息子を待つ母の作品情報・感想・評価

息子を待つ母2017年製作の映画)

Empty View

製作国:

上映時間:18分

ジャンル:

3.1

あらすじ

「息子を待つ母」に投稿された感想・評価

【手袋】

戦争にいく息子を待つ母のアニメーション映画。

音はあるがセリフはない。
全編をとおして全く楽しい場面はない。
戦争映画なので当然なのだが。

母は息子のために、手袋を必死に編もうとする
完成するも、家が爆撃され、手袋は燃えてしまう。

そこで母がとる行動とは。。。

2019.613
戦争はフィクションだけで充分系ショートフィルム。アニメーションとしてもヌルヌル動く高クオリティで、独特な絵柄だけど結構好き。
髪なくなっちゃったね。

親なら いつまでも待ってしまうでしょう。
夢

夢の感想・評価

2.7
救いがない、、、
でもそれこそが、戦争の厳しさを表現しているのかもしれない。
昔臆病なカーレッジくんめっちゃ怖がってたときのこと思い出した
【決して希望は捨てない】

SSFF&ASIA2019にて公開されたイラン産のショートアニメ。イラン映画というとアッバス・キアロスタミやアスガー・ファルハディなどといった名監督がいるが、アニメーションというのはどのようなものなのか気になり鑑賞。

戦争に行った息子を待ちながら、手袋をひたすら作り続け、帰りを待った母親の物語。
独特なタッチで描かれるキャラクターと情景。母親が願った想い、捨てなかった希望が十分なくらいに伝わってきた。
胸をえぐられるような辛すぎ映像でした。戦争がなくて平和で毎日子供が元気に家に帰って来ることを当たり前と思わず有難いと思わなければ。
二本の棒針で五本指の手袋を編むのは、ホントは無理なんですけどね。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.4
もう、題名からしてアレですやん…😭
切なすぎる…息子の帰りをひたすら待ち続けてる母親の腰の曲がり具合とかがやけにリアル。
魅入ってしまうアニメーション。
イズミ

イズミの感想・評価

2.9
独特なタッチのアニメーション。短編ながらも戦争の悲惨さを感じさせる作品。戦争はなにも生まない。ラストは…