カンパイ!日本酒に恋した女たちの作品情報・感想・評価・動画配信

『カンパイ!日本酒に恋した女たち』に投稿された感想・評価

女性にスポットを当てて、日本酒を描いていく。前作のほうが酒蔵の話メインで面白かった。今作はソムリエ寄りになっている。女性杜氏も出ているが、もっと深掘りした内容を期待していた。
2022-22本目

日本酒BARの千葉さん、半端ないです。

蔵元、杜氏メインの前作の方が個人的には好みでした。
酒の博物館の映像コーナーで流れてるようなドキュメンタリー。
チコ

チコの感想・評価

3.8
近年の酒文化を代表する女性達:広島の酒蔵今田酒造を受け継いだ杜氏、酒とフードペアリングで斬新なアプローチに挑戦し続ける若きフードソムリエ、ニュージーランド出身の日本酒コンサルタント、3人にスポットをあてたドキュメンタリー。

連綿と続く、かつては女人禁制だった酒造りと酒文化を新な視点から活気づけようとアプローチする彼女たちの姿を追っていきます。

少しお酒に詳しい方ならば知っていそうなわりと一般的な情報も多いので、一人一人をもう少し深く掘り下げて欲しかったなと思いますが、銘柄の多さには驚きました。それを舌で当てるなんて神業。

そして、彼女たちの熱意には感服しました。特に日本酒ソムリエの千葉さんは好奇心の塊で、その行動力と努力と忍耐力には感銘を受けました。

ワインとかコーヒーも同じかもしれませんがこのような嗜好品は歴史と文化に深く結びついていて掘れば掘るほど、みんなその魅力に取り憑かれていくんでしょうね。そして人生を豊かにしてくれる😌

3人とも目が輝いていて、笑顔が素敵なの印象的で、自粛疲れの心と身体にエネルギーを注いでもらいました。

日本酒好きの方はお酒が飲みたくなることでしょう。私はお酒のまないので、ノンアルコールシャンパンでカンパイ!🍶
masashi

masashiの感想・評価

4.0
1作目同様に音楽が上手く使われていて、おしゃれに仕上がってます。
そして本題の女性の活躍もしっかり描かれていて、満足。
良い映画です。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
前作は男性3人だったが、今回は歴史のある酒蔵を受け継いだ人・日本酒ソムリエなど3人の女性にスポットを当てた、日本酒ドキュメンタリーの第2弾。女性ならではの日本酒造りの苦労もさることながら、日本酒ソムリエさんの「味わうほう」の視点が厚くなり、見せられてもどこか遠い存在だった日本酒の神髄がより身近に感じられる作りになっている。このソムリエさんの「料理とベストマッチする日本酒を即座に選ぶ」ための嗅覚の磨き方が半端なくハイレベルで驚いた。登場していたお店も比較的近くにあるので、今度絶対行ってみようと思った次第。
Kathy

Kathyの感想・評価

3.5
東京のあのお店に行ってみたくなった🤤まだまだ可能性がある分野だなぁとつくづく思う😚
女性だからという言い方は好きではないけれど、しかしパワー溢れる女性たちにパワーをもらえる映画。ペアリングとプレイリストは似てる気がすると思っていたら、最後にリッチー・ホウティンが出て来てなんか繋がった気がする。ちなみに監督の名前どこかで見たことあるなと思ったら雑誌『Cut』で映画の『科学と学習』というメチャクチャ好きな連載書いてた人だった!
日本酒に関わる女性達のドキュメンタリー^ ^

日本酒も好きなので興味深くみました
皆さんすごく素敵な女性でした。
機会があれば是非飲んでみたい。
楽しい映画と美味しいおつまみと美味しいお酒がある時間が私にとって一番贅沢^ ^
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.7
スカパーにて。前作に引き続き酒に関わる者達を描いたドキュメンタリー。今回は女性に視点を置いている。
元々女性は不浄なものとして扱われ酒造りに関与出来なかった世界だが、女性の従事者の台頭を紹介することで新時代の日本酒の在り方を提示している。

恵比寿で飲み屋を営む千葉麻里絵女史。
広島の今田酒造で杜氏を務める今田美穂女史。
ニュージーランド出身の日本酒コンサルタントレベッカ・ウィルソンライ女史。

前作が濃い人ばかりだったから、今回はちょっと小粒かな?と思ったら全然違った。三人ともメッチャ求道者じゃん。

特に面白かったのが千葉麻里絵さん。只の飲み屋の女将かと思ったらレベルが違う。方々渡り歩いて酒蔵で日本酒修行。
寿司屋で板前の握る寿司に合わせて、その場で調合などをして合う酒を選定する。味覚で板前とガチンコ勝負に挑んでるんだよね。冒頭で舐めてました。いや御見それしました。この人スゲーわ。

今田美穂さんもサバサバ系で面白い。レベッカさんは前作のゴンドナー氏のお弟子さんにあたるとのこと。

前作同様、“人”に焦点を充てたアプローチは流石。一方で今作の方がより“酒”の魅力が伝わる。飲みたくなる絵づくりは今作の方があるね。

あなたにおすすめの記事