ジョーカーのネタバレレビュー・内容・結末

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

演技力恐ろしい、本当にすごい。
街も人間も醜くて、アーサーが可哀想で、苦しくなって、強烈に感情移入して鬱になる。
アーサーが真に純粋だったからこそジョーカーは生まれたんじゃないかなあ、悪者も誰かの主義でいえば正義のヒーローなんだよねえ、善悪ってなんだろう!
光と陰の使い方で心がえぐられた。
解放されているんだろうなというシーンにことごとく美しい光が差し込んでいてしんどかった。でも何かを見つけたんだよね。解放されているのを見るとうらやましい。

町山さんが『ダメな人間に優しいのは映画だけ』的なことを言ってたってどっかで前に見たけど、『だけ』かは置いておいて、めちゃめちゃたくさんの映画がある中で、本当に映画に救われている人って多いとおもうし、どんな映画でも誰かを救っているかもしれないな〜!と思うので、今後も攻撃的なレビューはしないように気をつけようと、おもう!





っていうのが観てすぐに書きなぐって下書き保存しておいたレビューで!

1000マーク目は刺さりまくった映画にしようと思っていたのでがんばって調整した😋マークする映画ためといてよかった笑
地位や名誉のある者の死には人々は悲観し、そうでない者の死は取り立たされず、人知れず死んでいく。
そんな社会に悲観したジョーカーは怪物になっていく。
Movix

最初のタイトルが画面いっっぱいにドーーン!!って出てくるのがたまらなく大好きすぎる
バットマンだな、あの子ってなった瞬間は割とトリハダ
アメコミ。
「ジョーカーの誕生」を描く。

「カリスマ」とは…預言者・呪術師・英雄などに見られる超自然的・または常人を超える資質のことを指す。

今作のジョーカーは殺戮者ではなく、
「アーサー・フレック」というゴッサムシティ下位層の住民の人生である。
悲惨な人生の中でも、コメディアンになることを夢見るアーサー(ホアキン・フェニックス)。

ピエロの化粧は素顔を隠すためではなく、女性の化粧と同じ。
アーサーの「喜劇」の人生を表している。
「今」が楽しいから「笑っている」のである。
ピエロの仮面を捨てたのは「偽り」の人生とおさらばする為。
「アーサー・フレック」との別れ。

そして階段を踊りながら下るシーン。
人生を「堕ちていく」。自ら楽しそうに「選んだ」のだ。
フランク・シナトラ「that’s life」に乗せて
「これが人生」と言わんばかりに。
他人に批判されようが、彼の「主観」では「コメディー」なのだ。

「アーサー」がジョーカーだったのではなく、
「ゴッサムシティ」が「ジョーカー」という「カリスマ」を生み出し、
結果、アーサーがジョーカーと「呼ばれる」ようになっただけで、
もしかしたら別の誰かが「ジョーカー」になっていたのかもしれない。
ホアキン・フェニックスの圧巻の演技。
もう笑わないで…と思わざるを得ない。

「幸せなんて一度もなかった」と言うジョーカーが辛い……

「おかしいのは俺か?世間か?」
これからずっとジョーカーは悪役なんだと思ったらなんか凄くやるせない気持ちになった……
 音楽が痺れる。

 ダークナイトに出てくる悪のカリスマジョーカーというよりも、ジョーカーになる前のアーサーに焦点を当てた物語。だからテンポ良く残虐な殺人シーンが多く描かれるのではなく、暗いシーンが続く印象。個人的にノーランバッドマンを見てから本作を見るのをオススメする。

 泣いたような顔で笑うホアキン・フェニックスの演技がすごい。

 ラストシーンがダークナイトの始めのシーンと繋がっていて個人的に理解しやすいオチだった。

 物理的に人を殺す事だけを殺人と言うのではなく、心を殺すことも殺人になるんだろう。心を殺された後に自分を殺すという選択肢をとってしまう人もいれば、その矛先が他人に向かう選択肢もある。アーサーの場合それが後者であり、悪のカリスマになっただけの話で、現実世界にもそう珍しくない話ではないだろうか。
15分で観るのやめた。
よく15分も観れたよ。
偉い、自分。
こんなクソみたいな映画二度と制作するな。
劇場で観たけど、一番続々したのは地下鉄で初めて殺人をした夜のこと。
それまで平凡な市民だったのに突然殺人犯になった、その日常が崩れる瞬間が一番リアルで恐ろしいなって。
あと喫煙者の人はタバコ吸いたくてたまらなくなりそうだから劇場鑑賞はおすすめしません。受動喫煙でお腹いっぱいってくらい吸ってました。ジョーカー万歳。
美しい映像と芝居の凄みに惹き込まれた。

こういう映画を観ると自分もいつどう踏み外すかわからないので怖くなる。
不可抗力の辛すぎることが重なったときにおかしくなってしまった人を誰が責められるんだろうって。
国や人種や生まれや、運で左右されることというのはとても大きいので。

ただ映画の中でジョーカーよりも社会的に恵まれていない人というのが意図的に沢山配置されていて、
だけどジョーカーの視点では全くそれが目に入らず常にベクトルが自分にしか向かない。
他者を常に、自分をどう満たしてくれるか、そうでないかというところでしか見ていなくて
自分に優しくしてくれる人に対してすら、それを理解しながら嘲笑と加害の対象にしてしまう。
他の辛さを抱えてる人に思いやりを持てない。共感性が異常に低い。

お前そんなんだからそういう風になっちゃうんだよって思った部分も。
だけど世の中そういう思考の人が想像以上に多くて、
映画としてもジョーカーを決して肯定的に描いてはいないはずだが、
そうは受け取っていない人の感想をちらほら見かけて怖くなった。

作中でははっきりと曖昧さや不確かさを描いているが、
価値観によって受け取り方が大きく違うということの恐ろしさというのは日常に直結していると映画を通して改めて思い知らされた。
>|