ラスト・プレゼントの作品情報・感想・評価

「ラスト・プレゼント」に投稿された感想・評価

Yosuke14

Yosuke14の感想・評価

5.0
芸人さんじゃなくても自分の仕事を応援、サポートしている奥さんを大事にしたいものです。
それが分からないように生活していても。
sunja

sunjaの感想・評価

2.8
ベタベタのストーリーなのに泣きに泣きまくった
イㆍヨンエの透明感が際立つ作品
ゆん

ゆんの感想・評価

3.7
すんごいベタな設定やし展開もわかりきってるのに、ボロボロと涙が溢れ出してくる。お互いの相手を思うが故の言動が歯痒くてもどかしい。すごく感情移入してしまった。

で、また詐欺師2人がいい味出してるし、何回もええ奴かよ〜〜と突っ込んでしまった(笑)

韓国の恋愛もん好きやな〜〜
たいら

たいらの感想・評価

5.0
嗚咽部門第3位。

泣きすぎた。これも曲がかかるラストで嗚咽して泣いた。こういう感動モノって、サスペンスと違ってまた泣けるからいい⭐︎
売れない漫才師ヨンギと難病に冒されたジョンヨン夫婦の話。
妻ジョンヨンは夫ヨンギに負担をかけまいと病気の事を隠して気丈に過ごしているのだが。。。
お互いの事を大事に思っているのに、素直にならない2人の会話がもどかしい。
後半、泣けて泣けてしょうがなかった。
ヨンギの必死の演技とそれを見守るジョンヨンの気迫がすごかった。
ジョンヨンの子供時代の人捜しをする詐欺師2人も最高。
詐欺師なのに人情味に溢れてる!

とにかく、2000年代前半の韓国純愛映画は本当に良い!
ぶぶこ

ぶぶこの感想・評価

3.5
ストーリーは、ある意味御涙頂戴のありきたりなもの。でも、イ・ヨンエ様の美しさと、脇役がいいですね。
売れないコメディアンと、病魔に冒された妻。

気丈に振る舞う妻の、隠されたある秘密。

イ・ヨンエの儚げな美しさ。

夫を叱咤激励し、時に愁いの表情を見せるその姿が胸に迫る。

お人好しの詐欺師コンビが、また泣かせてくれる。

キャスティングの妙が、映画に深みを与えていると思う。

ただ、クライマックスシーンが某作品に似てなくもない。

そんなマイナス部分も、役者の演技力でカバーされている。

ベタなストーリーだが、優しさに溢れた佳作。
序盤★3.5 中盤★3.5 終盤★3

「貧しい夫婦がクリスマス・プレゼントに、夫は長く美しい髪の妻のために鎖はない本体だけの懐中時計を売って櫛を買い、
妻は夫のために髪を切りそれを売って懐中時計の鎖を買う…」っという『互いの思いやり』を描いたええ話しがありますが、これもそんな感じかな。

もちろん実際には『本当の事』を正直に言ったり、『分かりやすい優しさ』の方が相手には伝わりやすいんですが、
フィクションの世界では観客は俯瞰で物事を観ているので『互いを想う故での優しい嘘や分かりにくい思いやり』にも気づけ、そこが琴線にも触れるのだと思います。

以前初めて観た時はそんなに感動しなかったけど今観ると良かった。😭
当時は『猟奇的な彼女』で韓国映画には注目していて韓国ドラマは観てなかったけど、
今は韓ドラも相当観ているのでキム・テヒやコン・ヒョジンが出ていたのに気づき驚きました!

後半の盛り上げをもう少し静かな演出にしてくれれば涙腺爆発やったかも。。。

2017年195本目(再見)
この頃の韓国の恋愛映画にありがちな死別物で、またかっていう感はあるけど、ティッシュどんだけ使うんだってぐらい泣いてしまった。
依緒

依緒の感想・評価

5.0
ふたりともどうしてもっと早く素直になれなかったのだろう…
お互いを思いやる心はとても深いものだったのに。
だからこその、珠玉のラブストーリー。

ある冷めきった夫婦を『笑い』と『哀しみ』の真逆のものを通して、ふたりの本当の心と美しい愛を描く。

とにかく中盤からずっと涙。涙。涙。
そして号泣…とまらない涙。
この腫れた目でこれから会社にいく私。

こういう映画を作らせたら、韓国に勝るものはないと思う。

O・ヘンリーの【賢者の贈り物】と【最後の一葉】をふと思い出した。
>|