メルシィ!人生の作品情報・感想・評価

「メルシィ!人生」に投稿された感想・評価

好きな俳優が複数出ていて楽しめた。
逃げた奥さんの行方と、見学者増加のその後が気になった。
komo

komoの感想・評価

4.3
コメディと呼ぶにはテンポがまったりとした、しかし断片的なワードや映像があまりにも強烈な社会風刺ドラマ。
地味な主人公と過激なネタの掛け合わせが面白く、新しい世界と触れ合う主人公に勇気をもらえます。
LGBTを題材に取っているので社会的なメッセージ性も見受けられるのですが、押しつけがましい教訓めいたものはないのでライトに楽しめるかと思います。
人間が社会的に救済される過程や人生の逆転劇が観たい、でも壮大な物語を観る気分ではない、という時に持ってこいな映画です。
A

Aの感想・評価

3.6
フランス映画って独特だよなぁ…
「あれが……品質検査です」は笑う
あとコンドーム帽かぶるDaniel Auteuilは可愛い
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.1
良い意味でフランスフランスした映画。ただのレインボー映画にとどまらず、うだつの上がらないおっさんが、ゲイだったというだけで全てが好転すると言う、現代への凄まじい風刺まできかせてあります。ゲイではないと言う立場からゲイを持ち上げる人々へのカウンターパンチでもあり、それでいて単純に楽しめるライトなタッチに仕上げてくるあたり、上手だなぁと思いました。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20140503
おっもしろかったー!主人公にとっては最初は不本意な偽りだったかもしれないけれど、どんどん現状が良くなっていくのは見ていて気分がよかった。ちょっとそんなにうまくいく?!とも思ったけどwサンティニは可哀想だった〜確かに最初は差別する、いやな奴というかガサツな奴だったけど、それゆえに?からかわれて巻き込まれた感がすごい。離婚しちゃったし奥さんも可哀想だなって思った。でも軽くて笑えて、でもなんか学びがある、良い映画!尺もくるっと綺麗にまとめられていてとてもよかった。レンタル
冒頭の集合写真のくだりが印象的。
列の端っこにいて、写真の枠の都合で全員写らない。他のみんなが写ればいいから…と自ら身を引く主人公。

いい人なんだけど、家庭でも職場でも軽く見られがちでやがて失敗する…

現実にもこういう人いるなぁーとつくづく思う。

そんな主人公が自分の人生を取り戻すべく奮闘する…わけじゃなく、たった一つの嘘で周りが勝手に変わりはじめる
という話。
hm

hmの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

コンドーム会社に勤める主人公が性差別を駆使して奮起する話。
フランス語で見たけどなんとなく理解。
日本と価値観が違いすぎて結構楽しめた。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

変わるのは他人が君を見る目だ

_
それも一つの“ゲイ”だね
あっちのゲイじゃないぞ

はっきり言ったら?トマトとバジルのパスタは嫌いだって
嫌いなんじゃないよ
じゃあ何?パスタが嫌いじゃなければ問題ないじゃない
言い方が嫌なんだいつも皿を持ってこう言うんだ
トマトトバジルノパスタッ!

・冒頭にスコスコこねっこチャンを出してくれたので大好きです
 カーテンのぞいてちょっとベールみたいになっているのクソクソ可愛いことこの上ない
 この時期のオーラをまとったようなホワホワした感じ大好き🤤表面のツンツコした長めの毛だけホワワ〜っと撫でたい
・ジャンピエールときたらぽるぽるくーんじゃないのか
 ベロンさんだった👅
・ダニエル・オートゥイユって顔の感じがダスティン・ホフマンっぽい
・作中に出てくる惚れた相手が実の父親だったって映画なんだろう…きになる…
・上司に服を脱がされるシーンと、チョコレート持って行った時の怪しい音楽が🤣🤣🤣

見ているうちにフェリックスがだんだん可愛く見えてきたwww
ピニョンの同僚の二人も所謂女の“ヒステリー”だったけど、単純で可愛い

なんだかラストが急ぎ足に感じた
Koheii

Koheiiの感想・評価

3.5
ピニョンっていう主人公の名前が面白いです。ヨーロッパコメディ感あります。
【退屈な人生に刺激を求めた男の物語】

もっとぶっ飛んでいると思っていたが、フランス映画ということで抑えめでした。
コメディというよりは社会派の映画です。

会社でお荷物扱いを受けているピニョンがリストラに。
そこでピニョンは隣人の教えによりゲイだと嘘のカミングアウトを。
性差別を楯にしてクビを繋ぎ止める。
さらに周りの社員の扱いも徐々に変化してく…。

短いのでさらっとしてましたね。
性差別や人種差別について問題を投げ掛ける先進的な映画でした。
>|