あの日、兄貴が灯した光の作品情報・感想・評価

あの日、兄貴が灯した光2016年製作の映画)

형/Hyung/MY ANNOYING BROTHER/兄貴

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:110分

3.9

あらすじ

柔道国家代表のコ・ドゥヨン(D.O.)は試合中の事故で視力を失ってしまう。それを知った詐欺前科10犯の兄 コ・ドゥシク(チョ・ジョンソク)は、弟を出しにして刑務官の前で涙ながらの名演技を披露し、期限付きの保護者として仮釈放される。15年ぶりの感動の再会のはずが、それまでの憎しみをぶつけ合うふたり。そんな中、ドゥヨンは兄が作る食事さえ受付けず栄養失調で倒れてしまう。「俺に迷惑かけずに死ねないなら、…

柔道国家代表のコ・ドゥヨン(D.O.)は試合中の事故で視力を失ってしまう。それを知った詐欺前科10犯の兄 コ・ドゥシク(チョ・ジョンソク)は、弟を出しにして刑務官の前で涙ながらの名演技を披露し、期限付きの保護者として仮釈放される。15年ぶりの感動の再会のはずが、それまでの憎しみをぶつけ合うふたり。そんな中、ドゥヨンは兄が作る食事さえ受付けず栄養失調で倒れてしまう。「俺に迷惑かけずに死ねないなら、生きるんだな」と非情な言葉をかけるドゥシク。しかし、ある時、ドゥヨンが話した言葉を境に、ふたりの15年間の葛藤は段々と解けて行くように見えたのだがー

「あの日、兄貴が灯した光」に投稿された感想・評価

ゆー

ゆーの感想・評価

4.0
ギョンスや。。
韓国の難病モノジャンル映画です。

ベタな話と言えばそうなんだけど、兄貴の不器用ながらも弟を気にかける様子にとにかく感動させられます。

終盤、自分が居なくなった後の弟が困らないように、手作りで家をバリアフリー化したりする場面なんかに、兄貴の不器用な優しさが見えてました。
弟も最後はしっかり立ち直れていて良かった。

登場人物たちも悪意がある人とかは全く出てこないので、終始嫌な気分にならない作品です。

派手なラブシーンも無いし、ちょくちょく笑える場面もあるし、誰にでもオススメ出来るほんといい映画でした。
るび

るびの感想・評価

4.0
「あの日、兄貴が灯した光」鑑賞
刑務所を出所したばかりのチンピラ兄貴と盲目の弟との今時珍しい位ベタベタなストーリー。この展開5万回は観たわって思いながらもまんまと泣いてしまった…これは「あの日、弟が灯した光」でもあったわけね( ; ; )
人生はやり直せる、そんな希望を見出せる1本。
coco

cocoの感想・評価

2.8

展開は始めからなんとなく分かりきっていたし、
病気ものとかあんまり好きじゃないから、
最後までちゃんと見れるか不安だったけど、、、

ヒョンの面白みがありながらも力のあるセリフとか行動とか、、よかった。


ヒョンの病気を知って泣きながら帰ろうとする姿と
ヒョンが作ってくれた家で1人でちゃんと生きる弟の姿にすごく感動した

あと、エンディングの歌がすごく好きで最後まで聞いちゃった




ただ最後まで、パクシネちゃんのコーチ役に馴染めなかった、、
c

cの感想・評価

3.7
ギョンス、いい演技する.....ヒョンが病気で死にそうということを知って泣きじゃくるシーンは本当に良かった...お涙頂戴映画だけどユーモアもあって良かった。ジョンソクさんも最高。
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.8
この2人の共演は見なきゃ、と思い見た。
ストーリーも良くて、悪のお兄さんが弟のために努力していく姿が良かった。
最後のお兄さんの弟に対する愛情がとても感動的。
韓国へ向かう機内で鑑賞。
周りに人がいるにも関わらず、泣きそうになった…
もう一回1人でゆっくり観て思いっきり泣きたい笑
キャストがとりあえず豪華
Okazaki

Okazakiの感想・評価

4.2
うちのギョンス演技最高だよ

このレビューはネタバレを含みます

涙無くしては見れない映画。
何も知らずにさらっと機内で観ようと思ったが最後、後半は泣きっぱなし。嗚咽が出るほど。
最初のクズっぷりの兄、意固地っぷりの弟の絆がどんどん深まっていく。試合前の最後の電話、いいね。すごくいい。シバラマ兄貴の体調が凄く悪い…あそこ涙が止まらなかった。
ラストの試合の決め方は思ってた勝ち方じゃなかったけど、、、。何でこんなに泣けるんだろうか。観てよかった。

あの日兄貴が灯した光
>|