轢き逃げ -最高の最悪な日-の作品情報・感想・評価

「轢き逃げ -最高の最悪な日-」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

2.3
【感想】

最初のシーンから水谷監督の「いいっしょ、これ!」が見え透く謎に壮大なカメラワークで撮られていて(ちなみに後半にも謎にぐるっと一回転するカメラワークあり)、(前半は特に)笑ってはいけないシリアスなところなのになんか笑える…それはセリフの古めかしさだったり、現場しか経験していなくて映画技術の本質的な部分はあまり学んでいないであろう“天然”水谷豊監督が、己のセンスと現場での知識のみで撮っているから。

今回監督自らが初めて脚本を書いたということで、ある意味普通の映画ではあり得ない突飛な演出や展開になっていてそれが面白くもあるんだけど、とにかく前半が信じられないくらい酷い。それはリアル路線の映画にしては過剰な役者の演技もそうだし(後半の伏線という見方があるのも分かるけどそれにしたってなんか違うような気がする)、先述したような脚本のセリフもそうだし、撮り方もそう。露骨というか、いくらなんでも直球すぎて(悪い意味で恥ずかしさの)鳥肌が立った。シネコンで観たんだけど、それだけの公開規模でかけていい映画なのかと思わずにはいられない。それはそれとして、中盤にサスペンスへと入ってからは割と安定してくるし、水谷監督のあらゆる意味で予測不可能な脚本が揺さぶりをかけてくるので「いや、ちゃんと面白くなるんかい!」とツッコミを入れたくなってしまった。笑

『相棒』シリーズよろしく結局水谷豊が脇役なはずなのに個人捜査を始めたのには笑ってしまった。刑事じゃなくて被害者の父親なんだけどね…

監督がただ入れたかっただけとしか思えないアクションシーンも案外良かったし、前半はどうなることかと思ったけど岸部一徳さんが出てきて以降は相棒ファミリー含め、ベテラン俳優が勢揃いになるので作品としてしっかり見られるようになる。ただ毎熊さんはミスキャスト。コメディリリーフっぽかったけど、個人的に彼はもっと抑制の効いた役の方が合っていると思う。

総じてなんだかんだ作品として成立してるのがズルいんだけど、前半はほんと酷かったと思うし、中盤は良かったのに最終的な帰着は2019年の映画としてはさすがに受け入れがたい時代遅れな昭和映画的古臭さ(解釈)…『相棒』シリーズが個人的には大好きなので、俳優としての水谷豊は好きなんだけど、『TAP』然り監督としての水谷豊にはまだあまり魅力を感じられていません。本人は次もやる気満々みたいですが… 笑 (ちなみに、『TAP』よりも今作の方が演出面での素人ぶりは際立っていました。)
最高につまんない映画。
脚本誰?あぁ、納得した!!
(ネタバレ)見た順番に思ったことを。轢かれるシーン、その後逃げる時死体に車体がぶつかり体が浮く所がリアルでゾッとした。私も以前道路の真ん中に動物の死体のようなものがあり、車が続いていて気づかず乗りあげてしまったことがあるが、とても恐しくてしばらく食べるのが気持ち悪かった。自分の素晴らしい人生のためでも逃げられない。ずっと悪夢見そう。警察もトントンも電話もなんでもびくっ。2人っていうのが恐い。絶対誰かが気づく。知らない俳優さんも多いがみんな上手い。生きた心地がしない。最初しばらくは加害者目線、静かさが不気味。美男美女。お金持ち。おけがはお召し物は?高級ぽい。すぐ通報して助かってたら?遅刻しなかったら?車そのままなんだなぁ。不謹慎すぎ。新婦を不幸にしたらの言葉の重みが違う…殺された誰にでも幼少期、切ない。パンケーキが美味しそすぎる🥞スピード逮捕なら結婚式挙げる前がよかったな。すぐ白状で展開が早い。5/10のない日記。犯人捕まって終わりかと思ったらそこからまだ話が続く。一瞬相棒。途中から少し展開はよめたが、私は不倫相手とかがそこにいたらまずいから隠蔽するためにこうなったのかと思っていた。さがしたり争ったりホラーみたいな部分もあった‪‪💦‬犯人が誰か誰かと気になったが衝撃の展開!自作自演かぁ。目的がむなかたしゅういち…ベテラン刑事の淡々さがすごい。偶然ではなく仕組まれていたのか。てるが犯人…巻き込まれたものはたまったもんじゃない、その通り。こんなことで人が死んじゃった。大切に大切に育てられ、初めての合コン。こんな形で最愛の娘を亡くすなんて。犯人移動の車で顔を隠すことなくばっちり前を向いていた。有名になれて嬉しいんだろうな、犯人の思うつぼ。あなたはなんにも悪くないなんて思ってても言えない。てるは車が人に衝突した時一体どんな気分だったのか、何を考えていたのか。色々なことが詰め込まれていた。罪を犯した人間は罰をうけるしかない……
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.0
なんでこんなことになってしまったんや。

サイコパス脳には勝てない。

嫉妬
妬み

ろくなことない。
mami

mamiの感想・評価

2.7
水谷豊さんの演技が「相棒」と別人で、
さすが役者さん‼︎
15:00
スクリーン7
Aー9
ぺぽ

ぺぽの感想・評価

3.5
試写会にて鑑賞
5月に劇場で鑑賞。
途中から作品の軸がブレブレで何を表現したかったのか
分からなくなった。
前半は轢き逃げした加害者の後悔と苦悩、被害者の両親の
悲しみと怒りが丹念に描写されとても引き込まれた。
名作の薫りが漂うヒューマンドラマだった。
ところが後半になると一変、サスペンス色に染まって
くる。そして轢き逃げの意外な真相が明らかになる。

作り手にしてみれば「どうだ意外な展開で凄いだろ」
って自慢したいのだろう。
でも観てる方としてはストーリーの転換にとても
付いて行けなくて白けた気分になった。

ただ、意外性があって楽しめる人もいると思う。
やはり好みの問題でしょうか…
yuppi333

yuppi333の感想・評価

3.0
嫉妬の狂気って感じ。
意外な展開だったけど、
なんかしっくりこない。

水谷豊みたくてみた作品
>|