天空の蜂の作品情報・感想・評価・動画配信

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

原発に頼らないと電気足りないけどちゃんと考えないといけないよな
国が全員騙してるのえぐい
今どき刑事みたいな奴の気合、かっこよすぎる
國村隼の現場の人似合いすぎる、シンゴジラみあるかっこいい
向井理が全部持ってく
きくち

きくちの感想・評価

4.4
前半1時間は状況や登場人物の雰囲気を掴ませるためか比較的落ち着いた雰囲気で進んでいましたが、後半はある出来事をきっかけに勢いよく物語が動き出すのでそこから一気にひきこまれました。
特に最後の30分はドキドキするシーンしかなく画面から目を離せなかったです。本当に面白い作品でした。
すい

すいの感想・評価

3.8
ちゃんと見たの2回目!だけど面白かった。やっぱり東野圭吾めっちゃいい。まあ個人的には子供を救出する場面がピークやと思ってるけど…あのシーンはカッコ良すぎて震えた。テーマがなかなかに重たいけど全体的に重苦しい感じにはあんまりなってなかったのが好きでした。綾野剛と向井理の扱い!!!とは思った。
sbchlcfltt

sbchlcflttの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結構ハラハラした。
原発話は大震災のあと他人事じゃなくなった。

重要なドアには必ず鍵はかけるだろうし、当日そこに誰もいないわけないし、筆跡は敢えて変えるとは思うけど。

端まで来させた時点でギリで揺れるんでしょとは思ったけど、こどもがふわっとした時は神様なんていないって気分になった。
勇敢な自衛隊のお兄さん(ミラクルすぎるけど)には、映画だけど感謝しかない。

止めたとみせかけたのは政府の嘘だったのか。
「電気の方が人命より重い」
実際そうなんだろうなぁ。


目の前であんなことになったら、あんな背中を見たら、三島みたいになってしまうかもなぁ。

雑賀の熱意というか恨んでる感は伝わったんだけど、いまいち動機的なものがわからん謎のキャラだった。

刑事の関根はよくやった。
ファンになりそうだ。

大人になった向井理の高彦なんて、いつもならシラケるだけだけど普通に感動した。

なんかよくわからんが結構泣けた。


秦基博の「Q&A」がカッコいい。
さりー

さりーの感想・評価

3.8
原発の裏事情的なのもあって、全体通して楽しめたけど、ピークは落下救出シーン。いや、あれはハラハラしたよ。
二組の親子の対比があって原発問題にも触れる社会的な側面もあるんだけど、とにかくプロレス実況のような救出シーンにゲンナリしました。
晶

晶の感想・評価

3.3
国は原発をなくそうとする努力よりも、維持しようとする努力は決して惜しまない
Choco

Chocoの感想・評価

3.3
指ーーーーーーー!!!!!!!!!!!!
足ーーーー骨ーーーーーー😭😭😭😭😭

作品としてはいいんだけど、だけど、

落合モトキくん。良い。
あと小さい頃のたかひこくんかわいい。
それだけが救いだった、、、
MrKATO

MrKATOの感想・評価

3.5
東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描く。
思った以上に骨太。1970年代の作品かと思いました。原発問題をエンタテイメント映画として仕上げるのは、今どき、かなり難しいと思いますが、果敢に挑んだ問題作だと思います。
公開前後?漫画で連載が有り面白かったのだが途中までしか読めなかった。
そのため前から見たいと思っていた。
どんでん返しも有りハラハラドキドキで流石東野圭吾原作。
細かい点では突っ込みどころも有るが子供が助かるシーンでは涙もの。😅
映画でも訴えているが原発というのは本当に困ったものだ。😅
福井県は原発銀座と言われるが1番最初に誘致したのが敦賀。当時の敦賀市長の息子がパンツ議員。どうしようもない人間でも当選してしまうしがらみが日本の縮図。😭
敦賀以降嶺南地域に15基も密集している。
なのに近くに自衛隊基地は無い。😅
ウクライナのこともあり対空防御を要請したみたいだが遅過ぎるのではないか?
3.11でみんなが痛い目を見たのに何事にも起きなければ(尻に火がつかなければ)動かない事勿れ主義は残念だ。
>|

あなたにおすすめの記事