ニンジャバットマンの作品情報・感想・評価

ニンジャバットマン2018年製作の映画)

BATMAN NINJA

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

あらすじ

現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリ…

現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

「ニンジャバットマン」に投稿された感想・評価

ビジュアルと設定で文句無し、ロボものが苦手な人は冷めるかもしれないけれども、めちゃめちゃ好き。

まあ1回見てみ?っていう感じで勧めたい。
kaz

kazの感想・評価

3.8
エンタメ戦国活劇って感じがしてよかった。原作にあるダークなイメージとは違い、日本のアニメーション、特撮文化のテイストも入っててアメコミや実写版とはまた違う感覚で観れる。
時間的にも長過ぎず短過ぎずで物語のつかみも良かった。場面の移り変わりとかもなんか舞台っぽくてよかった。
ただ、尺の問題なのかバットマンvsジョーカーの対決が中心軸にあるからなのか他のヒーローやヴィランにもっと焦点を当てて欲しかった。
バットマンとかDCユニバースとかアメコミとかをよく知らない方でも観れる。敢えてこれを導入にしてもいいかも。

あとキャットウーマンとハーレイ・クインがかわいい
よしだ

よしだの感想・評価

3.3
バットマンと仲間達、そしてヴィランまでもが現代のゴッサムシティから戦国時代の日本にタイムスリップ!もはやDCの面影すらない、バットマンっぽくないバットマン。

世界に向けた日本のアニメーションクオリティのアピールは大成功。アメコミとは違った描き方で新鮮だったし、日本を誇らしく思える。でも、あくまでジャパニーズテイストに合わせた感じが…どうしても受け入れがたい。バットマンだと思って観ない方がいいかも。好き嫌いが分かれそうな作品。なんやかんや言いつつ、私的にはまぁまぁ面白かったとは思います。

和装にアレンジされたスーツデザインとか、戦国大名ヴィランズはすごくかっこよかったけど、やっぱあの…合体はなー…ないなー…。猿って(笑)🐒🐒
バットマンファンの評価が気になる作品。

バットマンとニンジャを見事に親和させたデザインに、快活に動き回るアクション、これでもかと変わるキャラクターの表情、それに合わせてキャラクターをより深める演技、そして勢いと熱量あるヒロイックな展開、面白くないわけがない。

一方で、そぎ落とされた点も目立つ。主役を除けば数合わせに近いキャラ、ヴィランたる異常さを、ジョーカー以外はほぼ持ち合わせていない。ダークヒーローさを脱色されたバットマン、期待上げられた肉体はあれど、博学知的な探偵としての一面は、垣間見れない。

そんなところで、バットマンに何を求めるか、その違いが本作の評価を分けそう。

異色な作風を受け入れたDCの懐の深さも垣間見れる。
暑苦しい展開が続く日本のアニメは結構ある。この映画もまさにそれ。キャラクターはDCのそれなのだが、中身は完全に日本のアニメ。面白いつくりだなぁと思った。変わったものが見たい人はぜひ。
完全に悪ふざけで作られた映画

ブルースウェイン「良いお手前で」

最後の戦闘シーンはDCらしさ全開の盛り上がらなさ
mmgo

mmgoの感想・評価

3.0
作画は色々なバリエーションがあり楽しめた、が、話のフックがなく85分とは思えないくらい長く感じた。ぶっちゃけ少し寝た。
荒唐無稽、アニメにしか表現できない面白さを魅せてくれる作品。

日本人が制作したのに、海外映画によくある間違った日本観全開で面白いです。
なのに日本人にしかできないであろう作品に仕上がっています。
忍者だしとけばウケるだろうというのは大賛成。
キャラクター、衣装、武器、建物のデザインが全部カッコいいです。
いろいろとやり過ぎで最高です。
よくDCはこれ許したなぁ。

バットマンの仲間や悪役を知っていたらもっと楽しめたかも。
とにかくぶっ飛んだ作品になってます。
ウラキ

ウラキの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

音楽、声優、映像は確かに良かったが、ストーリーが雑すぎる。海外向け?アニメとして日本っぽさ出しとけばいいでしょ!という感じなのか。巨大ロボ合戦になるところはグレンラガンっぽく笑った。個人的にはシリアスなバットマンが好きなので、あんまり合わなかった。
元

元の感想・評価

3.4
途中ぶっ飛んだことになってバットマンみてるんやっけってなった。
キャラクターのビジュアルはかっこよかった。
いろんなタッチの絵で表現する工夫もあった。
特にいいなと思ったのは音響。サラウンドシステムを活用してるのを感じられた。どうせならアトモスで見たかった。
>|