天空の蜂の作品情報・感想・評価

天空の蜂2015年製作の映画)

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:138分

3.5

あらすじ

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなけ…

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

「日本人の顔にぶっかけてやるんだよ!」

思ってたより楽しかった!


まぁ 好きな部分も多くあるが、イラっとする部分も少なくはない……といった感じですかね。


とにかく「なげぇな…」とひたすら思ってしまった。
とくに開始30〜40分くらいで、江口アニキともっくんが、大声で喧嘩するので「お、ついにクライマックスきたか!」と思ったが、そりゃそんな早くにくるわけないので。

そんな感じで、クライマックスが何個もあると疲れるんですね観てる方が。

相変わらずスローモーションが多くて、どこをエモーションのピークにしたいのか焦点がブレちゃいますし、回想シーンばっかの終盤は「あ〜また回想かよ」って呆れてしまいました。

演技の演出もあんまなぁ…

そんなことよりガキの喘息設定とか、完全に"ための"設定じゃないですか。無線に応答できないくだり心底イライラしましたわ。


あと、前半の大見せ場であるガキの救出シーンですが、テレビ中継の実況が常にあるので、どうも「VS嵐」みたいなバラエティ番組で、体を張ったゲームに挑戦する子役って感じの映像に見えて、笑ってしまいました。


ただその直後の急降下救出シークエンスはアガりました!
「アイアンマン3」よろしくカッコいい人命救助シーン!

しかも今までヘリとかCGや合成ばっかの映像だったので、ここで実際にスカイダイビングしたライブ感溢れる映像になったことで、より「カッケェ!!!」って感じでテンション上がりましたわ!

ヘリのナイト、ビーストという2号ライダーコンビがこれまた良いんすよね〜。

あと何と言っても綾野剛の出るシーンは全部最高でしたね!
アクション、爆破、ゴア
映画的に楽しい要素てんこ盛りでしたよ〜!!!

田舎のバディ刑事ものってのもまたエエんだわい〜



そんな感じで楽しいところは楽しい。それ以外はもうなんかダラダラグダグダしてんな〜って思いました。

例の髪切るシーンのウィッグ感たるや
asehoi

asehoiの感想・評価

2.5
原発問題にここまで踏み込んだ映画を作ったことは、賞賛。すごい。

しかも、原作は1995年刊行されていて、東日本大震災前というのが驚き。

今では原発問題は、表舞台に出ているけど、1995当時は、問題視されてなかったはず。まさに、「見たくないものは、見ようとしない」状態。そこに注目した東野圭吾には、驚かされるばかりです。警笛まで鳴らしていたのかな。だとしたら天才ですね。

映画は、無理矢理に派手にしようとするシーンが多くて、イマイチ。

やっぱり、ミサイルを飛ばして上空で爆発させるのはマズイのかな。素人だから冷静にそんなこと考えてしまった。
ayaka

ayakaの感想・評価

4.0
時々 こんなの有り得ない!とツッコミを入れたくなるシーンはありましたが、原発の問題について丁寧につくっていて観やすかったです。
morie

morieの感想・評価

4.0
演技が大袈裟すぎでは‥‥と思うところがありましたが、テーマが明確だし、ストーリー的にも十分面白かったです。

昨今の原子力発電を取り巻く環境は複雑で、様々な意見がある所と思いますが、現場の技術者の皆さんの真摯さはこの映画で描かれている通りなのではないかと思います。

原子力発電がブレイクスルーしなければならない問題は自然災害だけでなくテロも大きな要素である、と改めて感じました。
mi

miの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

うーん。
仲間由紀恵の役所が、何故そんなにしてまで彼に加担するのか、恋人だからという理由だけではない何かがある気がする、そこを掘り下げたらかなり深い映画になりそうなのに惜しいなあという鑑賞後の印象。
原作ではそこが描かれているのだろうと気になって読んでみたら、まさかのノータッチ。
江口洋介の子どもがヘリに1人取り残され、その救出劇にハイライトを当てている感があるが、そこまでハラハラもせず。
綾野剛は良かった。
YF

YFの感想・評価

3.0
単なる飛行機が原発に落ちるのをいかにして阻止する話かと思ってたら、その背景には原発をめぐる様々な問題が隠されてて、想像以上に深い映画でした。
「本当に狂っているのは誰か、いつか思い知ることになる」の台詞の後に、東日本大震災の場面を持ってくるあたり、すごいメッセージ性を感じました。
目を背けたくなるような内容でしたけど、日本に住む人なら、考え続けなければならない問題を問いかけた、そんな映画でした。
Santa

Santaの感想・評価

4.5
エンタメ作品としてとても楽しめました🌟🌟🌟🌟🌟
何かと言うと、直ぐ急に何を言っているのか聴き取れないほど怒鳴って落とし前をつける演出や、本来ならばもっと大人として、重要な立場の人間として、冷静な判断と対処をすべき場面で、これまたやたらと私憤をぶつけて感情的にヒステリックになる演出が鼻につき、綾野剛と柄本明の絡みや、仲間由紀恵と本木雅弘の深刻シーンはこれはもはやコメディか?と思わせる程でした。
それでもやはり、エンタメ感噴出で、138分という長さがあっという間でした🌟🌟🌟

このレビューはネタバレを含みます

原発の是非とか報道の真実とか知らない方が安心とか色んなテーマが入っている映画。

立場によって考えは変わることがよくわかる。知らない方が幸せって確かにあるのかもしれない。

こんなシリアスな作品にでも自分色を出す、佐藤二朗さんが大好きです。ホッコリします。
ろあ

ろあの感想・評価

2.5
なんだろう…
この感じ、文章にするのは難しい

引き込まれながら見たはずだが
そんなに緊迫感を感じず
最終的に何だったの?と疑問が残る
豪華な出演陣の素晴らしい演技に
魅了されただけか…

仲間由紀恵さんのシリアスな演技が
個人的には好き!
strmmy

strmmyの感想・評価

3.4
原作を先に読みたかったが、録画してあったのでやむなく観賞。最後まで飽きずに観られた。手を伸ばさなくても、技術者ならもっと有効な方法取るでしょ…
母親役の石橋けいさん、顔も声もスタイルも大好きです。
>|