ミッドサマーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

上映館(3館)

ミッドサマー2019年製作の映画)

Midsommar

上映日:2020年02月21日

製作国:

上映時間:147分

あらすじ

「ミッドサマー」に投稿された感想・評価

ごまめ

ごまめの感想・評価

4.0
胸糞悪い、、、
けど色彩が綺麗
フローレンスの演技が役にハマってて良き
青猫

青猫の感想・評価

-
前々からかなり話題になってて映画館で見た時はいよいよ見れるぞ!ってめっちゃ楽しみだった。カラフルで明るくて美しくてその分全てが鮮明に見えてしまって、すごくえぐかった記憶。見てはいけないものを見たなあ〜って感じで、その時は友人とみたけど話したいことが多すぎてむしろあんまり話せなかったな…
スコール!!
dpb

dpbの感想・評価

4.0
いやもうお腹いっぱい。
気持ち悪いとかじゃない、もはや気持ち良い。
自粛明け1発目の映画館で見る映画として合格!!(見た事を忘れていたのは確かだけど)
次回作も楽しみだから、今日も生きます。
三國

三國の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

追記

SAN値チェックポイント×いっぱい

映画館じゃなくちゃ、切ってた。


ちょー強かった。
ひゃおわあー
なんと、いうか、この世は地獄だとすれば天国? ユートピアだ。
現在。
中央線の電車内に、蝉が侵入した。いたく驚いた僕と、車中の方々と、ティッシュに包んで捨てたおばさん。
さいきん、緑が怖い。
蝉を握ったら、潰されてぐしゃぐしゃになった遺骸がこわい。踏み潰されたいも虫が靴の底に張り付いているのがこわい。たぶん、人に触って、同じことを感じる。もちろん、壊れるのは僕ですが。

最後の方さ、主役の子が情事を目にして、喘ぐところ、みんなで一緒になってやるところ、あれがすごくよかった。

啓蒙。ちょうどカントを読んでいまして。狂気というのが傲慢。郷に入っては郷に従え。生命のサイクル説。彼らがそこで生きていること、それをスクリーン越しに見ている私たち、だから、批評を免れない。
言葉は要らない。その、幸せ。言葉=不幸? 距離。判断。抵抗。やっぱり、おかしいじゃないかと思うけれども(!)、それが正しいことなのかどうかは判然としない。冒頭は現代で、未開人とおそらく啓蒙家諸氏が見たような連中から、進歩したようでなんにもかわっちゃいない。少なくとも、時は既に、今ここにのみあるから、前に進むんでもない、後に戻れることも、絶対にない。
バタイユは、どんな覚悟だったのだろう。
大衆病理から、アレが出てくることを僕は予想しない。アレはもっとエネルギッシュだし、ーーあ、でも、教祖誕生か。それにしても、最後は悲鳴をあげる。ーーそういう見方が既に偏っていて、嫌だ。
外の者ですから、僕は、あんな風にして殺されるのは嫌だ。
アメ公が、慈善事業と称して中東に爆弾落としまくったのも、なーんか肯ける…? いやいや、でも、あそこまで宗教心の高い奴らもいなくて、あ。
うん。どーでもいい。

まだまだ人生に期待してんのな。というか、こんなにかたちが崩れることに怯えていたっけ? 顔を覆ってみたり。ピントをずらして見たり。いやはや、気づかぬ間に保守的になっていようとは。よくも? 悪くも?? あはは。
Mami

Mamiの感想・評価

4.0
ホラー苦手なのにずっと気になってて、やっと観に行きました。北欧、スウェーデン、夏至祭につられて何の予備知識もなく行ってしまった。正直、途中で頓服薬飲もうかと思いました。でも不思議と退席しようとは考えなかった。最後までちゃんと観ました。帰り道、電車の音とかにもドキドキする自分がいました。予想通りに人が死んでゆくのですが、けっこう心がやられてしまい疲れた。でも観に行ってよかった。精神疾患持ちですが大丈夫でした!4日経ちますがまだミッドサマーのこと考えている(笑)なんだかんだではまってるのかも。
狂いすぎてて映画館に5000日居たんじゃないか?ってくらい長く感じました。大泣きしながら共鳴するところ面白すぎて笑いを堪えるのに必死でした。
ウィル・ポールターは「デトロイト」のときといい、酷い人間の役ばかりで心配になる。そんな子じゃないんですって間に入って説明したくなる(「リトル・ランボーズ」好き)。
恐怖感、嫌悪感、不眠、吐き気、胸焼け、胸つかえ、不快感、寒気、痒み
事前情報ほとんどない状態での鑑賞だったので途中から、何見せられてるんだろう…ってなりました。
確かに衝撃的ではあったけど、昔だったら完全にカルト作な内容を色とりどりの花飾りや幻想的な美しい映像でポップでおしゃれ風に仕上げてそこそこのヒット作にしてしまった手腕はすごい。
主演のダニーは日本人にも親しみやすい体型で太い二の腕を上げて踊る姿がとても可愛いかった。
身近な学生のありがちな(でもないか)日常からスウェーデンのとんでもない奥地に飛ぶけど、そこで論文のテーマで小競り合いするところ面白かったです。
確かに誰かに話したくなる映画ではあります。
フェスティバル・スリラーは新ジャンルになるのでしょうか笑
ミ

ミの感想・評価

3.8
しっかり抑えるところ抑えてから見に行って良かった…色んな箇所において…