ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

Tatsu

Tatsuの感想・評価

3.0
みなさんおっしゃる通り、とにかくいい話です。
ただ、最期だからと死ぬ前に無茶なお願いや自分勝手な振る舞いは適度にするべきと思います。
この映画のように周りの人も気遣わなきゃいけないので大変です。
主人公みたいに普段から楽しむよう、または楽しませるよう行動する人なら大目に見てもらえると思います。
あと、やっぱり大杉漣さんが亡くなられたのは本当に惜しいと感じます。
つん

つんの感想・評価

1.8
くさい…演技がくさくてだめだった、
気づいた、吉田羊が苦手なんだ私。

でも
夫婦喧嘩のシーンはなかなか。
空気感が伝わるくらい
リアリティがあった。

あとは全く感情移入できねぇ。
みんな聖人すぎる。
地上波で鑑賞。そりゃ〜泣くよ、っていう夫婦愛の良い映画。
登場人物全員良い人のやさしい話。
すみれ

すみれの感想・評価

4.7
テレビでちょうどやってて偶然みただけど、めちゃよかった!!!
予想以上にすごく良くて....
こういう類の話は普段見ないけど、全然暗いシーンがなく、心が温まった。
2、3日このことばかり考えていた。
Marie

Marieの感想・評価

5.0
良い話だろうなあと思ってたけど、期待以上によかった。役者の演技も素晴らしいしストーリーもテンポいいから中だるみしない。ラストも納得でした。本当に号泣した。見るべきです。
さゆ

さゆの感想・評価

3.9
浮気するなら妻と浮気したいぐらい愛してます
ってゆうセリフが1番好きでした。
かほ

かほの感想・評価

4.0
泣いた。とにかく泣いた。
終始泣いてしまった。

こんなに相手を想えたら、想ってもらえたらしあわせだろうなぁ
だいち

だいちの感想・評価

3.5
病める時にこそ、とびきりのユーモアを❗

時々、泣きそうになった。あまりにもたくましく生きていて。
病気になったこと自体は、とても辛くて受け入れにくいことだけど、それがきっかけで本音でぶつかったりまた夫婦二人で出掛けたり、描写がとても微笑ましかった。

ドア越しに話す二人が、とても痛々しかった。

所々にとてもドキッとする描写が多かったです!
主人公の独りよがりな願いをよく周りは受け入れるなぁと思ってたけどラストで納得できた。
1つの愛のある夫婦の形

あんなに相手を思って生きられれば幸せだろうなと思った
>|