プロメアの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(8館)

プロメア2019年製作の映画)

上映日:2019年05月24日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

「プロメア」に投稿された感想・評価

米山裕

米山裕の感想・評価

3.9
モニターのスケールで見る映画ではなかった。
音と映像の迫力が半端ではない。
最低でも3回は観ないとストーリーが把握出来ない印象。
AKIRAと同じように長い間語られる作品だと思いました。
衝撃はAKIRAを超えているかもしれない。
RGB振り切ってバッキバキの彩度に新しいアニメ表現の可能性を感じました。
めちゃくちゃ躍動感が半端ないのでシンプルに酔いますが、ダイナミックな構図や一つ一つのキャラクターも際立ってて総合的に良かった!そして、映像に負けないぐらい力強い音楽!1時間半ドーパンどばどば出る映画でした!ある意味何も考えずに観られる!
『キルラキル』途中で辞めてしまったのでまた見直そうかなあ。
それにしても松山ケンイチ声優うまいな。
Tak

Takの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

演出やデザイン、色使いが気持ちいい。背景の省略や記号化、効果表現など新鮮さがある。ただ、生身の質感も残っている。人物やメカの描き方でそうなっているのかな。火消しというモチーフの新しさもある。
ストーリー自体はミュータント、ノアの方舟、ミュータントの犠牲の上に生き延びる人類、と結構見たことがあるもの。
クライマックスの展開が少しだれている感じ。
getter

getterの感想・評価

4.5
一つのフルアルバムを聞いたような感覚。喜怒哀楽一つに詰め込まれた作品。
HitomiVo

HitomiVoの感想・評価

2.5
レビューが高かったので鑑賞。
ロボットも、熱血キャラも好きじゃない自分には合わなかったな。
麻薬のような映画
とにかく脳汁が出て後には何も残らない 完全燃焼とはよく言ったもの
製作者のスタイル、生き様のようなものがそのまま作品になっているように感じる
作画がハジケているアニメはお祭りアニメなんて言われたりするが、トリガーはお祭りに取り憑かれた制作会社であり、お祭りにおいて日本一であると感じる 斬新な映像演出を作れるセンスが羨ましく、頭の中を覗いてみたい
Yuri

Yuriの感想・評価

4.5
色彩の暴力。
映像、アニメーション、音楽どれも最高の組み合わせだった。
常に盛り上がりでテンポが良くて息つく暇もないくらい。
凄い充実感の2時間だった。
堺雅人の声帯が心配。(笑)
映画館で見ることをお勧めされて
映画館で見れて本当に良かった。
人生で1番鳥肌がたった2時間だった。

アニメで長編をやる内容ではないけど
もしあったらレミーとルチアの話が見たい(推し)
TheThe

TheTheの感想・評価

5.0
カクカクデザイン!
蛍光色をやや濁らせたパステルカラーリング!
その辺から脚本の組み立て内容共に発想も面白かったです。いいね元気になる希望になるテーマだ‼︎
mai

maiの感想・評価

3.7
因果の輪廻に囚われようと! 残した思いが扉を開く

無限の宇宙が阻もうと

この血の滾りが運命を決める

天も次元も突破して
掴んでみせるぜ己の道を!!!!!!!


これは、アニメが違うんですがね(笑)

今石洋之、中島かずきと言えばグレンラガンを思い出す人が多いんじゃないでしょうか??

今回は炎を操る新人類バーニッシュの出現に端を発する惑星規模の発火現象である世界大炎上により、人口の半分が焼失してから30年が過ぎた世界(wikiより)が舞台

火消しのガロ、テロリスト集団マッドバーニッシュのボス、リオを軸に物語が展開していきます。

ガロとリオの熱い魂のぶつかり合い
最高です。
ただアニメが進化しすぎたのかちょっと私には画面がうるさく見えました😅

この映画最大の良いところはクレイフォーサイトを演じた堺雅人
堺雅人は元々好きだったんですが、もっと好きになりましたよ。
最高でした、堺雅人

「紙、同然。」

 
食わず嫌いしてたけど思ったより良かった
人体発火現象は炎炎とまったく同じだったけど、思ったより物語全体にオリジナリティがあった。
>|