ゲイマンの同名小説の映画化。ハラハラドキドキあり、わりとロマンチックな話。
しかもキャスト豪華。
スーパーマンになる前でムキムキしてないヘンリー・カヴィルが美しい。金髪だった。
ロバート・デニーロは海賊役だしミシェル・ファイファーは魔女だし、マーク・ストロングは髪の毛ふさふさロン毛。

王位継承、永遠の美貌を欲する魔女姉妹、恋愛を成就させたい青年トリスタン。
それぞれの事情で違う立場から流れ星に関連してうまいこと絡み合い話が収束していく。

途中で出くわす海賊がイイ奴でトリスタンの力になってくれたり、王位継承を争う王の息子たちが亡霊としてニヤニヤしながら王位の行く末を見守っていたりと、ダークになりそうなキャラがダークすぎないので子供にもいいかもね(ミシェル・ファイファーの魔女は子供には少し怖いかな)。

トリスタンの恋も王位継承もこんなはずじゃなかっただろうが、運命が導いたポジティブな結末でよろしいかと。
王道ファンタジーを手堅くキッチリ映画化したんだなという感じ。
ディズニーがやりそうな話だと思ったがドリームワークス映画。
Mogman

Mogmanの感想・評価

4.5
the映画!というようなベタなファンタジーだけど物語の完成度は高く、終始面白い。1つの流れ星を追い求めて想像もしないほど壮大になってく展開の面白さと、キャラクターひとりひとりの愛らしさが堪りません。キュンキュンしたい人には本当にオススメしたい。
本当に茶目っ気のある映画で、心から幸せにしてくれます。ぜひエンドロールまで楽しんでいただきたい。。。
字幕はもちろん、日本語吹き替え版も気に入っていて、何度もリピートしています。

私にとって、『まごころ』というワードが胸に刺さる映画でした。(個人的メモ)
安っぽいファンタジーなんだけどキャスト良いしキャラ好きになれる。結構好き。
一人旅

一人旅の感想・評価

3.0
デ・ニーロ出てるから観てみたけど・・・内容はいたって平凡なファンタジー。片想いの女性に振り向いてもらうため、遥か遠くに落下した隕石の星屑をプレゼントしようと決意した青年のお話。ね?いかにも中二病臭いでしょ?でもクレア・デインズ可愛いから許す!正装姿のデインズはほんと可愛い、ガッキー的な(違うか)。
原作はアメリカのコミックだそうですが、
何故、地表に落ちてきた流れ星が人間の姿になるのかとか、
何故流れ星がルビーを身に付けているのかなど、
謎は残ったままなのですが、長い原作をそのまま映画化したらスピード感が無くなるので、この端折り方は上出来だと思います。

敵役が複数いてハラハラさせられるし、
魔法も“これぞ魔法!”てな感じの物がSFXで繰り出されるので、
ほんと楽しい。

ただ、一夜の営みで子供が生まれたり、動物や人間を殺したりと、直接見せる訳ではありませんが結構残酷なところもあるので、小学校低学年位の子供と見ると、
「どうして?」「あそこはどうなってるの?」「怖い~!」
などと、質問攻めに合うと思いますので、楽しいけれど、小さいお子さんと見るのはお薦めしません。

でも、主人公の青年がちょっとおバカだったり、幽霊ブラザーズや、ゲイ趣味の船長が出てきたりと、大人が気楽に楽しめる、ちょっと毒っ気のあるファンタジーなので、夏の夜に肩の凝らない物を見たい人には最高だと思います。
mika

mikaの感想・評価

2.0
ベタなファンタジー映画。
ストーリーがベタな分、映像でカバーできてたのかもしれませんが、DVDではそれも効果がなかったわけで・・・。
ただ、大物揃いだったのが救い・・・かな?

一番の見所は、ロバート・デ・ニーロとミシェル・ファイファー。
この二人の大物俳優の捨て身な演技は、必見の価値ありです。

ロバートデ・ニーロのちょっとあふぉっぽい女装、ミシェル・ファイファーの変貌(老化)ぶり。
これは、実に見ごたえがあった。
2007年 アメリカ イギリス アドベンチャー/ 冒険

人間だから夜空を見上げるのか?

星を見上げるから人間なのか?

今でも二人は夜空に幸せに輝いているな映画。
べん

べんの感想・評価

2.0
ほとんど覚えてないがたまにマシュー・ヴォーン節が炸裂してて良かった記憶。
>|

あなたにおすすめの記事