ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

mskir

mskirの感想・評価

3.3
吉田羊の妻がとても良く、それだけで観て良かった。内容はあまり現実味ないシナリオだが、こんな愛の形を持つ人もいるんだろうとフィクションに感謝。
原田泰造の演技も素晴らしく、両脇が印象的な作品でした。
ともも

とももの感想・評価

4.3
最初にタイトル見たときは「は?なにこれ」と思ったけど、その印象と内容が全然違った。泣いたらダメなときは観ないほうがいいと思います。こんな夫と結婚した妻は幸せ者だ。あ、でも…。
織田裕二がダメかな。
吉田羊はとてもいい役で綺麗で素敵だった!
あと子役の男の子。演技が自然でとても好感が持てた。へんなわざとらしい子役じゃなくて本当に良かった!
高島礼子最初すごく美人でびっくりした。
期待値が高すぎた為に評価は低い。
再婚相手を探すなんてやっぱりおかしいかな〜
吉田羊の演技がいい。
こんなお互いを想い合える家族を作っていきたいなと思った。
内容はそんなに目新しくないけど時間があればって感じ。
登場人物の人柄はみんなして最高に素敵で、故に最後まで想像出来る展開だった。泰造の演技が特に良くて、惚れました(笑)
織田裕二は最期まで健康的に見えるのが引っかかりました。更にちょっと綺麗な台詞で固めすぎてる印象。もっと表情や仕草で葛藤を見せて欲しかったかな。
何よりこの映画の感想は「吉田羊演じるアヤコのような、家族を一番に想いやれる素敵な奥さんになりたい」と言うこと。しみじみと結婚したくなる映画でした。
Kanae

Kanaeの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

涙止まらんかった
もし浮気しても浮気相手は妻がいいって言葉が印象的素敵すぎ
これだけ愛してくれて、自分も愛せたら…側に居るだけで幸せなんだろうな
kensuke

kensukeの感想・評価

4.0
あり得ない話だよなーと思いながら、感情移入しすぎてずっと泣いてた。笑
織田裕二の映画あんまり観なかったけど、良い演技だった〜。
chil

chilの感想・評価

3.6
王道の感動もの。
織田裕二がとても良かった。

ベランダから見える空の合成感と、息子の設定がちょっとくさすぎるのが残念に思った。
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

4.0
あまり期待してなかったけどいい意味で裏切られた。
ある年齢になってから、来年ガンなるかも、明日交通事故で死ぬかも。なんて考えることもしばしば。自分はいつ死んでもいい生き方をしているか?とら思っていたら、アプローチはともかくとして、そんなテーマだった。
吉田羊、理想の奥さんをうまく演じてたな。
>|