ローグ アサシンの作品情報・感想・評価

「ローグ アサシン」に投稿された感想・評価

844

844の感想・評価

3.3
ジエットリーとステサムが戦う。
オリジナル版を見たかった。
日本語が吹替えられてた。
ステサムは日本語少ししゃべってた。
中身は普通に裏切りとかそっち系。
お巡りとヤクザとマフィアの三つ巴系。
つまんないけどかかるビートはチープで良かった。
テンポもいいし、最後のオチも一応考えられてる。なんで、こんな評価低いのか。
日本人の描写が悪いとか言うけど、この時代とかこんなもんでしょ。
それより、ステイサムの日本語がかわいい。チガッタ、ゴメン。

あとは、ケインコスギの耳が可哀想。
Josh

Joshの感想・評価

4.6
ステイサムの渋さとリーの切れ。石橋も良い味出せていると思う。
2049

2049の感想・評価

2.0
ジェット・リーとジェイソン・ステイサムというアクションスターをキャスティングしたのにアクションは少なめで脚本がひどい駄作。

観客をバカにしたような後出しジャンケンな展開には怒りしか感じない。その上辻褄合わせを忘れたのかと作り手に訊きたくなるような矛盾点も多々あり。

デヴォン・青木はやたら強そうな所作を見せるくせに最後までアクションは無し。必要ないカットが多すぎる。

ラストの不快さはハンパじゃなく、嫌な気分になって終わる。カタルシスなど全くなく、フラストレーションが溜まる映画。
NIRA

NIRAの感想・評価

3.2
アクションそして復讐劇。
日本のヤクザ、中国マフィア、FBI、様々な思惑が入り乱れそしてラストのどんでん返し!

ジェット・リーさん演じる暗殺者、ローグは基本銃を使い一撃必殺といった感じ。
リアリティを意識して作られていた印象でした。
カンフー映画ではなくアクション映画なので、武術を見せるのではなくて人間の血なまぐさい戦いに重きを置いて描かれていたのは良かったと思います。
でも、ジェット・リーさんが出るとやっぱりカンフーを期待してしまう自分がいます😏
ジェイソン・ステイサム兄貴の見せ場がちょっと少なかったのが残念でした。。
もっと派手に戦うかと思っていましたが……。
とはいえ、やはり2大スターが対面するシーンのカッコ良さは凄かったです🙏
『馬鹿ほど恐いものはない』
『柳雪折れなし』
『下手の横好き』
『弱肉強食』
『疑心暗鬼を生ず』
『掃き溜めに鶴』
↑本作で登場する日本料亭に貼られた掛け軸の言葉

料亭で「掃き溜め」はダメだろ!!!
そんなわけでトンデモ日本観ハリウッド作である。
上記の料亭が一番おかしかったが他にもおかしな日本語諺や日本観が散見されるので、外国のトンチキ日本解釈が大好物な自分としては万々歳である。
日本のヤクザは殺した数だけ腕に入れ墨を彫るらしい。怖いね。
そうそうジェイソン・ステイサム演じるクロフォード捜査官は相当な日本通らしく「ヤクザ街のデカなら日本語くらい覚えろ」と日本語を発する。

「バカナラ、ショガナイ」
「ケイサツダ、ナニガアタンダ?」
「ナカ譁?ュ励さ繝シ繝峨シッテルカ?」
「コノダンガンオヌカナイトカノスルゾ」
「イヤ…イヤイヤイヤ…ホネダッタ…ゴメン…」

ケイン・コスギ以下だよ!!オメー!!!
(本作にはケイン・コスギもジャパニーズヤクザとして登場します)
あとヤクザの暗殺部隊もちゃんとニンジャなのでご安心だ。

このようにトンチキ日本観は大変に良かったのだが、肝心の本編は微妙である。
ジェイソン・ステイサムとジェット・リーという魅力的な対戦カードがあるのに、それを放置してサスペンスに重きを置いてしまっているのが非常に残念。
一応最後の最後に2人の直接対決もあるのだが、ちょこまかとした格闘でそんなに面白くないし決着もなんだかなーって感じ。

サスペンス要素も途中で挿入されるドンパチ、トンチキ日本観、唐突なニンジャが邪魔をして集中できない。
サスペンスだと思ったらゴリゴリのアクションだった『殺人の告白』とは真逆の印象を受ける。あっちと違ってこっちはアクションもサスペンスも中途半端でどっちつかずだから、どちらかに絞ってくれよって感じだけども。
なな

ななの感想・評価

2.3
ステイサムとジェットリーのアクションを期待してたんだけど、あんまりなくて拍子抜けしてしまった。
途中途中なんか抜けてるかんじがして、しっくりこなかったなー。
あとケインコスギいたのか!ってかんじ笑
そそられなかった。チープな印象で、ジェイソンステイサムが浮いてた。
つん

つんの感想・評価

3.6
ジェイソンステイサム×ジェットリー、アメリカで起こるジャパニーズヤクザとチャイニーズマフィアの抗争とそれを追うアジア犯罪特別捜査班の話。
評価高くない割に面白かった!!!アクションも派手で、えっっと思わず声が出て出るどんでん返し。
ワイスピのハンも出てるしケインコスギにデヴォン青木、色んな人出てました。
ステイ様の日本語新鮮。
サンフランシスコにヤクザ街、謎のヤクザクラブ、日本刀での戦い、案の定ニンジャ出てくるし色々気になる部分満載。日本人のヤクザって英語話せてこんなに国際的で海外進出してるのかなとか余計なこと考えずに洋画として見れば十分楽しめます。
monja

monjaの感想・評価

3.0
ジャパーニーズマフィアなら土佐犬だろと思いながら、ジェイソン・ステイサムの日本語に困惑。
>|