A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒーの作品情報・感想・評価・動画配信

「A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー」に投稿された感想・評価

「世界は誰かの仕事でできている。」が色濃く現れるスペシャルティコーヒー。
そんなにコーヒーを飲まないので、この映画の位置づけとしては愛飲家とは別の視点で眺めた印象。

コーヒーの製作過程から、豆の選別。
香の重要性。バリスタの淹れ方のこだわり等々が描かれる。

基本的にどこかの過程でミスがあれば、美味しいコーヒーは作れないという意外に繊細な部分が垣間見えた。

最後の方に青山にあった珈琲店大坊の店主が世界一として紹介される。
アメリカの製作なので世界的に有名なのだろうが、豆の炒り方だったりそそぎだったり、職人のような佇まいにはある種の芸術が垣間見える。

コーヒー好きならば楽しめるだろうし、見た後コーヒーが飲みたくなるんじゃないかな。
Melko

Melkoの感想・評価

3.8
コーヒーの遥かなる旅路
コーヒーの風味は、虹のよう🌈

なるほどなるほど。
これはなんとも、めちゃくちゃコーヒー愛に溢れた映画だ。

コモディティからスペシャリティへ。

先日見た「おいしいコーヒーの真実」の2006年より、時代は流れ、2014年。
コーヒーは、それを作った人のことへきちんと敬意を払い、できるだけ見合った対価を払い、思いを馳せる時代へ変わった。
私が高校生〜大学生だった時は、まさにスタバ隆盛機。スタバでコーヒーを飲むことが一つのステータスであり、一つの目的でもあった。
社会人になり、家でもコーヒーを飲むようになり、コーヒーには浅煎り/深煎りがあることを知り、生産地によって味が全然違うことを学ぶ。
その結果、出かけた先でコーヒーを飲む際は、ついつい生産地を気にするようになった。

ルワンダでもコーヒーって作ってるのね!
手で植え、手で摘み、足で洗い、手で選別。この一連を見れば、それが長旅を経て店に並び焙煎されコーヒーとなって出てきた時の値段に納得せざるを得ない。

編集のせいかもだけど、コーヒーを栽培する人も買う人も煎れる人も、みんな楽しんで仕事してる感が良かったな。

終盤でまさかの東京にスポットが当たる!
Coffe people have to be sexy.
ちょっと気恥ずかしいけど、なんだかスッと入ってきたわ。
大坊珈琲、こんなお店があったのねえ。
フィルターは、布か…?いっぱいの提供にめちゃ時間がかかる方法。でもこんなの、至福の一杯だよなぁ。カップとソーサー、あれだけあるの、羨ましい!オシャレでなくちゃ。
ここのシーン、たっぷり見せてくれて、すごくリスペクトを感じて、良かったなぁ。

コーヒーを淹れる腕を競うバリスタも、自分が扱うコーヒー豆を作ってくれた人を思い。

ブルーボトルのコーヒー、まあまあな値段だけど、さすがにお値段に見合った味。オーナーはホントにコーヒー大好きなんだね。

個人的には、ダイナーとかでザッて出てくる雑な味のコーヒーも嫌いではないけど、「あ〜コーヒー飲んでるなぁ…!」って思うコーヒーに出会った時、繊細な味の違いを探求したくなる。
そんな気持ちを思い出した。

コーヒー片手に鑑賞。
今日は、先日お試しで買ってみたエルサルバドル🇸🇻の豆を。
偶然、作品の冒頭で紹介された豆が「エルサルバドル サンタソフィア」って書いてて、私が今日飲んだのは「サンタリタ」って書いてた。ご近所??
引き寄せ…!!
コーヒー飲んでから見たけど、また飲みたくなった。生産者と消費者、大きく分けたらそうなるんだな。一杯のコーヒーは、遠くから旅をして多くの人の手を経て飲めるもの、忘れがちだけど。心して飲もうと思う。ホンジュラスの生産者がはじめて自分達の豆でいれたエスプレッソを飲む場面が良かった。皆さんいい顔してた。
ゆかこ

ゆかこの感想・評価

3.6
コーヒー飲み始めたのも割と最近だし、香りが良くて好きだな〜くらいの意識だったけど、丹精込めて淹れられたコーヒー飲んでみたくなった
一杯のコーヒーになるまでに、いろんな国の人の手や足や鼻に触れる長旅をしてここまできた。
世界中で飲まれる巨大マーケットのビジネスであると同時に、生産現場の末端ではファミリービジネスで成り立っている。
コーヒー豆農園の生産者が、初めてエスプレッソを飲んだ時の顔が印象的。
周りの同業者と顔を見合わせながら、僕らがやってきたことは間違ってなかったねと納得しているようだった。
本来最も重要な役割を担っている生産現場で働く人たちが、もっと稼げるようなるには、毎日エスプレッソを飲めるようになるには、販売と購買のサイドが生産者への感謝を忘れないことが大切だと思った。
「スペシャルティコーヒー」
名前が与えられると、ブランドが芽生える。
A

Aの感想・評価

2.5
コーヒーは毎日飲む飲み物であり、それが当たり前で、できれば安いコーヒー豆がいいなという気持ちが最近は強く、スーパーで買うことが増えていた。そんな時にこの映画を観て、再度コーヒーとの付き合い方を見直す気持ちが芽生えた。
これはコーヒー豆に限ったことではなく、あらゆる消費行動に反映するべきだと反省するのだけれど、自分の手元に届くまでにどれだけの手間が掛かっているのか、自分なりに想像する必要があると思う。

バイヤー憧れるなぁ。コーヒー豆と消費者をつなぐ架け橋になれて、いろんな国に行けて、生産者と直接話せてお互いの思いを擦り合わせることができて、、、映画に映っているのは一コマでしかないけれど、理想の職かもしれない。
農園の人が自分のコーヒー(エスプレッソ?)飲むシーンが素敵!
Katy

Katyの感想・評価

-
コーヒー飲みすぎて常にハイになってる変態さんたちの集まり
渋谷のベアポン好きだったなあ
1杯のコーヒーができるまでに、こんな多くの行程を経ていたのだと驚いた。

豆の選定、複数回におよぶ精製、輸出入、焙煎、ドリップ――。
品質を保つのは簡単ではない。

明日からは、コーヒーを飲むたびにこのドキュメンタリーを思い出すだろう。

ダイレクトトレードという言葉も新しく知ることができた。

2013年に閉店してしまった「大坊珈琲店」、ここで1杯飲んでみたかった…
>|

あなたにおすすめの記事