プロメアの作品情報・感想・評価・動画配信

プロメア2019年製作の映画)

上映日:2019年05月24日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

「プロメア」に投稿された感想・評価

UCHIDA

UCHIDAの感想・評価

-
レビュー連投します。
予習せずに見に行ったけど、前日譚付の上映だったので物語にスッと入っていけました。
これ絶対堺雅人楽しんでアフレコしてるんだろうなと思いながら見ていました。
kakao

kakaoの感想・評価

3.9
さすが中島かずき。クサイセリフがいちいちかっこいい…
声優にカミナとヴィラルがいたの激アツ
赤痢

赤痢の感想・評価

-
善vs悪みたいな映画やアニメって基本同じような感じになるけど世の中に大量にある...
見分けがつかんが、この映画はまだ悪は本当に悪か?みたいなのを主人公が考えるからいい。
ただ、アンパンマン的な、バイキンマンそこまで悪いか?がわからんまま(ちゃんと見たことないけど)やたら悪を倒そうってなるの、あれ教育上めちゃくちゃ悪いよな。同調圧力、洗脳って感じで

このレビューはネタバレを含みます

※大昔に別の所でレビューしたものをこちらで再掲します。

結論から言うと、本当に最初から最後まで世紀末。終始ガーッとなってゴゴォ!ってなってドカーンってなってビャーンみたいなそんな映画。相変わらずのTRIGGER節で安心しました。

TRIGGERの作品はいつも熱くなりたいとか燃えたいとかそういう何かを求める時にいつも見たくなるので、最近趣味もなかなかできず休みもあまり取れずにストレスが溜まりがちな生活からの息抜きになればいいなと思って見に行ったんですけど、まさかの最初からそういう不満を溜めた人達がバーニッシュになるみたいな展開だったのでマジかって感じでした。

事前知識としては先に見に行ってたひとの二次創作がよく流れてきたりとかで、レスキュー隊の話であること、クレイはガロの恩人であること、アイナとエリスが姉妹であることくらいしか本当に知らなかったです。あ、キルラキル四天王で唯一檜山さんだけが仲間外れにされてることとか笑

実は公式サイトすらまともにみていなくて、見に行くまでずっとリオが堺雅人だと思ってたんで「大丈夫?これ声合う??笑」って思ってたんだけど、全然違って、あぁまぁそうか笑 となった記憶。でも堺雅人のクレイ、本当に迫力があって、Twitterで古美門先生だ…ってなるよ、みたいなツイートを見かけたけど、あれはどっちかって言うと半沢直樹だね。たしかに少し古美門先生が相手の弁護士を論破する時の雰囲気も出てたけど、全然古美門ではないですね。あれが古美門だったらTRIGGER節炸裂しないですからね。

リオ、年端の行かない青年っぽい設定だそうで、中性的な細い男の子なのにアクションマジかっこよくて惚れた。ガロは、はいはいカミナカミナみたいな感じでした。少し幼いカミナ。紛うことなきカミナです。しかも最終的にドリルだし。グレンラガンかよと。でもそこすっごい熱くなれました。うわぁここでドリルかぁ!!!みたいな。

個人的に今回のルチア役の新谷さん、めっちゃすこすこです。キャラは乃音ちゃんの方が圧倒的に好きだし、不動の第1位なんだけど、新谷さんの声のトーン?というか声の調子?は乃音ちゃん越えでめちゃめちゃ好きでした。伝わりにくいんだけど、とにかく見てくれればわかる。

それと、すっごく好きなのが、ロボット一つ一つの名前。ちゃんと考えられてて、特に最後の 博士のロボットがエクスデウスマキナを文字ってたとこが特に感動したな…。リオデガロンってネーミングも好きだわぁ…….。

前述でも記載したんですが、ガロがリオを助けに行く時ドリルだったのが個人的激アツポイントで、あの見た目でドリルとか使われたらもう熱くならないわけがないよねっていうね。

結局最後には宇宙行くし、もはや宇宙行かないと終わる気がしないよね。

毎回そうだけど地球とモブの扱いがヒドイネ。問題の規模が半端なくデカすぎるんだよね。銀河系、宇宙、惑星。そんなところも大好きだけど。

モブといえば今回は最初の方少しモブの主張が激しかったところは少し残念でした。個人的にTRIGGER作品にいいぞ〜!みたいなガヤは求めてないんだよね。キルラキルくらいにモブの扱い雑でいいよ笑

でもなにはともあれ本当に熱く燃えられる映画でした。映画終わった瞬間は唾液が出なくて口がカラッカラだったくらいにはのめり込んでました。

近所の映画館での公開最終日にギリギリ滑り込みで視聴したので2回目行くことが出来ないのは残念だけど、なんか気分が落ち込んだ時とかには何度でも見たいと思える作品でした。



追記:思い出したので追記します。

ガロが「バーニッシュでも飯を食うんだな」ってセリフにリオが「バーニッシュをなんだと思ってる」みたいなセリフを交わすシーンに、え、当たり前じゃね?って思ったんですけど、ストーリーが展開していくにつれて、いや人間じゃこんなこと出来ねえなみたいなアクションするシーン沢山あったのでガロの言うことが後で理解出来たって話。
ま

まの感想・評価

3.5
音楽と演出がいい(気持ちいい)
苦難を乗り越えるための姉と妹という女性同士の関係と、ガロとリオの男性同士の関係が特徴的。男女のロマンス的な感じもあるけど、同性の連帯とかのほうにフォーカスしてる印象
ストーリーは王道のダブル主人公で、世界の差別や危機に立ち向かう熱い内容。
怒涛の展開を見せるが、つるつると飲み込める話の流れに淀みがなくて感心した。
アニメーションはカメラワークが凄まじく、とても見応えあるが時たま取り残される事も。
とにかく派手さが目立って演出面で良い刺激を受けられたので観て良かった。
尺の関係でだいぶはしょったストーリーだったので2回目見るとツッコミどころに気づいてしまうのだが、それを感じさせない作りで勢いで押し切った作品。
Sayawasa

Sayawasaの感想・評価

2.7
水がカクカクしてたり、ポリゴンの表現がおもしろかった

ストーリーがザ・少年漫画で見応えあった、けど別にメッセージ性とか伝えたいこととかはない気がする

考えずに感じる映画!
疾走感ある。
映像もめちゃ動くしガチャガチャ言うしオタクこういうのすき。

てか百合とBLと堺雅人とガチャガチャとTRIGGERのあの動きと作画ハッピーセットって感じ。
Chii

Chiiの感想・評価

-
早乙女太一さんはドラマとかでしか見たことがなかったけど、声優も素敵だった!
やっぱり声が良いっていいな。
>|

あなたにおすすめの記事