イズ・エーの作品情報・感想・評価

イズ・エー2003年製作の映画)

is A.

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.1

「イズ・エー」に投稿された感想・評価

好みではないTDK
なあんか綺麗すぎる気がするのよね
そそられないなあ
スー

スーの感想・評価

4.5
すごい暗いけど爽やか。今思うと豪華キャスト、っていうよく聞くやつの中のひとつ。内藤さんが味がある。
krc20

krc20の感想・評価

3.3
過去に鑑賞

被害者の父の苦悩…
考えさせられるものがありました
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

2.0
「生と死」を語るシーンが多いが、「人間が進化すると魚になる」とか言われても何も響いて来ない。
難しい問題ですが、更正を否定しまっては刑務所の存在意義がないからね~。
最後、勇也が一体何を伝えたかったのか。自分は更正を信じたいけど。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

-
過去の観賞記録。

タイトルに惹かれてなんとなく観たけど、出会えてよかった映画でした。

加害者、加害者の父、そして家族。
被害者、被害者の父、そして家族。
すべて人生が狂ってしまう。

いろんな感情が込み上げてくる映画。
粉雪

粉雪の感想・評価

2.0
小栗旬くんブレイク時に、DVDで鑑賞。後味悪かったのを覚えている。
でも、突き抜けるような強烈なインパクトは無かったかな。最後の海のシーンは印象に残ってるけど、何を一番訴えたかったのかボヤけた作品だったように思う。
主題歌全然合ってなかったけどベニーKって懐かしい、いま何してるんだろう。小栗旬の今をときめく美少年ぷりがパッケージされてて映画というもののよさがある。まーきの!

猟奇的犯罪を犯した少年とその親との関係、という題材的にはエズラ・ミラーの「少年は残酷な弓を射る」とダブるところがあったけど、結末は全然違って面白い。こっちのほうが救いがない。
ソナチネと併映 この小栗旬がまーきのっ2003と左胸打たれてそこまで動くか内藤剛志オブザイヤー あと主題歌がBENNIE Kで白目剥いた つまんなかったー!
なんか変な気分になる映画だ。
ソナチネのフィルム上映が最高すぎて、その余韻冷めやまぬまま、変なテンションで見たのだけれど、とにかくダサくてキザで特に内容もないセリフをしゃべることしゃべること。
そんな映画的でないシーンがずーっと続くのに、急に映画的なシーンが差し込まれたりするから困る。
そして、俳優の熱量もすごくて内藤たかしとかほんと見てるだけで泣けて来る。


最後の海辺での乱闘とかほんと映画的だと思うし、あそこだけ見てたらほんと傑作なのに、すげぇダサいセリフとか、なんか意味ありそうでありすぎるセリフとか、セリフ優位のシーンが多すぎて、映画としては台無しみたいなシーンが多い。
それなのに、扱ってるテーマ自体は重いから観た後この映画のことばかり考えているという。


もう意味がわからない。
もしかしてこの映画好きなのかもとレビュー書きながら、思い始めてしまう始末。


あー困った!
>|