L.A.ジョーンズの作品情報・感想・評価

「L.A.ジョーンズ」に投稿された感想・評価

nick

nickの感想・評価

-
2020/12/28
Amazonプライム

やり手マネージャーのジャックを演じるデボラ・ハリーがボーカルのバンド Blondie のヒット曲 “Heart of Glass” (1978年録音) が合間合間にバンバン流れてる。 ちなみにデボラはこの曲の作者のひとり。

ドラマが制作された 1997年は、1982年に解散した Blondie が再結成されたタイミングなので、プロモーションの一環という意味もあったのかな、なんて邪推してしまう。

久々に VIDEODROME を観たくなったが、アマゾンでは配信されてないっぽい…。
配信は年末までです。

高級娼婦。自ら体を売る行為は精神も削られると聞いた。
まず女性を金で買う自体キモい、吐き気。
女と見りゃ見下し。
リズ頑張れ‥‥‥!芯がある。

常に主導権を握る自立したリズ。
ドラッグには手を出さず、信念を持って働いてる。

今も変わらずだけど、女は男には見下され、年下の女には馬鹿にされる。

それでも自分の目的のために自分でできることを
全うする姿は潔くてカッコイイ。

夢ばかり見て叶いもしない妄想を捨てられず
大したことも成し遂げられないような甘ちゃんの数億倍は素敵。

顔が可愛い、スタイルがいいという言い訳を言わせないんブリトニーパウエルの演技よかった。可愛いのは確かなんだけどね。


しかし自叙伝を取りました的な構成は謎(笑)
元々はドラマなのよね???
checopan

checopanの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

リズが可愛くて美しかった。

けど、少し思ってたのと違ったかな。
人をお金で買うのもおかしいし、自分をお金で売るのもおかしい。そうしないと生活できなかったり、夢を叶えられない人がいるということも悲しい。
リズは自分を磨いてるし、自分が美しいことも知ってる。高値で、電話で主を通してしか受け付けないというコールガールというものに一種のステータスというものを抱いていたのかもしれない。そう思うと時代とか風潮とかって怖いなって思う。

性行為というものに対して別に、嫌悪感とかがあるわけではないけど、妻子持ちなのに他の人とするとかはやっぱり最低だし、ゲスだなって思ってしまうよね。
そこに付け入る女性も女性だし。
今芸能人で不倫とかほんとに多いから、余計そう思ってしまった。

リズが私にはこれしかない的なこと言ってるの勿体ないなぁって。でも、それは今の時代に生まれたからこそそう思えるのかもな。
yukiko

yukikoの感想・評価

2.5
自分を貫きまくるコールガール、90年代の見本の様なドキュメンタリー調の映画。
sienne

sienneの感想・評価

2.9
「性の商品化」って呼ばれるようになった時代。LAで夢見るコールガールのお話
Anya

Anyaの感想・評価

3.5
読書とプールとお金が大好きなコールガールの物語。オチは微妙だったが、その微妙さが娼婦の現実を突きつけている。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
主人公のリズは 土地は人間のように裏切らない さっさとお金を貯めて足を洗おうとしているコールガール

自分を守るためのルールもしっかりしてるし 若いうちしか儲からないことも知ってるのが救いだなぁ

後輩は 薬もやるし自分をしっかり持ってないからどんどん堕ちてく

セクシーシーンはほとんどない かな
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
それぞれの語りが良かった。

需要と供給… それでうまく成り立つ夫婦もある…かな。
愛と夢を売る仕事… なんて綺麗事だけでは無いから。
えな

えなの感想・評価

3.9
古くさいけど面白かった。特別なストーリーはないけどリズのふるまいや、それぞれのお客さんとのやりとりひとつひとつが爽快。
>|