ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

manaka

manakaの感想・評価

3.0
三分の一過ぎたあたりからずっと号泣してたー

めっちゃ泣いたくせに色々言いたいこともある(笑)とりあえず息子役の子の力量不足が否めないーーーざんねん。吉田羊さんがスゴすぎてその隣で演技する子役くんが浮くーーー(>_<)ざんねん

もう二度と観ないだろうけど、でも泣けました。
泣けた。
登場人物が全員善人。
ただ、泣かそう泣かそうという押し付けがすごく感じられた。
良い映画だったのだけど、
もう1度見たいかと言ったらそうでもない。不思議な感覚。
Sally

Sallyの感想・評価

3.5
登場人物が思いやり同士。原田泰造さんみたいないい人いるのかな。羊ちゃんの芯の強い役もまた沁みる。
あした

あしたの感想・評価

3.5
まず、タイトルに心惹かれました。

「え?なんじゃこりゃ?」

って!
観たら、やっぱり面白くて最近の少女漫画の映画化したやつよりずっーといい作品でした。
でも1つ予想外だったのは泣いてしまったこと…
ポロポロ涙がでましたね。
びっくりです。

爆笑も号泣もしないけど、ちょっぴり笑えてちょっぴり泣けて…

例えるならお茶漬けみたいに軽く観れる(良い意味で)映画でした!
kyo

kyoの感想・評価

4.0
キャストが良い!
物語も良い!
織田裕二の切なさが良い!
吉田羊と子役も良い!
原田泰造の役も素晴らしい!
良い映画でした!
つんつ

つんつの感想・評価

3.2
割と先の読める話だけど、
普通に感動する〜!!
妻大好きらしいが
完全に方向間違えてるような。笑
妻に対する想いのセリフが良い。
yy22

yy22の感想・評価

-
2018 WOWOW
原作:樋口卓治
中島美嘉 "Forget Me Not"
あいり

あいりの感想・評価

4.0
泣きまくった😢
みんな優しくて、悲しいけど、ほっこりする映画
いい映画
mi

miの感想・評価

3.4
優しい映画だった
楽しく、変換できるように生きようって思った
泣いた
さかす

さかすの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

●2018/05/03

いろんなレンタルDVDの予告に出てきて気になっていた作品!
原作は未読です。

時期が時期が時期なので
「膵臓癌」って聞いて
きみ膵を思い出した。

膵臓癌って
そんなに年代性別関係なく
なりやすい病気なのかって
思いました。

2,000万の借金かかえていたわりには良いところ住んでるなーって思った
どうやって借金返したのかも気になったね。

原田泰三めっちゃいいやつ!
吉田羊の良い妻っぷり最高!
陽一郎もいい息子!

なんだこの幸せを絵に描いたような家庭は!って思った。

だからこそ、織田裕二は「企画」をしてでもこの幸せを壊したくなかったんだろうね。

でもまあ周りの人巻き込みすぎ(笑)
妻と離婚しようと、人気アナと不倫してる演技してたのに、それを週刊誌に撮られるとかアホすぎる(笑)アナウンサー側はましでとばっちりうけたよね(笑)可愛そう。

あと知多さんもなかなかの博打好きだなーって思った
共犯って…自分の人生にも影響しそうだがね。

大杉漣さんの演技最高だった。
素晴らしい上司だなって思った。

終盤にかけての
涙腺崩壊は免れないですね。
擬似結婚式のシーンから
ウルウルきてました。

ヴァージンロード歩いてる姿みるとポロポロ泣けた。

陽一郎への手紙はもちろん泣けた

さすが放送作家の妻だなって思った。企画を逆手にとって、妻が企画していたなんて、すげーって思った。

結局は、妻の企てで、妻と原田泰三とが共犯になって、夫の企画をさらに企画していた。
原田泰三最後までいいやつ!

エンドロールも泣けた!

そうそう、手紙の最後の「お母さんに伝えて…」は最高に泣けました。
>|