ザ・ワンの作品情報・感想・評価

「ザ・ワン」に投稿された感想・評価

ジェット・リーが好きな人は、色んなジェット・リーが見れて良いのかも。
CGを駆使してるあたり、合わないと思った。

ワンス・アポンの時が一番好きだったなぁー。
cube631

cube631の感想・評価

2.3
ジェイソン目当ての観賞。
まだ髪の毛あった。

ストーリーはつまらない、ジェット・リーのアクション多いです。
肉弾戦が多いな、最後もあっけないし。

ラストは年齢合わないけど、良かったねと言いたい。
3103

3103の感想・評価

3.3
ジェット・リーはなんとなくハリウッドに似合う出で立ちだけどこの映画ではハリウッドに巻かれてる感がすごくてちょっと残念……

設定は悪くないのと
まだ悪役にハマりきれてない綺麗なジェイソン・ステイサムが見れるので星3つ以上あげちゃう
内容はともあれザ・ワンでのジェットリーのアクションは好物です。

ジェイソンステイサムがアクション出始めるきっかけの作品。

髪の毛のあるジェイソンステイサムはレアです。観る価値あり。
ReN

ReNの感想・評価

3.3
Blu-rayに買い替え再鑑賞。

幼い頃に親父に見させられて、ジェットの魅力にどっぷり浸かった作品の1つ。

無数に存在する宇宙の同じ人間を軸に描かれるSFアクションだが、内容ともに斬新さを生み、そのビジュアルともに合格点。
アクションも申し訳ないほどに素晴らしく、最後まで目が離せない。
若かりし頃のステイサムも非常に良い。

小さい頃に股割りを始めて開脚シーンをよく真似したな…。

当時木曜洋画劇場で放送された特別編を入れたBlu-rayを販売して欲しいです。

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは、あってないようなもの…だな…。
テーマとしては多元宇宙の話で、私の大好物の分野ではあるんだけど。
セリフが少ないのか、全体に地味めだったね。

見所はと言えばやっぱりカンフーアクションで、キレッキレ!そこはさすがだった!
でもね~、ほんとのジェット・リーはこんなもんじゃないから!
ワンチャイ2とか見ちゃうと、そう思っちゃうよね…。

本作のジェット・リーvsジェット・リーのカンフーバトルは、直線的なカンフーと曲線的なカンフーを演じ分けてるんだそうで、そこは本作ならではかも。

それにしても、ジェット・リーは人の良さそうなお人だ。
悪役やってても、あまり悪い奴に見えなかったよ(笑)。

あと見始めてから知ったけど、これ、ジェイソン・ステイサムも出てる。
主役でなくても、出てくるとやっぱ目を引く人よねぇ。

「あと3分!」「あと30秒!」って言うときのあのアイテムは、何だかオモチャみたいだった。

う~ん、低予算だったんだろうね…。
おこめ

おこめの感想・評価

3.6
多次元宇宙が存在するSF世界を舞台とした、ザ・ワンという存在になるためにやってきたジェットリーvs最後の生き残りのジェットリーが戦うという作品。

若きステイサムとリンチェイの二人の共演がみられる作品でもあり、アクションもキレキレでした
他の次元にいるジェットリーが金髪だったりロングだったりとちらっと出てくる色んなリンチェイが珍しくておもしろかった
NAO

NAOの感想・評価

3.4
2018.04.04 on hulu
-----------------------------------
厨二設定&厨二アクションがいい
-----------------------------------
嫌いじゃないですこれ。
格闘が功夫っていうだけで甘々。もうちょっと脚本練って、予算もあればまだまだ面白くなると思う。誰かリメイクしてくれないかなぁ。

しかし多次元宇宙(パラレル)って125だけ?んな訳ないやろ〜。
もちた

もちたの感想・評価

4.0
再鑑賞。

改めて観ると、発見があって面白い。
突っ込みどころは正直満載だけれど、まあいいかなと思える作品
Misosru

Misosruの感想・評価

3.0
他の平行宇宙にいた123人の “自分” を殺したジェット・リーが 、最後の “自分” を殺しに行くアクション映画!

…なんだけど、
スローモーションばかりでアクションに迫力がなかった😫
見えないところでリーが暴れてるだけだったり、
一人は本物のリーが演じてて、一人はスタントというのが丸わかりな場面があったり…
それを悟らせないような上手いカメラワークが観たかったなあ…。

しかも終わり方が尻切れトンボ🙈
え、これで終わり…? と思ってしまった。
>|