天空の蜂の作品情報・感想・評価

天空の蜂2015年製作の映画)

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:138分

3.5

あらすじ

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなけ…

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

東野圭吾原作
堤幸彦監督

20年前に書かれたとは思えないぐらい、現在の原発問題に切り込んでる感がありつつ
高いエンターテイメント性

豪華キャスト
少し物足りなさがあったかな〜
江口洋介が頑張った〜
綾野剛はそんな結果望んでたんだろうか〜

自衛隊かっこいい
最初のヤフー映画の評価に騙された。
発想は悪くないし、実際にこういうテロも考えられないわけではない。

が、犯人わかりやすすぎてガッカリ。

ラストもイマイチ。
江口と松島花が大根過ぎて、物語を台無しにしてくれている。
原作が相当おもしろいんだろう。脚本グッド。綾野剛のハマり具合最高だった。
fuo

fuoの感想・評価

2.9
ヘリに男の子がいたシーンではハラハラしましたが、全体的には少し退屈かも
ヘリが蜂のメタファーかと思ったけど、死ぬ気で犯行に及んだ犯人のメタファーだった。
suemaro

suemaroの感想・評価

3.5
色々考えさせられますな。

邦画は侮れないぞ!と邦画ヘイトに
オススメしたい作品。

某地震の被災地の様な描写や
反原発等、トラウマがある方は
見ない方がベター。

頭の中、空っぽな状態で見てくださいな
20年も前に描かれていた目前の脅威
メッセージ性では満点の作品

3.11を彷彿とさせる事件、また被災地の描写がありますので、影響を受けやすい方は敬遠してください
ぜひ心と頭にゆとりがある時にご覧ください
「絶対に地上波では流れないだろうな
でも、こういうメッセージこそ危険だと叫び続けるよりも必要なのにな」
そう思いながら今ものすごい余韻に浸っています

東野圭吾さんの作品を実写化した映画
内容はまったく知らなかったんですが、公開中とても気になってはいました
こんな話だったんか…
あれだけ原発に反対していた声が沈黙した今こそ、この作品を観るべきだと感じます
CGがイマイチとか、演出が臭いとか、そういう事じゃない(たしかに突っ込みどころは多いけども!)
この映画を受けて、少しでも意識するきっかけになったり考える事ができたなら成功作なんだと思います
純粋に映画としても私は面白かったと感じたし、見てよかった
ただ、なぜあの刑事は死ななければならなかったのかは疑問
Yuka

Yukaの感想・評価

4.0
原作の方が細やかに描かれていたものの、大満足の作品だった。
あなどるなかれ日本映画!迫力満点。見応えあり。
トラ男

トラ男の感想・評価

3.8
原作を読んだのが結構前で、はっきりと覚えてるわけじゃないが、感覚的には原作の方が面白かったかな。

ただ、映像の迫力や俳優さんそれぞれの熱い演技もあり、映画は映画で良さがあって面白かった。
>|