シューマンズ バー ブックの作品情報・感想・評価

シューマンズ バー ブック2017年製作の映画)

Schumanns Bargespräche

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:98分

あらすじ

世界を放浪し、自由に生きてきた伝説の男、チャールズ・シューマン。ミュンヘンで35年以上不動の人気を誇るトップバーのオーナーであり、バーマンであり、思索する旅人でもあり、革新的レシピ本の著者でもある。世界中のバーマンから尊敬を集めている彼は、76歳を超えた今も現役でカウンターに立ち続けている。 成功も名声も手にしたシューマンが、もう一度バーの原点を求めて、NY、パリ、ハバナ、東京、ウィーンの“バ…

世界を放浪し、自由に生きてきた伝説の男、チャールズ・シューマン。ミュンヘンで35年以上不動の人気を誇るトップバーのオーナーであり、バーマンであり、思索する旅人でもあり、革新的レシピ本の著者でもある。世界中のバーマンから尊敬を集めている彼は、76歳を超えた今も現役でカウンターに立ち続けている。 成功も名声も手にしたシューマンが、もう一度バーの原点を求めて、NY、パリ、ハバナ、東京、ウィーンの“バーベスト10”に入る各地の名店を訪れる。NY最先端のクラフトカクテルから格式高いホテルのバー、ハバナでは文豪ヘミングウェイが通ったフロリディータ、パリはココシャネルスイートがあるホテルリッツのバー、ウィーンの文化人が集まるバー、さらには東京の雑居ビルの中にある隠れた名店まで。新しい感性から伝統まで、バーにはその街の魅力がつまっている。一杯のカクテルに込められた職人魂にバーカルチャーの奥義。そして旅の最後にシューマン自身がたどり着いた境地とは――。

「シューマンズ バー ブック」に投稿された感想・評価

映画見たあと、早速Barに向かいました。奥が深いの一言です。
ariadne

ariadneの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

Awaited. Fun to learn but little straightforward (maybe especially for ones who have already read the bible). Personally, I started to think that I might not feel comfortable with Japanese bartenders...sorry but so true for me.
SoUemura

SoUemuraの感想・評価

4.2
勉強になるわ〜
お酒を知ってる方も知らない方も
バーテンダーの方もそうでない方も。
お酒や"BAR"という場所を通して
世界のリアルに触れられる、人としての在り方を見る、ドキュメンタリー映画としても秀逸。
ニューヨーカーってそんな酒飲むんだ、とか。
日本って変な国だわ、とか。笑
人はリアル(現実)に感動するんだな、と再認識した。
とりあえずお酒が飲みたくなる映画!
カクテルおいしそーって眺めてた🍸
そして、海外でバーは行ったことないからそこに興味が湧いた(*´꒳`*)゚*.・♡
🐾ちょこっとあらすじ

世界中のバーでバイブルとなったレシピ本「シューマンズ バー ブック」の著者である伝説的バーマン、チャールズ・シューマンの旅を追ったドキュメンタリー。ミュンヘンで35年以上にわたり不動の人気を誇るトップバーのオーナーで、76歳を超えた現在もカウンターに立ち続けているシューマン。成功も名声も手にした彼が、バーの原点を求めてニューヨーク、パリ、ハバナ、東京、ウィーンの「バーベスト10」に入る名店を訪問。新たな感性で作るカクテルが人気のバーから伝統的なホテルのバーまで、美しいカクテルが作られていく過程を通し、1杯のカクテルに込められた職人魂を浮かび上がらせていく。(映画.comより)



🐾感想

ゲーテ・インスティトゥート・東京ドイツ文化センターなる、いつもとはチト異なる、なんともアカデミックな香りのする試写会場での試写会。


観客もいつもの試写会と、なんか雰囲気が違うし…


客層もアカデミック?!





今回もほぼ予備知識なしに鑑賞。ミュンヘンのバーマン(日本風に言うとバーテンダー?)チャールズ・シューマンのドキュメンタリーとだけの知識を携えて、いざ、試写会に!


