天空の蜂の作品情報・感想・評価

天空の蜂2015年製作の映画)

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:138分

3.4

あらすじ

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わ…

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

JKARA

JKARAの感想・評価

3.6
90年代のアメリカ映画を観てるような気分でした!(いい意味で!)
もえ

もえの感想・評価

5.0
何の思考も持ち合わせずに物言う事を嫌悪する。
気軽な風刺や憐れみは人を殺す。
投げ掛けた言葉の後始末は、自分でするものでしょう?

そう思って沈黙する。
大作・・・のはずなのにラストが思い出せません
自分の頭には、原発の上で最新鋭の大型ヘリがホバリングしたまんまなんです

このもどかしさ、モヤモヤ感は、自分のせい?それとも映画のせい?
誰か助けて
原発のこれからを考えさせる映画かと思ったが、原発のことを考えさせられる感じがあまりなかった。犯行理由も弱い
ちなみ

ちなみの感想・評価

3.2
もっと原発の有無を考えさせる描写がほしいし、犯人が犯行をおこした理由を簡単にしすぎてる気がした。
原作読みたい。
けどなんとゆっても大好きなもっくん!やっぱ男前やった、、、
maruko

marukoの感想・評価

3.0
原発、ヘリ、テロ、という壮大なテーマなはずなのに、そこまで心に残らず。
映画としては、、うーん。盛り上がらず微妙。
犯人のメッセージは心に響くため、それだけ
Mizuki

Mizukiの感想・評価

-
CGと分かっていても何度も心臓が止まりそう、心臓がヒュンって跳ねるようなシーンがあって。とてつもなく大迫力だった。これ映画館で見てたら失神してるかも(大げさ)
お母さんの手の震えが私にもつたわってきたし、色んなシーンが映画といえどほんとにほんとに怖かった。
アクション映画として楽しめるだけでなく原発の是非を改めて問われる作品だった
jet

jetの感想・評価

3.0
原作が面白かったので、見ました。原作の方が、メッセージが濃く、緊迫感もあったのですが、映画の映像があると、難しい事を考えずに話が進むし、リアルさが増して面白かった。
>|