ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

か

かの感想・評価

4.0
ありえんほど泣いた。
映画館で観なくてよかったー。(笑)

登場人物みんな良い人で溢れてる。

こんな結婚したい。
陽一郎くん、絶対に素敵な大人になれる。
パパのために笑う。とか、
僕がママを守る。とか。。
受験しようと思ったきっかけがもう泣けた。

つらい時こそ笑おう。
[世の中に起こることを楽しいに変換する]

公開してすぐ見たのにレビュー忘れてました😩

賛否両論の作品ですが僕は好きです
嗚咽出るぐらい泣いて前に座ってた老夫妻にめちゃくちゃ顔見られたのも今になっては良い思い出。笑

吉田羊に幸せになってもらうために嘘つきまくるシーンはもう涙無しでは見れないです
愛情の大きさに感動するけどちょっとやり方不器用なのも人間らしくて好き

物語の設定を受け入れられるかで評価がかなり変わってくると思うので途中でこんな設定有り得へん萎えたって思った人は再生停止した方が良いと思います🙋‍♂️笑
MKN

MKNの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

個人記録

えー。芝居だったのか。

愛し愛され夫婦を目の当たりにしてタイゾーはどんなキモチで新しい家族作ってくんだろうと思ってたら、夫の最後の願い叶えてくださいだった。

あ!!スイカ丸かじりか!!
夢叶えますか!!

くぅ、最初に言われてたか(>_<)

癌を告げられた時の高島礼子の顔見てもう泣きそうだった…

そっかぁ、家族っていいなぁ
想える人がいるって幸せな事だなぁ
a

aの感想・評価

3.7
自分だって家族と一緒に居たいだろうに、
残された時間で、
家族の未来を幸せにできるように奮闘する姿に泣ける…
そして、できた妻。吉田羊。最高。
全然暗くなくて、ドラマっぽくて見やすかった。
吉田羊も陽一郎くんもつよい人で、泣きっぱなしだった。陽一郎くんに残した手紙がほんとに素敵だった。
どんなことも、楽しいに変換する
kura

kuraの感想・評価

3.4
そんなに期待せずの観賞だったけど、予想以上に良かった

吉田羊は良い演技するなぁ
jaky612

jaky612の感想・評価

4.3
泣きまくりだった。でも妻帯者で男の子がいる。そんな境遇の方なら。独身者ならこういう結婚に憧れるかもしれない。でも、現実はそんなに綺麗なものではない。それでもこの映画には夫婦関係の本当の大事なものが詰まってる。私も結婚して今年で20年になるが、そういう方にぜひ観てもらいたい。自分の命を使ってもいいから生きて欲しい、そう思えることの素晴らしさを実感した。織田さん、吉田さん、素晴らしい演技でした。ありがとうございます!
singer

singerの感想・評価

3.2
主人公の気持ちは良くわかるし、
ここまで考えて、実行に移しちゃうというのが、いかにも映画的だと思いました。
そういう奇想天外な事だからこそ、
映画として割り切って観れたし、
改めて、家族を残して自分が去る時、
どう思うかを考えさせられました。
自分も、ちょっと風邪を拗らせたり、
健康診断を受けたりする時、この作品の主人公のような気持ちになったりするし、
とても身近なテーマだっただけに、
感動もありましたね。
でも、ラストシーンより、何気ない家族の楽しそうなひと時の方が、個人的にはグッときました。
masa

masaの感想・評価

2.5
最初はなんてタイトル?!と思ったけど、観ていくうちにじんわり暖かくなる作品。実際には織田裕二みたいな旦那さんはいないと思うけどね。
余命宣告された男が自分の亡くなった後の家族の幸せを考えて、自分の妻に新たな夫を用意するというハートウォーミングな物語。小説→舞台→BSドラマ→映画と展開しているだけあって物語はどれを見ても泣ける。ドラマ版を先に見ていてウッチャンがピッタリだったので男前の織田裕二はどうなんだろう?と思ったけど、結果 織田裕二 をはじめ他のキャストもとても良かった。話もドラマ版より映画の方が好き。
>|