カンパイ!世界が恋する日本酒の作品情報・感想・評価・動画配信

「カンパイ!世界が恋する日本酒」に投稿された感想・評価

朝晩冷え込んでくると、鍋料理や熱燗が恋しくなってくる。
とはいえお酒の飲用動向を見てみると、日本酒を飲む頻度は減少傾向にあるようだ。
そんな中、20~30代女子が日常的に飲む傾向が増加していたり、海外での需要も伸びてきている。
そんな日本酒の現状をハリウッド外国人記者クラブ所属の映画ジャーナリストでフィルムメイカーの小西未来さんが監督・脚本・撮影・製作したドキュメンタリーでは、業界を牽引する3人、岩手の酒造・南部美人の5代目蔵元・久慈浩介氏、鎌倉在住の米ジャーナリストのジョン・ゴントナー氏、京都・木下酒造の初の外国人杜氏のフィリップ・ハーバー氏を取り上げて、世界に通用する日本酒の魅力を映し出していく。
本作で取り上げられた3人は、当初からやる気満々で日本酒の世界に飛び込んだ訳ではなく、成行きで係わり、その中で清酒の魅力に取り込まれて積極的に係わるようになっていく。
酒造の世界は歴史と伝統、徒弟制度があって閉鎖的な世界だと思うが、この3人は自らの情熱や熱意で道を切り開いてイノベーションを起こしている。
その最大の特長が、世界に向けて日本酒の魅力を発信し続けるということ。
彼らはセミナーや品評会で紹介するだけでなく、SNSで発信したり、英語で記された本を発刊したりして、日本酒の歴史や種類、その製造過程、そして魅力を広く知らしめていく。
2015年製作の本作では2011年に発生した東日本大震災についても言及している。
震災によって東北地方の酒造メイカーが被った被害、地震や津波による直接的被害、その後の自粛ムードによる被害を映画はレポートする。
そんなダメージの中でも、久慈浩介氏の南部美人をはじめとした東北の酒造メイカーは負けずに立ち上がっていく。
2020年はオリンピックイヤーで世界各国から様々な人々が来日するが、日本の魅力の中で、未だ未だ認知度が低い日本酒の魅力に触れる方が多ければと思う。
面白かった。こういう「日本文化に興味を持つ外国人」系大好きなんだよね➰抹茶を立てるビシャとかさ…太陽君、メジャーリーグに行って、お姉ちゃんが女蔵元っていうのもかっこいいね。ガラスの天井を突き破って!
temmacho

temmachoの感想・評価

3.0
プロの立場から日本酒の魅力を伝える映画。

でもね、苦労話と味は関係ないんだよ。

ボクのお気に入りの「磐城寿」が出ててちょっとテンション上がりました。
yamashin

yamashinの感想・評価

3.6
普段あまり見ないドキュメンタリー調で、淡々とすぎていくのかと思ったら、登場人物にしっかりと焦点が当たっていた。蔵元の方、日本酒のバー店員、日本に魅力させた外国の方、それぞれのストーリーを感じることができて面白かった。日本文化の一つとして、日本酒が今後もっと身近に、世界に広がっていくことへの想いが感じられる作品でした。観た後は日本酒が飲みたくなりました🍶
小西未来監督の日本酒ドキュメント。
南部美人の5代目社長と、日本で活躍するイギリス人杜氏と、アメリカ人日本酒ジャーナリスト。
この三人のそれぞれの過去から現在までと、日本酒への情熱とか。、
今時の日本酒事情を上手く伝えてて、興味深くみていたら。。、
2011年の3.11の話になり。
感動はそこの部分が大きかったかな。
場内でも鼻をすする音がチラホラと聞こえました。
もちろん、アタシは涙腺崩壊でした。

震災の後、自粛ムードに負けじと、ネットで盛り上がった"ハナサケニッポン"。
お花見で東北の酒を飲んでくれと訴える酒蔵に賛同してあの頃はアタシも随分東北のお酒を買ったもんです。
お酒は日本の古きよき、伝統や風習を引き継ぐ文化として未来に残して行かなければ、、、。と、思ったのでした。
I

Iの感想・評価

3.2
アメリカ出身の「酒伝道師」のジョン・ゴントナー氏と、イギリス出身で木下酒造杜氏「初の外国人杜氏」フィリップ・ハーパー氏
と日本人で南部美人の「世界に自ら発信する蔵元」久慈浩介氏の3人を軸に、
日本酒と世界の接点を描いた作品。
ジョン・ゴントナー氏は日本酒界では有名だけど、この映画ではじめて知る人は少し彼について分かりにくいかも知れない。
木下酒造のお酒もちゃんと飲んだことがないので、今度飲んでみたいと思った。
お酒なので好みはあるけど、酒蔵はそれぞれの思いを持ってつくっていると強く感じた。技術が
久慈さんは映像向きで話すのが上手。嘘のないさっぱりとした好印象。
キャスティングが良い。
Zai

Zaiの感想・評価

2.5
特定の蔵元がメインで「お酒」のドキュメントというより、
「玉乃光」と「南部美人」
の映画って感じ。
Nora

Noraの感想・評価

3.1
日本酒って愛されてるのね。
私は全く日本酒が体に合わなくて飲めないのだけれど。
今作は日本酒を海外に売り出したくて制作したっぽい。

224作目/2018
お酒の中では、日本酒がダントツに好き。
酒蔵の人々の情熱と、日本酒へのこだわり。
東日本大震災の傷跡、当時の記憶。
色んな感情が込み上げてくる。
たくさんの日本酒を味わえる幸せな時代がまた来てくれて本当に良かった。
み

みの感想・評価

3.4
特に震災のときの現地の人々の思いと政府の判断と報道の内容がズレにズレてるのが分かって勉強になった。あとはもう、好きなものに対する思いって凄いなと。人のエネルギー凄い。
>|