ウィッカーマン final cutの作品情報・感想・評価

『ウィッカーマン final cut』に投稿された感想・評価

制作のイメージを広げるために見ました。
ながらで見たので100%集中できなかったけど見入るとゾッとする内容だったのかも、
田中P

田中Pの感想・評価

4.0
一番大好きなカルト映画の大傑作!!!

島民が隠している陰謀が恐ろし過ぎる
((((;゚Д゚)))))))

そして、何よりちょいちょい流れる不気味なフォークソングがあなたも頭から離れなくなるはず笑
yuka

yukaの感想・評価

3.0
ミッドサマーに勝てる面白さはないけど裸で踊ってるのはニコニコして見れた

1973年イギリス製作のカルト映画として知られた「ウィッカーマン」のファイナルカット版。

行方不明の少女捜索のためスコットランドの孤島に上陸したハウィー警部は捜査に取り掛かるのだが、島はサマーアイル卿が統治するケルト神話に支配された禁断の地だった。

編集前のネガフィルムが紛失した状態で様々な経緯からいくつかのバージョンが存在する。
日本では2020年8月に<奇想天外映画祭で初上映された。
osakana

osakanaの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

盲信的なカルト信者とキリスト信者の対立が皮肉的で面白い。

かなりシンプルでスッと入ってくるし、美術もキャッチーでかわいらしい。
名作。
堂本

堂本の感想・評価

-
奇跡的に映画館で見れた。大好きだ〜!愉快でハッピーな奇祭カルト映画サイコー!
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

3.5
カルト宗教団体の慣習や儀式に巻き込まれる恐怖(50年前の作品なんでそんなに怖くはないけど)。その遺伝子はA24の「ミッドサマー」などの受け継がれてるね。生贄を人型の檻に入れて燃やすウィッカーマンなる儀式は本当にあったとのこと。クレイジー。
Mouki

Moukiの感想・評価

3.5
記録

ニコラス・ケイジのリメイクのほうが先でしたが、気に入ってしまいこちらも拝見しました。

制作された時代が時代なので、おいおいっ!とツッコミをいれたくなるシーンが多いですが、それはそれで不気味さを増幅させる可能性もあるかもですね。

でも、このウィッカーマンのデザインはかなりお気に入りです。
hamuko

hamukoの感想・評価

2.5
ミッドサマー的なカルト集団に
迷い込んだ警察官。
怖、、

そういえば綺麗な女性が多い島ですもんね。
蜘蛛の巣にからまれたら
そりゃあ餌食になってしまいますね。
計画的にからまれたら
逃げられませんね。

そういうじっとりした鬱々とした空気感が
最後に爆発して炎上ですね、、
JEEEEEEESUUUUSSSS‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎
どんな祈りも願いも悲鳴も怒号も
子ども達の笑い声も祭りの歓声も
この世界では全てが等しく何の意味も持たない

カルト島の異様を描く
伝説カルト映画のファイナル・カット
国内最終上映と聞きつけ飛び込み鑑賞!(盆前の事です)
なるほどヘンテコなフォークソングのシーンが従来版より追加されてるようだ
(このシーンだけ取ってつけたように画質が粗い)

[ホラー映画]というより[いや〜な映画]の最高峰
変態島の変態自慢
異端の村を飾る意匠の数々が色々変で気味悪い!
ボートの眼に女型のケーキ、居酒屋グリーンマン、異常な“性”崇拝&実技演習、とんでも野外授業、そこかしこに道祖神(チンコロ)様が⁉︎ なっ何考えてんの⁉️
下ネタNGのKO連(清らかなオッさん連盟)代表 さすらい農場としては [ンまあ なんて事… ] と眉をひそめるばかり!
      
古代信仰も巨大宗教も科学崇拝も
正統と異端を決めるのは[数の優劣]のみ!
万物の霊長、地球の覇者などと驕り高ぶるのは
傲慢な愚者でしか無いという事!
非情に沈みゆく太陽
オー・ソーレ・ミオ
恐れ見よ!
良い子は立ち入り禁止だぜ!⚠️

〈余談〉
初めて行った劇場、見知らぬ街で右往左往
劇場出てもウィッカーマンな気分でした…
>|

あなたにおすすめの記事