ウィッカーマンの作品情報・感想・評価

「ウィッカーマン」に投稿された感想・評価

勧める人は選ぶけど大好きな映画の1つ
高校の頃これを見たのをきっかけに一時期カルト映画にハマった
Max

Maxの感想・評価

3.0
それ以上もそれ以下の言葉も見つからない。ただ只「不条理」としか言い様ない映画。
Elmar

Elmarの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

やっぱりなー。生贄に誘き寄せられたのは分かってしまった。
っていうか、あんなの蹴破れよ!ああ、神様なんてやっている場合じゃ無いだろw
それにしてもクリストファー・リー、最後の方でサルマンだった。
Sari

Sariの感想・評価

-
2018.3.26鑑賞

📝2枚組DVDの
DISC1 本編88分の
劇場公開バージョン。
デジタルリマスター
5.1ch サラウンドREMIX

伝説のカルトホラー。
行方不明の少女を辿って、
ひとりの警官がたどり着いた島。
そこは、
恐怖とエロスに彩られた
〈禁断の聖域〉だった。📝


こんな映画観たことがなかった。
想像よりもホラー要素が少なく観やすかったが、設定やストーリーはとんでもない…‼︎

厳格なキリスト教を信仰している
ハウイ巡査長役のエドワード・ウッドフォードが良い味を出している。
島全体が得体の知れない卑猥な宗教や教育を当たり前としており、彼が其れ等や誘惑する女性達からグっと堪える様が面白い。
島を支配するサマーアイル卿役のクリストファー・リー 。有名な吸血鬼役からのイメージ脱却を計ったそうだが、かなりのハマり役。
スコットランドのハウイ島で撮影された魅惑的な景色、至る所で脱いでいる女性達などサイケデリックなムードが漂う。

俳優以外のエキストラは全て実際の島の住人達を使って賄ったそうだ。
衣装や小道具も凝っており70年代フォークロア・ファッション目当てでも楽しめる。色彩は原色使いが多く、リマスターされて鮮明で美しい。

謎解きながら見進めていたが、意外な展開に。ウィッカーマンが日没と共に崩れ去るラストが印象的だった。

カルトなアートっぽさが印象に残る好きな映画となった。
いま

いまの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

どちらも己の神を信じた結果がこれである。多勢に無勢というべきか。ラストのウィッカーマンが燃える絵は痺れた。
りょー

りょーの感想・評価

3.5
不気味な雰囲気が漂う映画だった。

ラストのシーンはマジ最高に狂ってていい
堊

堊の感想・評価

3.7
「イエスも処女から、つまり妊娠させたのは幽霊かな?」

ラスト、焼け落ちた首がもたげて太陽のアップになるのはさすがにやりすぎだと思うが、すべてを知った主人公のアホ顔の後ろで鳩が横切る演出は奇跡に近いと思う。88分は素晴らしいけどまだ長い。
土着、閉鎖された島の異様な宗教の話。最終的に騙されていたという。レディオヘッドのPVはこの作品から影響を受けたのかな。
hsn

hsnの感想・評価

3.7
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。新年一発目がこれ……と、思うくらい不気味な雰囲気の作品を見てしまいました。無宗教な人間の内の一人なので信仰と生き方が直結する感覚は理解し難いところはあるんですが、だからこそ客観的に見る事が出来たのかもしれない。短めなので怖くていい流れのままエンディングに持って行けるのも良いです(笑)(20180103)
yasumax

yasumaxの感想・評価

3.0
男根を崇拝する異教徒の島民がコミカルかつ不気味…
私はラストも含め、苦手な作品。
>|