ラブ&ポップの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラブ&ポップ」に投稿された感想・評価

媛

媛の感想・評価

5.0
カメラワークと台詞が最高だったな
90年代の渋谷×JKもたまらん
この時の仲間由紀恵イケイケすぎる
手料理振る舞う人結構すきだった
ラストもすごい良かった

無意識に感じてしまう他人への劣等感とか自分に足りてない何かで苦しくなる感じとか急に訪れる無力感とか全部自分がバッド入ってる時の感情すぎて色々と思い出してしまった

ようするに価値があるんだから安売りするなってことでしょ?ってセリフ良かった
菫

菫の感想・評価

-
想像の20倍すきだった
サプライズ登場の浅野忠信とピロウズによろこぶ
エヴァからの貞本ナントカからのフリクリ繋がりとかなのかなあって思ったけどこっちのが先だったよ
夕

夕の感想・評価

3.8
すげーめまぐるしいカメラワークで、庵野が実写するとこうなるって感じそのまんまやった
仲間由紀恵大人っぽいというか大人だ
12万のトパーズを買うことはダンスを習い始めることだったりノートパソコンを買ったりすること(昨日との決別)と並列する、と無自覚的に思い込む女子高生
90年代において、JKらが体を売ることで今を生きようとしてたこと(しかもそれが社会現象になる程広がった)ってちょっとすごいエネルギーやなと思った
ただ映画上でもあったように倫理観や道徳観にまったく意識が及んでないことが問題なんだと思う
riyo

riyoの感想・評価

3.8
自分の存在って、他の誰かにとって価値のあるものだから。

「Focus」のでも思ったが、浅野忠信は
まるで現代の若者のように何に執着があるかわからず、触れにくいと感じるようなな存在を演じるのが本当にうまいよなぁ
EE

EEの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自分がJKのうちに見れて良かった。
見てる間はまぁまぁ不快だった。最後、家族の存在に安心して終わるのかと思ったら、自分の欲しかったものが手に入らなかった悔しさで終わるの良かった。

自分から急に出てきた衝動が日常にかき消されて無くなってしまう前に、それを掴もうと少しくらい無茶する事はいつかは必要だと思った。
大人になったらそういうことが難しくなっていくだろうしねーーー自分は大事にしないとだけど
銀杏BOYZの援助交際が好きです、
あの素晴らしい愛をもう一度もすきです、
eureka

eurekaの感想・評価

5.0
好きな瞬間が途絶えない最高の時間を過ごせます、らぶらぶらぶ!ぽっぷ!だなあ!
え

えの感想・評価

4.0
やけに滑らかな映像に早いカットとカメラの位置が特徴的な作品
今では規制の問題でロケをしにくい東京の風景を捉えた映像は見る価値があったし、援助交際をする女子高生と搾取する大人達はバカバカしくて面白いと思えた
シン・ゴジラのように画面を構図で見せるというよりかはカメラの動きを出した
女子高生のデタラメな捉え方には賛
別に見たくもないカメラの位置からなる映像はくどかった ここには否
庵野秀明監督の実写映画は他にはない演出や撮影方法が魅力なんだけど必ずイラッとしちゃう
いのーちかけてとー
涅槃

涅槃の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

援助交際なんてマジモンのサイコパスしかせんと思ってたけど案外そうでもないんやね。平成初期の雰囲気めちゃいい

このレビューはネタバレを含みます

庵野秀明による初めての本格的な実写映画。
トパーズに魅せられた女子高生が援助交際をして日銭を稼ごうとする1日を描いた作品。
メインの女子高生4人組のうちの1人が無名時代の仲間由紀恵。

女子高生が咀嚼したマスカットをコレクションする中年男やレンタルビデオ店での気色の悪いシーン、豹変する浅野忠信などが見所。

独特過ぎるカメラワークやエヴァを思い起こさせる演出法も魅力的で、時代の空気感を醸し出すことにも成功しているように映った。
>|