YUKIGUNIの作品情報・感想・評価

YUKIGUNI2019年製作の映画)

上映日:2019年01月02日

製作国:

上映時間:87分

3.9

あらすじ

ナレーション

出演者

「YUKIGUNI」に投稿された感想・評価

shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.9
素晴らしい作品😃日本最高齢のバーテンダー「雪国」飲みたいです。井山さん頑張って下さい

このレビューはネタバレを含みます

スタンダードカクテルである雪国の創作者、井山計一氏のドキュメンタリー映画。
御年93歳で喫茶店ケルンのカウンターを守り続けている、正に生きる伝説。
昭和の雰囲気を残したケルンには全国から巨匠のカクテルを飲みに訪れる。
私もいつか訪問したいのだが、秋田県酒田市にあるケルン、なかなか遠くて行けない。

そこで、私の師匠に雪国を作ってもらうことにした。
そういえば、雪国というカクテル、名前は聞いたことがあるが飲んだ事が無い。
師匠曰く、シンプルなレシピの上、ウォッカ(無味無臭)ベースなので、コアントロー(オレンジを原料としたリキュール)の特徴を上手く引き立てるのが意外と難しいカクテルだそうだ。
確かに、コアントローの爽やかさと、グラスの縁にスノースタイルで塗してある砂糖の甘さのバランスが絶妙。懐かしい味という表現がしっくりくるだろうか?
井山計一氏の人柄を表したような、優しさと洗練さを兼ね備えたようなカクテル。

何故か映画"YUKIGUNI"のレビューというより、カクテル"雪国"のレビューになってしまったが、日本が世界に誇るスタンダードカクテル、ぜひ一度ご賞味いただきたい。


雪国

ウォッカ 40ml
コアントロー(ホワイトキュラソー) 10ml
ライムジュース 10ml
ミントチェリー 1個

グラニュー糖でスノースタイルにしたカクテルグラスにシェイクした材料を入れ、ミントチェリーを沈める。
山形県酒田市にある「ケルン」というBARのマスター(カクテル「雪国」を生み出した)を撮ったドキュメンタリー映画。
「自分は幸せ者だ」と言うマスターのお店はきっと居心地がいいんだろうと思った。
かつて栄えた街が廃れていく中で、「良いモノの方へ人は集まるのだから仕方ない。残りたいやつだけ残ればいい」として残ってきた人たちがそこにいた。『鉄道員』を彷彿とさせた。
誕生から60年を迎えるスタンダードカクテル「雪国」をつくった現役バーテンダー井山さんのお話。🍸
一度ケルンに行ってみたい。^ - ^

ケルン
0234-23-0128
山形県酒田市中町2-4-20
https://tabelog.com/yamagata/A0603/A060301/6000663/

#yukiguni
ジニィ

ジニィの感想・評価

3.7
人もカクテルも、年月を経て、人を見て変わっていくんだと感じた。娘さんと息子さんとですこしずつ感じてることが違うこと、複雑な気持ちがにじむように伝わって、すてきなドキュメンタリ。
スタンダードカクテル「雪国」を作った井山さんのドキュメンタリー。知らなかったカクテルなのだが、映画を見ながらその場でカクテルも提供してくれる上映会で、ストーリーと共に美味しいお酒を楽しめました。職人肌の親に生まれた娘さんの複雑な気持ちもよく分かる。
昨日はクルマの修理のため、ランチの後は刈谷へ。

待ち時間を利用して、久しぶりの映画館へ🎬(^_−)−☆

この映画館、以前の二本立て500円はやめて、クオリティの高い作品にシフトしている様子。
昨日観た「YUKIGUNI 雪国」もなかなか良い小品🎵

スタンダードカクテル「雪国」を作ったバーテンダーの半生を振り返るお話。
亡くなった奥さんに苦労をかけたエピソードには泣けた❗️(T . T)
娘さんの昔を振り返っての語りが、リアルで良い‼️

この作品を懸けてくれた映画館に感謝❗️

作品についての詳細はこちらへ
→ http://yuki-guni.jp
【バーを愛する全ての人へ】

カクテル「雪国」を創作した井山計一さんの人生を追ったノンフィクション。

92歳の老バーテンダーの人柄が滲み出ている、心暖まるドキュメンタリーでした。

「雪国」は日本人が生み出した唯一のスタンダードカクテル。
スタンダードカクテルの定義は作中にも登場するので省きますが、これは殆んど神の所業と言っても言い過ぎではないと思います。

カクテルの誕生にまつわる裏話や時代背景、亡き奥様との逸話など、その道の達人たる老師のお言葉を拝聴するが如しで、言葉に出来ない程の価値を感じました。

昔のレシピには現代のものには無い、粋な良さを感じます。
そのようなスタイルも今後失われていくものもあるかもしれないと考えると、哀しいですね。

カッコいいものよ、永遠なれ!
全国で愛飲されるカクテル「雪国」。
成人してから様々なbarで飲んだカクテルですが、地元に発明者がいることを知ったのは30歳を過ぎてからでした。
雪国と歩んだその方の人生が描かれるノンフィクション映画。
人生の機微がありありと描かれた心温まる作品でした^_^
92歳現役のバーテンダーの映画を観て参りました。
"雪国"というカクテルの生みの親、井山計一のドキュメンタリー。
ナレーションの小林薫の声に癒されたひとときでした。

おじいちゃんの所作がヨボヨボしてるんだけど、いい感じで。。
チャリで颯爽とパチンコ屋さんに行くのも危なっかしいけどほほえましく。。(*^^*)


美味しいカクテルが飲みたくなりましたので今度、夜に自由時間を手にいれたら、美味しいカクテルを飲みに老舗のバーに行こうっと🎵
>|