天空の蜂の作品情報・感想・評価・動画配信

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

原作東野圭吾、監督堤幸彦の作品。日本映画はこういう題材がとても苦手な印象で脚本が少し無理があるか。登場人物がとても多く、伏線の回収もなんとかこなしているが、肝心の人物像が薄く非常にもったいない。役者らそれぞれ迫真の演技で素晴らしい。
pier

pierの感想・評価

3.6
日本の全原発を廃棄しなければ、原子力発電所に爆弾を搭載したヘリを墜落させるという。
騙されようが知らぬが仏という考え方は、簡単には変えられないのが心理。
感情を抑えながら痛みや悲しみを表現する役柄は、本木雅弘によく合っている。
scotch

scotchの感想・評価

3.9
「そんな簡単に自衛隊最新鋭ヘリを盗めるかい!」とかツッコミどころは多々あれど、エンタメとしてなかなか面白い。スリリング。
子ども救出作戦、犯人捜査、黒幕。原発という社会問題を考えるきっかけとなることも素晴らしい。反対、賛成どちらの立場もとらないことも良い。
ただ1人、緊迫感を下げてる男がいた、そう佐藤二朗だ(笑)そして1人、おいしいとこどりの男がいた、そう向井理だ。仲間由紀恵が単なる端役というのもある意味新鮮だった。
原発の真上に爆弾を積んだヘリコプター。それを墜落させ、原発に激突させる。
ストーリーとしては面白く楽しめた。
ただ、演出がわざとらしいというか、江口洋介ファミリーの演技が酷過ぎる。大根な江口洋介、すぐにヒステリーを起こす妻、イライラさせるような行動しかできないのにモールス信号は理解できる小学生の息子。他の演者が上手かっただけに浮いてて、気になって仕方がなかった。
タカヒコ君、仕事を増やしやがって厄介な子供だ…お陰でハラハラさせて頂けた
話としては壮大で大風呂敷広げちゃたのでは…心配したほどにはならなかった
kicchaan

kicchaanの感想・評価

3.6
2021/11
TVで放送されてたものを録画して観賞!
まさかのCMなしで嬉しかった!

東野圭吾作品好きで観たけど、やっぱこの方は残酷というか、ドーンとくるものがありますわ。
原発の問題、身近に全く感じて生きてない私としても、ちゃんと考えなきゃいけないなと感じさせられました。

何か、誰のことも攻められないような、行き場のない怒り、悲しみ、悔しさが、どんどん連鎖していくのが、本当にやるせない。
失わなくていい命があったのも、やりきれないよねーという気持ちでいっぱい。
ただ、あれが向井理に……!!
というのがとにかく癒しでしかなかった笑
Clay

Clayの感想・評価

2.6
2021.5.3

ちょっと難しい話で、大半流し見っぽくなってしまった。
そもそも難しい話だなと思って、原発などの事を気にしようとしないのも良くないことのかな。。。
新型の大型ヘリコプターを盗み出し、原子力発電所の上空にホバーリンクさせ、日本国中の原子炉を停止させるというテロが発生。
無人のヘリの中には、ヘリの開発者の息子が取り残されていた。
mskir

mskirの感想・評価

3.4
キャラクターの諸々な背景が積み重なった原発に関わるテロもの。時間軸は無茶苦茶な気もしたが、フィクションとしては物語性良く、メッセージ性も強い。
沈黙する群衆へのRecognizeと問いかけは、本木雅弘と綾野剛の怪演で響く。
個人的には、いろんな要素がうまく纏まっているのに、どこか物足りなさ、というか吸引力が足りないようにも思える。
その中でも、子供救出のシーンと雑賀確保のシーンはインパクトあって良かった。
原作が1995年刊行であることに1番驚く。
dogmag

dogmagの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

映像は良かったけど、物語はあまり…原作はどうなんだろう

あくまで個人的な見解ですが、難しい問題提議をする姿勢は評価するものの、その作品の中で答えを出さないのは卑怯な気がする。
>|