ラブ&ポップの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラブ&ポップ」に投稿された感想・評価

KIROKUYO

KIROKUYOの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

視点、アングルとかがあっちこっちするのが抵抗してる、もがいてる感じがした
それが内容とリンクしてた、、?

この映画を成立させてるものは何?
hm

hmの感想・評価

4.0
援助交際する女子高生へ明確なノーを突きつけていたけど、自分を無価値だと思い込んでいることへの明確な優しさもあった。
こんなに面白いカメラワークはアングルに拘る庵野でしかやっぱり見たことがないし、黒のバックに白字のスーパーを映し出すのも庵野味が強すぎる。ドキュメント感がしっかり出ていてとてもリアルに見えた
utkt

utktの感想・評価

-
 シン・エヴァを見た勢いで、前に途中までに見てたのを見た。色んな撮り方が面白かった。 
nnk

nnkの感想・評価

3.7
・何かが欲しい、という思いをキープするのは、その何かが今の自分には無いという無力感をキープする事で、それはとても難しい。
☝︎印象に残ったナレーションメモ。

・懐かしい渋谷のあちこち、Qフロントの工事の囲い。
・ビブレあったんだ……。
・歌の大辞テン懐かしい。
・このタイプのプリクラ懐かしい。
・突然の鳥肌実さん。
・ラジオの声が三石さんなのとカヲルくん役の人が電話の人なのはわかったけれど、エンドロールに出てきた河瀬直美さんは一体……(わかりました)。
・出てくるおっさん陣がみなさんよい。手塚さん、あやしい役の印象が強いけれどこれはまた……。
・模型にカメラを付ける、これは後の……。
・渋谷川を歩いていて羨ましい。結構歩いている。
・仲間さん、昔から変わらずお美しいのですな。
・きらりさん好き。
・三輪姉妹何故か90年代ホラーの印象。
・ピラミッドみたいな場所が気になる。

・何にも持っていなくて何か決定的な大きな物が欲しいけれどそうじゃないこれじゃない、もやもや、虚しさ、無力感、は少しわかるなと思った(それでああいう事に手を出す人の事はわからない)。
パスタずぞぞぞって食べるのを背後から撮って、その間に料理人がドン引きしているって構図がめちゃくちゃいい

SPECとか大人が真面目にバカやってるの大好き
Jinretuyh

Jinretuyhの感想・評価

5.0
カメラワーク、構図、テンポあと電柱は完全に庵野秀明のもので、他では観たことがないもので、とても面白い。

90年代の渋谷、女子高生の空気感。そして何より、庵野はそれを良しとしていなかった、というのが面白い。

あと村上龍が援交について書いてるのは知らなかった。

宮台以外の援交少女へのアンサーはあまり見てこなかったので、とても興味をそそられた。
23本目‼︎面白かった!改装が行われる前の渋谷、援助交際、ルーズソックス、過去のものだからもはや歴史的資料として価値があるな、でもプリクラは今でも残ってるのか、根強いな、当然だけどアングルがちょっとだけエヴァっぽいな、など色々なことを考えていましたが、「ちいちゃんって言われてる子、めっちゃ美人だな〜」と思ってたら仲間由紀恵だったことの衝撃が全てを持っていきました。
変態。フェチ全開。気持ち悪い。
実写JK版エヴァ。
アニメ的なカメラワーク・演出とか、庵野的編集は光るものがあって、独特のリズムがあって面白い。
基本気持ち悪いんだけど、主人公のナレーションが絶妙に刺さる。笑
セリフが良いです。
90年代渋谷の空気感をドキュメンタリー的に感じられる映像資料として貴重だと思う。
あと仲間由紀恵(JK)が強すぎる。
全体的に庵野秀明臭がすごい
若かりし仲間由紀恵、どちゃくそ綺麗
まつの

まつのの感想・評価

4.1
カット、構図、シーンの画、カメラワークそれぞれに魅力がある作品

援助交際をテーマに、それに対するアンチテーゼというか、主張の様なものストーリーを通して感じられた

ポケベル、ローファーにルーズソックス、肩パットしっかりめなダブルのjkt、90年代の時代背景が感じられる要素も良かった
>|

あなたにおすすめの記事