天空の蜂の作品情報・感想・評価

天空の蜂2015年製作の映画)

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:138分

3.4

あらすじ

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わ…

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.5
軍用の巨大ヘリコプターが盗まれ、天空の蜂と名乗るテロリストが、日本政府に全ての原発を停止するべきという要求。要求に応じなければ、盗んだヘリを原発の上で墜落することになる。サスペンスの面で結構面白い。出てる俳優たちも有名 ー江口洋介、仲間由紀恵、綾野剛、元木雅弘など。
ハル

ハルの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キャスト豪華〜〜!!
でも大好きな綾野剛が悪役で悲しみ。
犯人の声明文の声ですぐ分かる!
むかいりーが突然出てきてびっくり。
贅沢な使い方〜〜
ぽん

ぽんの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

子供が取り残されて、ヘリで助けに行くシーン。このシーンが一番印象深い。
一人でみながらどれだけ叫んだことか。まるで自分がタカヒコになったかのような恐怖と、お母さんになったかのような絶望的な気持ちと切迫感。とても臨場感のあるシーンで、過呼吸になりながら叫んだ。実際には絶対に経験したくないことを、疑似体験できた。

*雑賀の逃走シーンも緊迫感あって、ドキドキした。

*そしてやっぱり、映画を感情で見てしまうせいか、いろんな説明用語やセリフが全然はいってこない!だから犯人側の訴えたいこと、というか気持ちの真意が十分理解しきれずに終わってしまった。そこが一番大切なところだよね。。。
全体的に映像はよかった
若い刑事もよかった
ただ、主人公が銃を握るシーンは理解できず
原作は5.0
ayu

ayuの感想・評価

3.8
なかなかスリリングな展開で面白かった。
豪華キャストで飽きなかった。
OTO

OTOの感想・評価

3.8
サスペンスとしては、かなりスリリングで引き込まれる。さすがは東野圭吾。だが、「原発の是非を問う」という遠大なテーマには、皮肉にもサスペンスとしての出来が良すぎたために、いまひとつ迫りきれていない気が。

江口洋介の「いい人」ぶりは、ちょっと既視感を呼ぶなあ。本木雅弘、綾野剛の存在感が光る。
emily

emilyの感想・評価

4.2
パンク侍公開待ちきれない!綾野剛の出てる映画を見まくろうキャンペーンの1つです。(個人的にやってるだけ)

原作は未読でして、結構Yahooのほうなんかは酷評が多く、心配してたのですが、見てよかった。
久々のめり込んでしまう映画でした。

まあお分かりの通り、大ファンなんですけれど、いつ見ても綾野剛の演技は圧巻ですね。車に向かって倒れていくシーンは含みのある切ない瞳と不敵な笑みに良い意味でゾクッとしました。サイコな悪役大好きマンなので、綾野剛のこの感じを見れただけでも最高ってとこです。(ボサボサ髪に髭も最高)

もっくんさんの演技もすっごい良かったです。あの端正なお顔立ちであんなにまっすぐ見つめられたら、もうもう。あまり言及し過ぎるとネタバレしそうなのでこの辺しておきます。

ただ、女刑事さんの棒読み感と江口洋介の役の夫婦不仲の設定、コメディリリーフ的役割であろう佐藤二朗のタイミングの悪さ、、、この3点は気になって気になって仕方なかったです。気になる人はもっともっと気になりそうだな、、、みたいな。

でもまァとりあえず、東野圭吾原作モノは映像作品でもハズレないなぁと思いますし、堤監督の作品はのめり込めて最高です。

また見よう。
とろろ

とろろの感想・評価

3.8
元々原作が好きで、映画化は反対だったけど観てみたらしっかり出来てた。
改めて圭吾りんの凄さがわかった。
綾野剛の演技が素晴らしい!
東野圭吾原作だったので。
始まり早々ハラハラしました挿入曲もよかったです。キャストがいいのか悪いのかいまいち分からないと思いました。(笑)江口洋介の奥さん役はもっと有名な人使ってほしかったり。本木さんすごい熱演でした笑 最後に向井理が締めてくれました。拍手
あられ

あられの感想・評価

3.4
今日は映画を見ようと決めて丁度よくやってたのがこの作品だった気がする。
秦基博さんの主題歌が残る。
>|