HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話の作品情報・感想・評価・動画配信

「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」に投稿された感想・評価

内容に惹かれて見始めたが、C級感がすごい&演者が悪い意味で素人っぽくてつまらなかった。リアリティもなく…。

題材は良いと思うので、もっと上手に撮って欲しかった。
Shimogai

Shimogaiの感想・評価

3.9
タレントやってた頃、同じ事務所でお世話になった西山諒さんが主演の映画「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」を鑑賞 。

ファーストデイで日曜日ということもあり満席状態。舞台や映画を観る時、知っている人が出ていると、ついそちらに気が行ってしまうことが度々ありますが、それを忘れるくらい作品に入り込んだ。

テーマが重く、色々と考えさせられる映画だが個人的に好きな作品。

西山さん演じる、娘を目の前で殺された母親・晴美が、真実を知りたいがために死刑囚となった犯人と面会を重ね悩み苦しむ様
がスクリーンからひしひしと伝わった。女性の観客が多かったですが、死刑囚の母親も含めた2人の母に感情移入された方も多かったのでは?

自分は男性目線で、娘を殺された怒りの矛先を晴美に向けてしまう父親、世間体を気にして姉に対して配慮に欠ける言動をとってしまう晴美の弟にも、一歩間違うとこうなってしまうという怖さを感じながら観てました。

今日は上演後に西山さんの舞台挨拶があり、撮影の裏話なども聞けて超ラッキーな鑑賞でした。まあ、それがあるので今日観に行ったんだけど…。

シネマスコーレさんには申し訳ないが、もっと大きな劇場で上映して、色んな人に観て欲しい。
ねこ

ねこの感想・評価

4.3
久しぶりに面白いと思えた邦画。
死刑制度や加害者・被害者家族について一度考えたい人には、ぜひみてほしい。
kaichi

kaichiの感想・評価

3.3
憎むべき娘を殺害した娘婿。
死刑は当然と思っていた母が、その死刑を止めよういう考えに変わっていく。

母は娘のどんな秘密を知ったのか。

何処に感情移入しても、なんとなくモヤモヤしてしまう。
友香

友香の感想・評価

4.8
ちょいちょいツッコミどころあるけどみんなひたすらに自己中で時々見るに耐えないくらいウザいのが妙にリアルで、感情ズタズタで見終わって1時間くらい情緒不安定になった
おひさ

おひさの感想・評価

2.5
2019/07/13
Netflix

全体的に 暗めの画像で 重苦しい。
「じゃあ どうしてもっと早く携帯を出してくれなかったの」
死刑囚の母親の言葉が 苦しい。

殺した事は 絶対悪い。
もっと早く携帯を
そこなんだよね。

被害者は 心の整理がつくまで 当然月日を要するわけで。

考えさせられる作品でした。
ロコ

ロコの感想・評価

4.0
みな罪を背負ってる、その罪をだれがどの立場で裁くのか……

みな複雑な胸中を抱えているが、主人公の心に一番寄り添えた。
目の前で起きた事件にもかかわらず、夫婦の代表としては旦那が裁判に立ち、検察は勝つための証拠だけで満足し、犯人の弁護士も同様だ。
目撃者で恐怖を体験し、娘を亡くしたことを7年経っても諦められない主人公が、だ。
彼女が蚊帳の外の自分に耐えられず、娘の携帯を手放せないのも無理はない。
なぜ蚊帳の外なのか?人がみな小さな嘘を抱えたからだ。

それを持っていれば、いつか開くかもしれないパンドラの箱であり、それが事件の中心の象徴だから。
旦那さんは7年経ち過去形で語ってる。
過去についての言及は少ないが、自分が娘にちゃんと向き合わず危険をはいしたり目を配らなかった後悔が消えないので主人公よりも限界が早かった。
自分を許せない気持ちから逃げたいから主人公を詰る、宗教に逃げる。(さらに、宗教が悪いと思えないのだ)ただその向き合いにも逃げたのだ。

弟の下りが最も辛い。
邪魔なものを排除すれば自分が安心。
これは死刑に対して最も多い反応ではないか。

一度お手つきしたカードはもう社会にリスクしかないという切り捨て、自分じゃないからいい。
そうして死刑制度も、人の心も救われない。
人権について、本当の人の心に向かい合わず、ただそれを知っている主人公だけが真実に近い。

犯人も自分は悪いと洗脳され、そういえば死ぬまでは許される、それについて本当に自戒する必要性がない。真実もだれも明かしてくれない。
真実などだれも必要としていない。

みな苦しい、だが本当の心について目を向けないといけない。
名作だった。だれも正しくなく、ただこの物語は真実に近しい、とてもひどくて優しい映画だ。
私刑的に行われる死刑制度はもともと批判的だが、なおそれを強くそうだと感じるようになった。
未だ中世近代の見世物的な死刑から脱せていない司法は未熟なのだ。
ら

らの感想・評価

2.8
記録🐰
お父さんが1番わかる。宗教にはまるのきっと楽。犯人の弁護士のわかってなさ加減がとても無理。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0
母親に勧められて観てみた。

全体的に妙に現実味があって怖かった。

娘を殺した犯人、殺された娘、その母親、それぞれが結果的には大なり小なり罪を抱えている。

加害者の母親と被害者の母親が対面した時の、なんとも言えない悲しさ、お互いがお互いに憎しみを感じ、同情する。

苦しみから必死に逃れようと、犯人を許したふりをする父親。
しかしうまくいかない。どうあがいても犯人を許すことなどできないのだ。

娘を殺された母親の兄夫婦が憎たらしかった。

今までありそうでなかった物語だと思う。
yuri

yuriの感想・評価

3.5
どの立場に立つかで視点も感情も変わってくるだろうと思う
誰が正しいかよりも誰がどう思うかを大事にしたい