少年の君の作品情報・感想・評価

「少年の君」に投稿された感想・評価

米

米の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

苦しかった…

最後のACのcmみたいな終わり方賛否両論だろうなと思った…物語に入り込んだまま終わりたい人もいるだろうし
『少年の君』
いじめが良くないことは誰だって知っている。が、なくならない。当事者にならない限り、傍観を決め込んでいられるし、加害者側であっても露呈せぬまま大人になれば、記憶を美化したり改竄する。結果、当事者以外は突き詰めて考えない。そんな現実に警鐘を鳴らす作品の在り方に、打ちのめされた。
米

米の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「容疑者Xの献身」と「あの夏が飽和する。」を合わせたような話だ。
大人を信用しない、身分の違う少年少女の築き上げる2人の世界っていいな。後半がすごくよかったけど、前半が少し詰めが甘いかなと感じた。カッコいい不良少年が目立たない優等生に恋しちゃう話だからな…
片方だけでも暗闇から逃げ出す為に、二人が共犯になる。世界を守りたい女の子とその女の子を守る男の子ってめちゃエモい。
周冬雨がちゃんと高校生にみえるからすごい。キャスト陣の演技もビジュアルもいい。
初めに申しておきます。
CM的な描写が好きではない。
新しい視座もない。
しかし、エンタメ映画として一級品。
135分、観始めたら、一瞬たりとも目が離せなくなる。
かつてないほどに、苦しく切ない青春恋愛映画がここに誕生した。

進学校で大学受験戦争に追われる日々を送る少女チェン・ニェン。
衝撃な出来事が起こり、少女は、ある子に服をそっと服をかぶせてあげる。
この少女なりの優しい気遣いが、いじめられる引き金に。

チェン・ニェンは帰る途中、見知らぬ少年シャオベイがリンチされているところを目撃。
警察に通報しようとするがリンチ集団に捕まってしまう。
そして、シャオベイとキスを強要される。
これ以上にない最悪なキス。
しかし、この2人にとって、かけがえのない出会いとなった…。

アカデミー賞国際長編映画賞にノミネート。
受賞したマッツ・ミケルセン主演の「アナザーラウンド」よりも断然、面白い作品だったが、中国当局の検閲対策か、エンドクレジットで、政府広報的な文言を入れるところが受賞に至らなかった理由かもしれない。
主演のチョウ・ドンユイ(競泳の岩崎恭子似)は、中国で”13億人の妹”と呼ばれるほどの国民的アイドルらしいが、アイドルらしさを一切感じさせない素晴らしい演技をしていた。
思ってたんのと違う展開が…もう貫き通させてあげてくれとは思うけど、じゃあどうすればよかったのかわからない。ただただ監督の思いが届きますように。
asa

asaの感想・評価

-
見ていない














5/25tamaで町山さんの紹介作品
Moeka

Moekaの感想・評価

3.6
心を無にして受験戦争にのぞむ少女と街の不良の偶然の出逢い、学校での壮絶な虐め。肩に頭をもたれかかせてのバイクでの疾走、暗闇の水槽に揺れる金魚が語る刹那的な美しさ。ひりひりと純粋に闘うふたつの魂がたどり着くその場所と、“少年“の響きの哀しさよ

このレビューはネタバレを含みます

警察が「彼女は全部自白したぞ」ってかまかけたのに二人して嘘つき続けるシークエンスに鳥肌立ちすぎて号泣した。ラストショットに期待高まってたからそのわりには力なかったけどそれまでがすごすぎるのでゆるす。エンドロールはじまってまたぶわーっと波が来て泣いた。僕的アカデミー国際長編映画賞受賞は文句なしでこれです。これしかないです。ちなみに最後に解説みたいなのが入って余韻に横入りされるのは国策映画だからなんですか?世知辛い。中国。
どど丼

どど丼の感想・評価

4.5
第93回アカデミー賞強化週間(12本目)

心痛。国際長編映画賞は間違いなくこの作品が獲るべきだった。受験に追われながら虐めに苦しむ女の子と、金も学も無い不良少年の限界ボーイミーツガール。世間から疎外された二人のラブストーリーとなると、なかなか精神的にキツイ。主人公が不幸に遭いまくるシナリオに中国の学歴・格差社会といじめ問題がかなりしっかりと盛り込まれている分、作品の持つ重量に圧迫されそうになる。

不条理な世の中に、どうにもならない無力感が滲む。
Lily

Lilyの感想・評価

5.0
文章だけじゃこの映画の感想表せない!”You will protect the world, I will protect you” got me like...
>|