八月のクリスマスの作品情報・感想・評価・動画配信

『八月のクリスマス』に投稿された感想・評価

Kaho

Kahoの感想・評価

3.6
タイトルにクリスマスと付いてたので観てみたけど、クリスマスはあまり関係なかったような🌀🌀

良く言えば、とても美しいラブストーリー。
逆に悪く言えば、淡々としていて正直退屈。(今作好きな方すみません…🙏💦)

ハッキリ言って私にはあまり合わない作品だったんだけど、このハン・ソッキュがとにかく優しい🥹🥹🥹

余命わずかな役にも関わらず、ずーっと優しいし穏やか(*´ω`*)

自分が余命宣告されたら私なら穏やかでいられる自信正直ないなぁ…😭

そんな余命わずかなハン・ソッキュ演じるジョンウォンに密かに想いを馳せるタリム👩🏻

すれ違いながらも純愛な2人にキュンキュンする🥹

タリムはジョンウォンの病気のことを知らない。

愛する人に病気のことを言えないまま、そして愛する人を残してこの世を去らなければならないジョンウォンの気持ちを考えるととても切ない…💭😭😭

何度ももどかしい気持ちになりました。

こういう地元の写真館っていいよね(*´ω`*)

家の近くにも(多分昔から)家族でやってる写真館があるから一度行ってみたい📸
 韓国映画でいちばん好きなのがこの作品です。ある韓国地方都市での不治の病で余命わずかな写真館の青年(演:ハン・ソッキュ)と駐車違反取締員との静かな愛の物語です。
 またこの映画は「死」と言う重いテーマを扱っています。死が間近である事を悟った主人公が、酒に任せて友人の耳元で「俺は死ぬ」と呟いたり、年老いた父にビデオを見るためのリモコン操作を教えようとしたり、そんなシーンが胸を打ちます。
 そして自分の遺影を撮りに来たおばあさん。それが悲しいラストシーンにつながります。
 この映画は後に日本🇯🇵で山崎まさよし主演でリメイクされましたが、完成度はこのオリジナルが上だと思います。未見の方には強くおすすめしたい韓国映画です。
juneatkins

juneatkinsの感想・評価

3.3
日本で言うザ・昭和的な映画。

是枝監督が、この映画が好きと言う記事を読んだので、鑑賞。

とにかく、セリフが少ない。
そして、音楽が美しい。

昔見た小津作品をふつふつとさせます。
と思ったら、この監督は小津ファンだそうです。

しかしながら、途中で一度でも寝てしまいました、汗。
映画猫

映画猫の感想・評価

3.0
2022-570

ジョンウォンとタリムに若干の歳の差がある事で恋人同士イチャイチャしているだけというよりも、兄妹っぽい雰囲気もあって観てる方も2人の関係性を微笑ましく感じられる
ジョンウォンはあえて病気のことは何も伝えなかったんだろうなと、病気の事を知らずに突然姿だけ消えたらどこかで生きているという希望を持てるから
よくあるラストではなかったのが良かった
primorye

primoryeの感想・評価

3.7
クリスマスとは、、、?

そうだとしたら、明日何するんだろう。
日本版の"8月のクリスマス"を以前観て、こちらはオリジナル版。う〜ん、なぜこの作品をリメイクしようと思ったのか…日本版観た時も思ったけど💦まだ日本の方が曲に救われた感じがしたような…
死と隣り合わせの病を持ちながら、自分の"死"を覚悟してても、大切なものができると"生"への執着?心残りが生まれる…でもそれが"人間の活力"なんだろうな。
それにしても、何の病気だったんだ⁇
昔の韓国ドラマっぽくて、当時はウケたんだろうな…って感じ。"昭和"感が漂ってる…"昭和"は日本だけど💦
🇰🇷20221109#201
ei

eiの感想・評価

3.0
御涙頂戴かと思っていたが…過度に悲劇的に描かず、日常を切り取りつつ淡く切ない恋愛模様が描かれているのが良かった。
晶

晶の感想・評価

3.5
なぜかいつも会いたくなるのはその人で、会えないとなんだかその日は寂しくて… そんな彼女の癒し系おじさんが切ない
Tassu

Tassuの感想・評価

-
監督が「小津好き」だけあって、しっとりと心に溶け込む演出


Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=lxHbTf3R_D0
kuroko

kurokoの感想・評価

-
小さな写真屋さんの淡い恋物語

余命わずかの写真屋ジョンウォンのもとへ、急いで現像を依頼に来たタリムがやってくる。毎日のように訪れるタリムは次第にジョンウォンに恋していた。そしてジョンウォンも次第に惹かれていくが…。

とても静かで優しく時が過ぎていく物語でした。密かに思いを寄せるタリムにそっと寄り添いながらも思いを打ち明けることのないジョンウォン。
普通のラブストーリーならじれったいってなるところだけど、ジョンウォンの余命を考えるとただただ切なくなる。。。
そして最後の手紙に昇華される。

2022-046
>|

あなたにおすすめの記事