フロム・ダスク・ティル・ドーンの作品情報・感想・評価

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」に投稿された感想・評価

Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.0
キル・ビルきっかけでクエンティン・タランティーノにハマって観てた時期があって、パルプ・フィクション、本作と観て、余計好きになった。
むしろこれがタランティーノの本領かと。
事前知識無しで観たもんだから、してやられた感がかなりあった。良い意味で。
N村

N村の感想・評価

-
タランティーノさん、雰囲気完璧でさすが
結構無茶苦茶で驚く
ティル、ドーーンッってかんじ
shiro

shiroの感想・評価

3.9
かつてタランティーノ関連にハマった時期がある。
そのきっかけになった作品。
こんなに、してやられた!と思った映画は無い。
その気持ちを共有したくて友人に勧めまくった。

「内容は話せないけど、お願いだから見て!」
KANMATE

KANMATEの感想・評価

3.4
あぁ、こいつはやべえやつ。そんなタランティーノがたくさん堪能できる。そこら辺の映画みたいな展開がドンときて動揺。すっと、別の映画を差し込まれたようなでも、30秒くらいでそっち系統に自分が換装備できる。一度に二度美味しい。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
前半はよくあるクライム・ロードムービーで、後半は一転…。あまりに有名な話ですが、予備知識なしで観たらどんなに驚いたことでしょうねぇ。「あれすごかったよね」と誰かと語り合いたくなるという意味で、ネタ的に最高の映画だと思います。

ジュリエット・ルイスの「戦う美少女」っぷりも眩しかったし、個人的には、昔たまたま観たDetroit7というバンドのライブでかかっていた下品なSEの元ネタがこの映画だったことにも驚くやら、懐かしいやら(あのプッシーを連呼するとこ)。ほんとネタの宝庫。

「トゥルー・ロマンス」といい、タランティーノは脚本だけ参加した映画のほうが好みかもなー。
Ayuns

Ayunsの感想・評価

3.2
B級映画を全力で作った映画とおもう

くだらないけど、ぎり最後まで楽しめた
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
‪「フロム・ダスク・ティル・ドーン」‬
‪本作はQ.Tが脚本を…R.Rが監督を。ガキの頃に観てT.S扮するセックスマシーンの股間銃の格好良さ、Q.T扮する気狂い兄弟やクラブの空間で吸血鬼と試行錯誤しながら戦うシーンが好きで何回も観てきた。今観直しても強盗殺人の逃亡劇から非現実的に変わる物語も最高。‬ロバートロドリゲス監督の作品の中ではパラサイトやdesperadoと並び好きな作品の1つ!
ANAMI

ANAMIの感想・評価

5.0
やりたいこと詰め込んだ最高の胃もたれ映画!!!
前半と後半で全然違う映画になってるし、忙しすぎて疲労感が凄い。
でも癖になっちゃうのは、股間から銃が出てきちゃうせいかも。
予備知識無しで見て欲しい。タラちゃん大好き!
途中で気づいたけどやっぱりこれみたことあった。
怒涛の後半を見終わる頃にはシリアスな前半を忘れているっていう。
このジョージ・クルーニーは最高にかっこいい。
そして家族を失いながらもタフにふるまうジュリエット・ルイスは90年代を代表する女の子だ。
tori

toriの感想・評価

3.7
「1粒で2度おいしい」
グリコ アーモンド・キャラメルのような映画
>|