まず!兎に角、シューマンさんがデカイ!!!そしてダンディ😜


今回の試写会はシューマン氏の来日記念試写会で、上映前にジャズマンの菊池成孔とのトークセッションがあり、うーん、なんとも噛み合ってないようなトークを聞きながら、全くどんな作品なのか???って感じで…



てか、てっきり、シューマンの今を切り取ったドキュメンタリーだと思っていた。『二郎は鮨の夢を見る』みたいに、シューマンの過去、現在の仕事ぶりとかをみせて、シューマンってこんな偉大な人なんだよ、みたいな。


全然、違った…


シューマンが世界のバーを巡り原点を探す旅に出るというドキュメンタリーだ。



ま、兎に角、このシューマン氏は凄い伝説のバーマンらしいってことだけはわかった。レジェンドなわけだ。


世界中どこに行っても、崇め奉れて…



てか、わたしが全部、シューマンに対しての知識がなかったので、ちょっと退屈でした。


でも、ヨーロッパのBARって日本と違って、敷居が低いらしい。日本のcafé感覚なのか?ちょっと寄って、ちょっと呑んで帰る、みたいな。訪れる機会があったら、寄ってみたい。




ゲーテ・インスティトゥート・東京ドイツ文化センターにて試写会



https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12359865072.html
青山一丁目駅から5分ぐらいのゲーテ・インスティトゥート東京ドイツ文化センターにて試写会鑑賞。
チャールズ・シューマンさんご本人と菊地成孔さんのトークショー付き。
内容は
ニューヨーク、ハバナ、東京、パリ等の有名なバーのバーテンダー・オーナーや酒造メーカーにチャールズ・シューマンさんがインタビューするシーンがメイン。
ハバナのシーンのレトロなフォルムでカラフルな車が、特別車好きって訳じゃない私が見ても可愛いくてオールドカー好きがキューバに行く理由が凄い分かった。
日本のバーも何店舗か取材されていて、職人技とか匠の仕事的な雰囲気があって、行って飲んでみたくなる反面、私なんかが飲むのは恐れ多いって思ってしまった。
それにしてもチャールズ・シューマンさんがおじいちゃんって呼ぶような年齢なのに、カラースーツを着こなし姿勢良く優雅に通りを歩く姿がかっこよかった。
ドキュメンタリーなので感動するエピソードやシーンはありません。淡々とシューマン氏が訪れるバーやそれぞれの街を楽しむ作品。
まずお酒飲みでないと???なものかもしれない。私はそうではないので、それぞれの国のバーに並んでいる酒瓶や種類、カクテルに「美味しいカクテル最近飲んでないなぁ」と終始思ってしまいました。
日本では敷居が高すぎですよね、ラフにジーンズで行って良いの?と思う位。それに作品の中でも言っていましたがチャージというお酒以外の物も付いてくのが日本なので、軽く1杯なんて中々庶民には難しい。かといって居酒屋さんで出てくるカクテルはまあそんなもんでしょなので、1度は「ちゃんとしたバーテンダーさんの作るカクテルを経験してほしいな」が気軽じゃないのが残念なところです。以前ホテルのバーで時間限定で飲み放題というものがありましたが、流石に一気飲み何杯もという訳にいかないでしょう、エレガントじゃないしね(本当はやりたかったけど)
ゆったり旅する感じで鑑賞する作品です。

因みに私の好きなカクテルはフローズンマルガリータにグラスホッパーです。
バーの楽しみ、バーテンダー・店のこだわりというものが伝わって来ました。
しかし一番伝わって来たのは、チャールズ・シューマンの人好きのする人となりでした。

久しく行ったことのないバー、とりわけ言葉が伝わらない国のバーへ行ってみたい、自分の世界を少し変えてみたい、そんなことを思いました。

作品中シューマンの年齢が出て来ますが、伝える必要があったのでしょうか。
tkred2046

tkred2046の感想・評価

3.2
76歳を過ぎた今でも現役のバーテンダーとして活躍するチャールズ・シューマンの姿を追ったドキュメンタリー。
日本を含め世界中のバーの名店を訪ね、バーテンダーと交流している様子が楽しかった。
バーについて全く知識が無かったので、日本にも世界的に有名なバーやバーテンダーが存在している事も知らなかったのでとても驚いた。
チャールズ・シューマンの人間的魅力とバーの奥深さとバーテンダーの華麗なテクニックに酔いしれる事が出来るドキュメンタリー。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.0
3月2本目の試写会は「シューマンズ バーブック」。

ミュンヘンのトップバーのオーナー、チャールズ・シューマンが、ニューヨーク、パリ、ハバナ、東京など、世界のバーを巡り旅をする。

全編に流れるジャズ。ブルーやレッドのスーツを着こなし、世界の街角を歩くシューマンのカッコいいこと!

一口にバーと言っても、その文化は国によって大きく違う。それぞれの国のバーマンの話も興味深いし、後半、特に独自に発展した日本のバー文化をフィーチャーしているのもおもしろい。

ドキュメンタリーとは言っても、気軽に見れて、映像も音楽もクールな作品だ。
>|